外部連携アカウント

外部連携アカウント管理

外部連携アカウント管理

外部連携アカウント管理では、ecforce上で利用する上で別途連携を行う必要のあるサービス(システム)のアカウント管理を行えます。
LP、ショップ、受注作成で利用可能な決済方法の設定も外部連携アカウント管理で行えます。

外部連携アカウント管理画面

外部連携アカウント管理画面は「設定 > 外部連携アカウント管理」で表示されます。

mceclip0.png

各アカウントの設定

1.GMO PG

GMO ペイメントゲートウェイ株式会社が提供する「クレジットカード決済」を利用する際に設定します。

GMO PG 認証情報

GMO PG側の管理画面(サイト管理・ショップ管理)とアカウント情報通知メールを確認の上、以下情報を設定します。
※サイト管理画面とショップ管理画面の違いはGMO PGの「よくあるご質問」にてご確認ください。

ショップ ID ショップIDを設定します。
ショップ管理画面にアクセスするために必要なIDです。
ショップパスワード ショップパスワードを設定します。
ショップ管理画面にアクセスするために必要なパスワードです。
サイト ID サイトIDを設定します。
サイト管理画面にアクセスするために必要なIDです。
サイトパスワード サイトパスワードを設定します。
サイト管理画面にアクセスするために必要なパスワードです。
GMO会員IDプレフィックス 顧客がクレジットカードを登録した際に発行されるGMOの会員IDの頭に任意の文字列を設定します。
ecforceでは顧客番号をGMO会員IDとして利用します。
顧客番号はショップごとにユニークな値となりますが、ecforceを複数ショップで運用されている場合に、別顧客で同値の顧客番号が発行され、GMO会員IDが重複してしまう可能性があります。
本機能を利用してアカウントごとの文字列を設定することで、複数ショップ間でのGMO会員IDの重複を防ぐことができます。
設定できる文字列は半角英数字 最大16文字です。
設定するとGMO会員IDが設定した文字列+顧客番号で登録され、【顧客管理】クレジットカードに「GMO会員ID」が表示されるようになります。
未設定の場合は顧客番号のまま登録されます。

Caution!!

  • 既にGMO会員IDを登録している顧客が新規にカード登録した場合は設定した文字列+顧客番号で新たにGMOに会員登録されカードが追加されます。
  • 1人の顧客に異なるGMO会員IDが紐付いている場合でも購入、支払いなどに影響はございません。
SFTP 接続先 IP アドレス SFTP 接続先 IP アドレスを設定します。
GMO PGのSFTPサーバと接続するために必要なIP アドレスです。
※SFTP 連携オプションのご契約時に発行される「SFTPサーバ設定のお知らせ」をご参照ください。
SFTP ログインID SFTP ログイン IDを設定します。
GMO PGのSFTPサーバと接続するために必要なログイン IDです。
※SFTP 連携オプションのご契約時に発行される「SFTPサーバ設定のお知らせ」をご参照ください。
SFTP パスワード SFTP パスワードを設定します。
GMO PGのSFTPサーバと接続するために必要なパスワードです。
※SFTP 連携オプションのご契約時に発行される「SFTPサーバ設定のお知らせ」をご参照ください。
セキュリティコードの入力 セキュリティーコード入力の表示は「購入画面表示」と「クレカ登録画面表示」で「有効」「無効」の設定ができます。
「購入画面表示」の対象画面:LP購入フォーム、ショップ購入フォーム
「クレカ登録画面表示」の対象画面:ショップマイページのクレジットカード登録、編集画面

「有効」に設定している場合は、購入フォームでセキュリティーコードの入力を要求します。
本人認証サービスを導入する場合の注意点
3Dセキュア 3Dセキュア2.0 を利用する際に設定します。
実行設定 3Dセキュアによる認証を行う「ON」か、行わない「OFF」かの設定をします。
表示店舗名 ※実行設定が「ON」の時に設定します。
GMOPGのチャレンジ認証画面に表示される名称を設定します。(半角英数入力可)
未対応時の取り扱い ※実行設定が「ON」の時に設定します。
「通常オーソリ実施(チャージバックリスクが発生)」または「エラーとして処理終了」を設定します。

「エラーとして処理終了」を設定、且つ「3Dセキュア2.0非対応のクレジットカード」で決済を行った場合、「3Dセキュア認証に失敗しました。もう一度、購入画面からやり直してください。」のエラーメッセージが表示されます。
本設定を「ON」としたのち、各購入フォーム「3Dセキュアの設定」が「ON」となっていることを確認してください。
LP 購入フォーム設定
ショップフォーム設定

Caution!!

