外部連携アカウント

[オプション]Amazon Pay v2

本機能はオプション機能となります。
本機能をご利用いただく際は、弊社カスタマーサポートまでお問い合わせください。

>> オプション申し込み

Amazon Pay v2

Amazon Pay v2決済では、クレジットカード決済の利用が可能です。

Amazon Pay審査申込み手順と認証情報の連携

Amazon Pay v2は外部連携アカウント管理画面上で、セラーアカウントの作成と認証情報の連携を行えます。

Amazon Pay審査申込みとセラーセントラルアカウント作成

1.外部連携アカウント管理

ecforce管理画面の「設定 > 外部連携アカウント管理」の「Amazon Pay(v2)」 画面で「Amazon アカウント 新規登録・連携」をクリックします。

2.アカウントの新規作成(メールアドレスの登録)

__________2021-04-26_1.45.17.png

3.必要情報の登録(法人登記の有無など)

__________2021-04-26_1.57.37.png

4.必要情報の登録(会社代表者情報や銀行口座情報など)

__________2021-04-26_2.02.11.png

 

5.必要な情報の登録(詳細設定など)とアカウント連携の同意

__________2021-04-26_2.08.47.png

6.認証情報の送信

__________2021-04-26_1.45.55.png

※認証情報の送信から1週間程度で「2.アカウントの新規作成(メールアドレスの登録)」で登録したメールアドレス宛てにAmazon Payからアカウント作成メールが送信されます。

7.情報の自動反映

連携が完了すると、ecforce上の画面は下図のように切り替わり、自動的に情報が反映された状態になります。
※連携を解除する場合は「連携削除」をクリックします。

__________2021-08-03_10.17.19.png

セラーセントラルアカウントをお持ちの場合のAmazon Pay連携

すでにセラーセントラルアカウントを保有しているショップの場合、以下の手順でecforceとAmazon Payの連携を行います。

1.外部連携アカウント管理

ecforce管理画面の「設定 > 外部連携アカウント管理」の「Amazon Pay(v2)」 画面で「Amazon アカウント 新規登録・連携」をクリックします。
Amazon Pay新規申し込みは不要です。

2. セラーセントラルアカウントでログイン

__________2021-04-26_2.28.31.png

3.必要情報の登録とAPIキーの共有

__________2021-04-26_2.33.47.png

4.情報の自動反映

連携が完了すると、ecforce上の画面は下図のように切り替わり、自動的に情報が反映された状態になります。
※連携を解除する場合は「連携削除」をクリックします。

__________2021-08-03_10.17.19.png

住所・支払い方法選択画面に表示されるストア名を変更する場合

デフォルトのストア名は、Amazon Payの申込み時に入力した値です。(「3.必要情報の登録(法人登記の有無など)で入力した値)
Amazon Payログイン後の住所・支払い方法選択画面に表示されるストア名を変更したい場合は、以下手順で編集します。

1.セラーセントラルアカウントでログイン

登録済みのセラーアカウントでAmazon Pay(フォーム)にログインします。
Eメールアドレスまたは携帯電番号を入力の上、パスワードを入力し「ログイン」をクリックします。

2.クライアントID/Store ID設定の管理

「タブ:インテグレーション」にカーソルを合わせて「インテグレーションセントラル」をクリックします。

「インテグレーション概要」画面内下部の「アプリケーションの管理」から「アプリケーションを確認する」をクリックします。

「クライアントID/Store ID設定の管理」画面を開きます。

「クライアントID/Store ID設定の管理」画面上の「編集する」をクリックして「「クライアントID/Store ID設定の管理」」画面を開きます。

3.任意のストア名に変更

「Amazon PayクライアントID/Store ID設定の編集」画面で任意のストア名に変更します。

購入時の挙動

購入フォームのトップからログインした場合

ログイン後、Amazon アカウントの情報が購入フォームに反映されます。
ログイン後はお支払い方法がAmazon Pay v2に固定されます。お届け先住所、支払い方法(カード情報変更)は確認画面遷移時に表示されるAmazon Pay画面で変更可能です。

購入フォームのお支払い方法からログインした場合

ログイン後、Amazon アカウントの情報が購入フォームに反映されます。
ログイン後はお支払い方法がAmazon Pay v2に固定されます。
お届け先住所、支払い方法(カード情報変更)は確認画面遷移時に表示されるAmazon Pay画面で変更可能です。

アップセル商品を購入する場合

初回の商品からアップセル商品の「申し込み内容を確認する」ボタンをクリックする際に単品・定期の値が変わる場合はAmazon Payボタンに切り替わります。

(例)メイン商品が定期商品、アップセル商品が単品商品

サンクスオファー商品を購入する場合

初回の商品からサンクスオファー商品の「申し込み内容を確認する」がAmazon Payボタンに切り替わります。
※確認画面スキップを有効にしているLP

お届