3Dセキュア2.0の利用にあたっては
GMOペイメントゲートウェイ社にお申し出いただく必要がございます。
GMOペイメントゲートウェイ社にお問い合わせの上、ご利用を開始してください。

 

3Dセキュアご利用の際、支払い総額0円の決済を行う方法はご利用できません。
支払い総額0円の決済を行う方法については支払い総額0円の決済を行う方法を教えて下さい。をご参照ください。

エポス連携 エポスカード即時発行スキームの利用有無を設定します。
エポス連携に関する詳細は「エポスカード即時発行スキーム」をご確認ください。
エポス提携店コード エポス提携店コードを設定します。
エポスカードお申込画面にアクセスするために必要なIDです。
バナーURL エポスバナーを設定します。
「ファイル選択」から、作成したバナーを取り込み設定することができます。
バナーを変更した後、「デフォルトバナーに戻す」にチェックし、保存することで、デフォルトバナーに戻すこともできます。

GMOペイメントゲートウェイ 自動洗替

自動洗替を利用した場合、ecforceに登録されている更新が必要なクレジットカード情報を自動で更新できます。
詳しくは「[オプション]GMOペイメントゲートウェイ 自動洗替」をご確認ください。

本機能を利用する場合は「SFTP 連携オプション」を契約いただく必要があります。

エポスカード即時発行スキーム

エポスカード即時発行スキームを利用した場合、顧客は購入フォームで新規クレジットカードを即時発行の上、商品購入が行えます。
また「GMO ペイメントゲートウェイ 自動洗替」機能を「有効」にする必要があります。
詳しくは「[オプション]エポスカード即時発行スキーム」をご確認ください。

本機能を利用する場合はショップにて株式会社エポスカードとのご契約が必要です。
また「SFTP 連携オプション」も契約いただく必要があります。

2.GMO 後払い

GMOペイメントサービス株式会社が提供する「後払い決済」を利用する際に設定します。

GMO 後払い 認証情報

GMO 後払い 管理画面とアカウント情報通知メールを確認の上、以下情報を設定します。

加盟店コード abから始まる加盟店コードを設定します。
接続パスワード 自動連携パスワードを設定します。

3.GMO Epsilon

GMOイプシロン株式会社が提供する「クレジットカード決済」を利用する際に設定します。

GMO Epsilon 認証情報

ホスト ホスト名を設定します。
トークン取得 URL トークンを取得するURLを設定します。
契約コード 契約コードを設定します。
セキュリティコードの入力 セキュリティーコード入力の表示は「購入画面表示」と「クレカ登録画面表示」で「有効」「無効」の設定ができます。

「購入画面表示」の対象画面:LP購入フォーム、ショップ購入フォーム
「クレカ登録画面表示」の対象画面:ショップマイページのクレジットカード登録、編集画面

「有効」に設定している場合は、購入フォームでセキュリティーコードの入力を要求します。
本人認証サービスを導入する場合の注意点

4.ヤマト

ヤマトフィナンシャル株式会社が提供する「クレジットカード決済」を利用する際に設定します。

ヤマト 認証情報

加盟店コード 加盟店コードを設定します。
パスワード パスワードを設定します。
アクセスキー アクセスキーを設定します。
セキュリティコードの入力 セキュリティーコード入力の表示は「購入画面表示」と「クレカ登録画面表示」で「有効」「無効」の設定ができます。

「購入画面表示」の対象画面:LP購入フォーム、ショップ購入フォーム
「クレカ登録画面表示」の対象画面:ショップマイページのクレジットカード登録、編集画面

「有効」に設定している場合は、購入フォームでセキュリティーコードの入力を要求します。
本人認証サービスを導入する場合の注意点
3Dセキュア 3Dセキュア2.0 を利用する際に設定します。
実行設定 3Dセキュアによる認証を行う「ON」か、行わない「OFF」かの設定をします。
未対応時の取り扱い ※実行設定が「ON」の時に設定します。
「通常オーソリ実施(チャージバックリスクが発生)」または「エラーとして処理終了」を設定します。

「エラーとして処理終了」を設定、且つ「3Dセキュア2.0非対応のクレジットカード」で決済を行った場合、「3Dセキュア認証に失敗しました。もう一度、購入画面からやり直してください。」のエラーメッセージが表示されます。

本設定を「ON」としたのち、各購入フォーム「3Dセキュアの設定」が「ON」となっていることを確認してください。
LP 購入フォーム設定
ショップフォーム設定

Caution!!

3Dセキュアご利用の際、支払い総額0円の決済を行う方法はご利用できません。
支払い総額0円の決済を行う方法については支払い総額0円の決済を行う方法を教えて下さい。をご参照ください。

5.ヤマト後払い

ヤマトフィナンシャル株式会社が提供する「後払い決済」を利用する際に設定します。

ヤマト後払い 認証情報

加盟店コード 加盟店コードを設定します。
パスワード パスワードを設定します。

6.Paygent

株式会社ペイジェントが提供する「クレジットカード決済」を利用する際に設定します。

Paygent 認証情報

秘密鍵 ファイルを選択し、秘密鍵を設定します。
クライアント証明書 ファイルを選択し、クライアント証明書を設定します。
認証済み CA ファイルを選択し、認証済みCAを設定します。
接続 ID 接続IDを設定します。
接続パスワード 接続パスワードを設定します。
マーチャント ID マーチャントIDを設定します。
トークン生成鍵 トークン生成鍵を設定します。
セキュリティコードの入力 セキュリティーコード入力の表示は「購入画面表示」と「クレカ登録画面表示」で「有効」「無効」の設定ができます。

「購入画面表示」の対象画面:LP購入フォーム、ショップ購入フォーム
「クレカ登録画面表示」の対象画面:ショップマイページのクレジットカード登録画面
※セキュリティコードはカード番号を変更できる画面で表示されます。
Paygentの場合、カード番号を編集できないため、クレジットカード編集画面にセキュリティコードが表示されません。

「有効」に設定している場合は、購入フォームでセキュリティーコードの入力を要求します。
本人認証サービスを導入する場合の注意点
3Dセキュア 3Dセキュア2.0 を利用する際に設定します。
実行設定 3Dセキュアによる認証を行う「ON」か、行わない「OFF」かの設定をします。
表示店舗名 ※実行設定が「ON」の時に設定します。
Paygentのチャレンジ認証画面に表示される名称を設定します。(半角英数入力可)
未対応時の取り扱い ※実行設定が「ON」の時に設定します。
「通常オーソリ実施(チャージバックリスクが発生)」または「エラーとして処理終了」を設定します。

「エラーとして処理終了」を設定、且つ「3Dセキュア2.0非対応のクレジットカード」で決済を行った場合、「3Dセキュア認証に失敗しました。もう一度、購入画面からやり直してください。」のエラーメッセージが表示されます。
本設定を「ON」としたのち、各購入フォーム「3Dセキュアの設定」が「ON」となっていることを確認してください。
LP 購入フォーム設定
ショップフォーム設定

Caution!!

3Dセキュア2.0の利用にあたっては
ペイジェント社にお申し出いただく必要がございます。
ペイジェント社にお問い合わせの上、ご利用を開始してください。

 

3Dセキュアご利用の際、支払い総額0円の決済を行う方法はご利用できません。
支払い総額0円の決済を行う方法については支払い総額0円の決済を行う方法を教えて下さい。をご参照ください。

7.SBPS

ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社が提供する「クレジットカード決済」を利用する際に設定します。

※決済サービスの接続に必要な情報や参照方法などにつきましては、以下URLよりダウンロードいただける資料をご確認の上、ecforce管理画面上にて決済サービスの設定対応をお願い致します。
URL:https://sbpayment.box.com/s/fxye0djc6cbbmcj3rt3kg529ip1z0yel

SBPS 認証情報

マーチャントID(MID) マーチャントID(MID)を設定します。
サービスID(SID) サービスID(SID)を設定します。
Basic認証ID Basic認証IDを設定します。
Basic認証Password Basic認証Passwordを設定します。
ハッシュキー ハッシュキーを設定します。
3DES 暗号化キー 3DES 暗号化キーを設定します。

Caution!!

※3Dセキュアをご利用の場合は必須入力となります。
※すでに3Dセキュアをご利用のショップ様は未入力でご利用ができますが、再度設定する際は、入力が必須となります。

3DES 初期化キー 3DES 初期化キーを設定します。

Caution!!

※3Dセキュアをご利用の場合は必須入力となります。
※すでに3Dセキュアをご利用のショップ様は未入力でご利用ができますが、再度設定する際は、入力が必須となります。

セキュリティコードの入力 「セキュリティコード」の入力に関する表示を設定します。

Caution!!

「セキュリティコードの入力」設定が「ON」の場合、「ON→OFF」に設定変更ができません。
※現在、デフォルトでの設定が「ON」になっており、OFFに設定変更できません。
2022/11/29以前にご契約済みのお客様、かつ「セキュリティコードの入力」設定が「OFF」の場合、「OFF→ON」に設定変更が可能です。
「ON」にすると「OFF」に設定変更ができません。

「購入画面表示」の対象画面:LP購入フォーム、ショップ購入フォーム
「クレカ登録画面表示」の対象画面:ショップマイページのクレジットカード登録、編集画面
設定を「ON」にした場合、購入フォームとマイページのクレジットカード情報登録・変更でセキュリティーコードの入力を要求します。
本人認証サービスを導入する場合の注意点
3Dセキュア 3Dセキュア を利用する際に設定します。
本設定を「ON」としたのち、各購入フォーム「3Dセキュアの設定」が「ON」となっていることを確認してください。
LP 購入フォーム設定
ショップフォーム設定

Caution!!

3Dセキュアの利用にあたっては
SBペイメントサービス株式会社にお申し込みいただく必要がございます。
お申し込み申請フォームよりお申し込みください。

 

3Dセキュアご利用の際、支払い総額0円の決済を行う方法はご利用できません。
支払い総額0円の決済を行う方法については支払い総額0円の決済を行う方法を教えて下さい。をご参照ください。

8.Zeus

株式会社ゼウスが提供する「クレジットカード決済」を利用する際に設定します。

Zeus 情報

ClientIp ClientIpを設定します。
ClientIpZkey ClientIpZkeyを設定します。
セキュリティコードの入力 セキュリティーコード入力の表示は「購入画面表示」と「クレカ登録画面表示」で「有効」「無効」の設定ができます。

「購入画面表示」の対象画面:LP購入フォーム、ショップ購入フォーム
「クレカ登録画面表示」の対象画面:ショップマイページのクレジットカード登録、編集画面

「有効」に設定している場合は、購入フォームでセキュリティーコードの入力を要求します。

Caution!!

ご利用の際はお申し込みが必要です。
詳細はZEUS 本人認証サービスを導入する場合の注意点をご参照ください。

3Dセキュア 3Dセキュア2.0 を利用する際に設定します。
実行設定 3Dセキュアによる認証を行う「ON」か、行わない「OFF」かの設定をします。
未対応時取り扱い ※実行設定が「ON」の時に設定します。
「通常オーソリ実施(チャージバックリスクが発生)」または「エラーとして処理終了」を設定します。

「エラーとして処理終了」を設定、且つ「3Dセキュア2.0非対応のクレジットカード」で決済を行った場合、「3DSecureに対応しておりません。別のお支払い方法を選択してください。」のエラーメッセージが表示されます。
本設定を「ON」としたのち、各購入フォーム「3Dセキュアの設定」が「ON」となっていることを確認してください。
LP購入フォーム設定
ショップフォーム設定

Caution!!

・3Dセキュア利用するにはClientIpZkeyの情報が必要になります。ゼウス社へお申し出の際にClientIpZkeyの情報も併せてご確認ください。
・すでに3Dセキュアを利用されずにzeusをご利用のショップ様については、ClientIpZkeyが未入力でも利用できますが、新しくzeusを利用するときや設定を変更するときは、3Dセキュアを利用しない場合でも、ClientIpZkeyの設定が必要になります。

9.Veritrans(クレジットカード・後払い)

株式会社DGフィナンシャルテクノロジーが提供する「クレジットカード決済」「後払い決済」を利用する際に設定します。

Caution!!

SHOP構築の際、クレジットカード決済をVeritransに選択した場合、トークン生成鍵セキュリティコードの入力項目が表示されます(その他のクレジットカードを選択してる場合は、非表示になります)。
Veritrans後払いの設定も本画面で行います。

Veritrans 認証情報

AC証明書 ファイルを選択し、AC証明書を設定します。
マーチャントCCID MAP(https://pay.veritrans.co.jp/maps/)で取得したマーチャントCCIDを設定します。
マーチャントパスワード MAP(https://pay.veritrans.co.jp/maps/)で取得したマーチャント認証鍵を設定します。
トークン生成鍵 AP(https://pay.veritrans.co.jp/maps/)で取得した「Token Api Key」を入力します。
セキュリティコードの入力 セキュリティーコード入力の表示は「購入画面表示」と「クレカ登録画面表示」で「有効」「無効」の設定ができます。

「購入画面表示」の対象画面:LP購入フォーム、ショップ購入フォーム
「クレカ登録画面表示」の対象画面:ショップマイページのクレジットカード登録、編集画面

「有効」に設定している場合は、購入フォームでセキュリティーコードの入力を要求します。
3Dセキュア 3Dセキュア2.0 を利用する際に設定します。
実行設定 3Dセキュアによる認証を行う「ON」か、行わない「OFF」かの設定をします。
決済サービスオプションタイプ ※実行設定が「ON」の時に設定します。
「完全認証」または「通常認証(3DS未対応や失敗時は与信しない)」または「通常認証(できる限り与信を実施。加盟店リスクあり)」を設定します。

決済サービスオプションタイプについては、本人認証サービス補足資料(3Dセキュア2.0対応版)
2. 決済サービスオプションタイプについてをご参照ください。
本設定を「ON」としたのち、各購入フォーム「3Dセキュアの設定」が「ON」となっていることを確認してください。
LP 購入フォーム設定
ショップフォーム設定

Caution!!

3Dセキュア2.0の利用にあたっては
株式会社DGフィナンシャルテクノロジー社にお申し出いただく必要がございます。
株式会社DGフィナンシャルテクノロジー社にお問い合わせの上、ご利用を開始してください。

 

3Dセキュアご利用の際、支払い総額0円の決済を行う方法はご利用できません。
支払い総額0円の決済を行う方法については支払い総額0円の決済を行う方法を教えて下さい。をご参照ください。

10.SBPSキャリア

SBペイメントサービス株式会社が提供する「キャリア決済」を利用する際に設定します。

決済サービスの接続に必要な情報や参照方法などにつきましては、以下URLよりダウンロードいただける資料をご確認の上、ecforce管理画面上にて決済サービスの設定対応をお願い致します。
URL:https://sbpayment.box.com/s/fxye0djc6cbbmcj3rt3kg529ip1z0yel

キャリアごとに支払い方法の「有効/無効」を設定する場合は「設定 > 支払い方法 > 支払い方法法管理」で設定可能です。
また、「Apple Pay 決済」「PayPay 決済」を利用する際にも設定します。

SBPS 認証情報

マーチャントID(MID) マーチャントID(MID)を設定します。
サービスID(SID) サービスID(SID)を設定します。
Basic認証ID Basic認証IDを設定します。
Basic認証Password Basic認証Passwordを設定します。
ハッシュキー ハッシュキーを設定します。

11.スコア後払い(ニッセン後払い)

株式会社SCOREが提供する「後払い決済」を利用する際に設定します。

スコア後払い 認証情報

ホスト collect-operation.nissen.co.jp
ショップID 加盟店IDを設定します。
ショップパスワード ショップパスワードを設定します。
接続元ID 接続元IDを設定します。

12.NP 後払い

株式会社ネットプロテクションズホールディングスが提供する「後払い決済」を利用する際に設定します。

NP 後払い 認証情報

SP_CODE 株式会社ネットプロテクションズより発番されるSP_CODEを設定します。
※SP_CODEとは「SPコード」です。
環境接続先URL https://www.getsafety-online.com/np_set3/npcb1/services/NPConnectPro?wsdl

「NP後払いサービス」利用時に必要となる指定バナーの設置と規定文言(NP後払い説明文)の表示設定方法については「NP後払いサービス」利用時のバナーの設置をご確認ください。

13.NP 後払いリアルタイム

株式会社ネットプロテクションズホールディングスが提供する「後払い決済」を利用する際に設定します。

NP 後払いリアルタイム 認証情報

SHOP_CODE 連携に使用するSHOP_CODEを設定します。
※SHOP_CODEとは「加盟店コード」です。
加盟店コードは、株式会社ネットプロテクションズより付与されたaktから始まる10桁のコードです。(例:akt0000000)
SP_CODE 株式会社ネットプロテクションズより発番される連携に使用するSP_CODEを設定します。
※SP_CODEとは「SPコード」です。
0円同梱物の商品連携 NP後払いに0円の同梱物の商品を連携することができます。連携した商品は請求書商品情報に反映されます。

14.後払い.com

株式会社キャッチボールが提供する「後払い.com」を利用する際に設定します。

後払い.com 認証情報

受付事業者ID 受付事業者IDを設定します。
受付サイトID 受付サイトIDを設定します。
APIユーザーID APIユーザーIDを設定します。

15.atone

株式会社ネットプロテクションズホールディングスが提供する「atone」「atoneつど後払い」を利用する際に設定します。

atone 認証情報

加盟企業コード 連携に使用する加盟企業コードを設定します。
atoneつど後払いを利用する際に必要な設定です。
公開鍵 連携に使用する公開鍵を設定します。
秘密鍵 連携に使用する秘密鍵を設定します。
金額更新オプション 課金額を契約時に設定した金額分まで上方更新を可能にする設定です。

Caution!!

金額更新オプションをご利用いただく場合は、株式会社ネットプロテクションズにお問い合わせの上、お申込みください。

モーダル表示 atoneで支払う場合に必要な情報を入力するモーダル表示を設定します。
入力ページ 購入フォームから、確認ページに遷移するときにatoneのモーダルが表示されます。
確認ページ 確認ページから、購入完了ページに遷移するときにatoneのモーダルが表示されます。
「確認画面スキップ:有効」に設定している場合、atoneは広告 URLに表示されません。
「入力ページ」「確認ページ」設定時の各画面遷移については「atone決済」をご確認ください。

16.Paidy

株式会社Paidyが提供する「paidy」を利用する際に設定します。

Paidy 認証情報

パブリックキー 連携に使用するパブリックキーを設定します。
シークレットキー 連携に使用するパスワードを設定します。
ロゴURL Paidyサービス利用時にモーダルで表示されるロゴを指定できます。
指定しない場合は、Paidyのデフォルトのロゴが表示されます。
モーダル表示 Paidyで支払う場合に必要な情報を入力するモーダル表示を設定します。
入力ページ 購入フォームから、確認ページに遷移するときにPaidyのモーダルが表示されます。
確認ページ 確認ページから、購入完了ページに遷移するときにPaidyのモーダルが表示されます。
「確認画面スキップ:有効」に設定している場合、Paidyは広告 URLに表示されません。
「入力ページ」「確認ページ」設定時の各画面遷移については「ペイディ決済」をご確認ください。

17.Amazon Pay(v1) ※新規申込不可

アマゾンジャパン合同会社が提供する「クレジットカード決済」を利用する際に設定します。

Amazon Pay 認証情報

出品者 ID 出品者IDを設定します。
クライアント ID クライアントIDを設定します。
クライアントシークレット クライアントシークレットを設定します。
アクセスキー ID アクセスキーIDを設定します。
シークレットアクセスキー シークレットアクセスキーを設定します。
フリガナ入力欄の表示 フリガナ入力欄の表示・非表示を設定します。
ON Amazon Payによる注文時に、入力必須のフリガナフィールドを表示させます。
OFF Amazon Payによる注文時に、入力必須のフリガナフィールドを表示させません。
Amazonでは「氏名」という1カラムで名前を管理しているため、「フリガナ」情報は保持していません。
ecforceのフリガナフィールドのフィールド数は購入フォーム設定に依存するため「名前(漢字)は1カラム目だけに入る」「フリガナは2カラムに入る」という状態になる場合があります。詳しくは「Amazon Payを利用した受注にフリガナを表示する方法を教えてください。」をご確認ください。

18.Amazon Pay(v2)

アマゾンジャパン合同会社が提供する「クレジットカード決済」を利用する際に設定します。
認証情報は「Amazonアカウント新規登録・連携」より連携されます。
連携方法は[オプション]Amazon Pay v2をご確認ください。

19.JACCS WeBBy(画面遷移タイプ)

JACCS WeBBy は、株式会社ジャックスが運営する、Web上でお手続きを完結できる、24時間365日ご利用可能な便利なクレジット決済システムです。

JACCS WeBBy 連携情報

Web加盟店番号 Web加盟店番号を設定します。
配送予定 注文成立から配送するまでの日数を設定します。

20. JACCS WeBBy(メールタイプ)

JACCS WeBBy は、株式会社ジャックスが運営する、Web上でお手続きを完結できる、24時間365日ご利用可能な便利なクレジット決済システムです。

JACCS WeBBy 認証情報

Web加盟店番号 Web加盟店番号を設定します。
配送予定 注文成立から配送するまでの日数を設定します。
申込有効期限 購入者に送信される申込URLの有効期限を設定します。(デフォルト設定:3)
有効日数は受注作成の当日を1日として計算しています。
受注作成後、ジャックスからの審査ステータスの更新が一度もなく、有効日数+4日が経過した場合、受注は自動的に「取引登録失敗」となります。

21.LINE Pay

LINE Pay株式会社が提供する「LINE Pay決済」を利用する際に設定します。

LINE Pay 連携情報

チャンネルID チャンネルIDを設定します。
LINE Developersの「TOP > (アカウントマイページ) > Basic settings > Basic information」の「Channel ID」欄が該当します。
チャンネルシークレットキー チャンネルシークレットキーを設定します。
LINE Developersの「TOP > (アカウントマイページ) > Basic settings > Basic information」の「Channel secret」欄が該当します。

22.楽天ペイ(オンライン決済)

楽天ペイメント株式会社が提供する「楽天ペイ(オンライン決済)」を利用する際に設定します。

楽天ペイ認証情報

API Key 楽天ペイ(オンライン決済) をお申し込みした際に発行される「API Key」を設定します。

23.Vamos後払い

株式会社Vamosファイナンスサービスが提供する「Vamos後払い決済」を利用する際に設定します。

Vamos後払い認証情報

SHOP_CODE Vamos後払い をお申し込みした際に発行される「SHOP_CODE」を設定します。
SP_CODE Vamos後払い をお申し込みした際に発行される「SP_CODE」を設定します。
端末ID Vamos後払い をお申し込みした際に発行される「端末ID」を設定します。

24.電算システム

株式会社電算システムが提供する「コンビニ決済」(コンビニ郵貯後払い)を利用する際に設定します。

電算システム  認証情報

固有値7桁(数字) 連携に必要な7桁の数字を設定します。
※「固有値 7 桁」は自由に入力できます。

「設定> 支払い方法 > 支払い方法管理」画面で「コンビニ郵貯後払い:有効」の場合に、対象の受注の取引ID に「固有値 7 桁 + 乱数 10 桁」の計 17 桁の取引 ID が自動で生成されます。

25.Re:lation

メール共有管理ツール「Re:lation(リレーション)」の連携利用有無を設定します。

Re:lation 連携情報

サブドメイン 契約時に登録したサブドメインを設定します。
メッセージボックスID 契約時に登録したメッセージボックスIDを設定します。
本項目にはメッセージボックスIDが1つ設定可能です。
有効・無効 Re:lationとの連携の有効・無効を設定します。
有効 Re:lationとの連携は有効です。
顧客管理画面にてRe:lationのタイムラインへのリンクが表示され、対象顧客のメール履歴を一覧で確認できます。
無効 Re:lationとの連携は無効です。

26.MailDealer

メール共有管理ツール「MailDealer(メールディーラー)」の連携利用有無を設定します。

MailDealer 連携情報

サブドメイン 契約時に登録したサブドメインを設定します。
メッセージボックスID 契約時に登録したメッセージボックスIDを設定します。
本項目にはメッセージボックスIDが1つ設定可能です。
有効・無効 MailDealerとの連携の有効・無効を設定します。
有効 MailDealerとの連携は有効です。
顧客管理画面にてMailDealerのタイムラインへのリンクが表示され、対象顧客のメール履歴を一覧で確認できます。
無効 MailDealerとの連携は無効です。

27.LINE ID

LINEアカウントと連携したLINEログイン機能をecforceで使用する際に設定します。
詳細は、LINE ID 連携をご確認ください。

28.PayPal

PayPal株式会社が提供する「クレジットカード決済」を利用する際に設定します。

PayPal 認証情報

Seller Merchant ID Seller Merchant IDを設定します。
PayPalアカウントと連携 Seller Merchant IDを設定した後に選択します。
連携削除 Seller Merchant ID を削除します。

29.ecforce profile

弊社パーソナライズD2Cシステム「ecforce profile」を連携利用する際に設定します。
※別途ecforce profileの契約が必要です。

ecforce profile 認証情報

APIキー ecforce profileで発行したAPI認証キーを設定します。

30.商品データフィード

Facebook のカタログ機能との連携に使用する商品データを出力できます。
詳細は、商品データフィードをご確認ください。

商品データフィード

Facebook Facebookのカタログで登録可能なcsvのリンクが表示されます。
データフィード作成 商品データフィード(csv)を即時作成します。

31.ルミーズテンキーパッド

ルミーズ株式会社が提供する「ルミーズテンキーパッド」の利用有無を設定します。
ルミーズテンキーパッド対応の決済サービスは、以下のとおりです。

  • GMO PG
  • ZEUS
  • SBPS
  • Paygent
  • ベリトランス

ルミーズテンキーパッド 設定情報

有効・無効 ルミーズテンキーパッドの有効・無効を設定します。
ポート番号 接続に必要なポート番号を設定します。
名義人の固定値 名義人の固定値を設定します。
本固定値はルミーズテンキーパッドを通して登録されたクレジットカード情報の名義人の値です。
※ Zeus決済でのみ表示されます。

32.ネクストエンジン

Hamee株式会社が提供するネットショップの一元管理システム「ネクストエンジン」の処理を自動反映する際に設定します。詳細は、[オプション]ネクストエンジンオプションをご確認ください。

33.FB CV API

ecforceの広告管理機能でFacebook Conversion APIを利用する際に設定します。
詳細はFacebook Conversion APIをご確認ください。

34.reCAPTCHA V2

Google社が提供する reCAPTCHA を設定します。

Caution!!

設定に必要な情報は、reCAPTCHA V2をご確認いただき、設定情報を取得してください。

reCAPTCHA V2 Invisible 認証情報

サイトキー reCAPTCHA V2 で取得した「サイトキー」を設定します。
シークレットキー reCAPTCHA V2 で取得した「シークレットキー」を設定します。
購入フォーム  購入フォームで、reCAPTCHA の「有効」「無効」を設定します。
LP:LP購入フォームにてreCAPCHAの「有効」「無効」が設定できます。
SHOP:SHOP購入フォームにてreCAPCHAの「有効」「無効」が設定できます。
「有効」に設定している場合は、購入フォームで支払い方法がクレジットカードに関する支払い方法の場合にreCAPTCHAが機能します。
クレカ登録/編集画面 クレジットカード登録/編集画面で、reCAPTCHA の「有効」「無効」を設定します。
「有効」に設定している場合は、ショップマイページのクレカ登録、編集時にreCAPTCHAが動作します。
会員登録画面 会員登録画面で、reCAPTCHA の「有効」「無効」を設定します。
「有効」に設定している場合は、ショップでの会員登録時にreCAPTCHAが動作します。

35.O-PLUX

かっこ株式会社が提供する不正注文検知サービス「O-PLUX」を連携利用する際に設定します。
詳細は、O-PLUXとの連携をご確認ください。

36.Twilio

オプション「SMS会員認証/電話番号購入機能」を利用する際に設定します。
詳細は、[オプション]SMS会員認証/電話番号購入機能をご確認ください。

37.Google Tag Manager

Google Analytics 4の連携に「Google Tag Manager」を利用する際に設定します。
詳細は、Google Tag Managerを利用したGoogle Analytics 4へのデータ連携をご確認ください。

38.LINE LIFF リダイレクト URL

ecforce ma をご利用のショップ様のみ利用できる設定です。

LINE LIFFを利用したURLを作成できます。
詳細はLINE LIFF リダイレクト URLを参照ください。

この記事の目次

このセクションの記事

外部連携アカウント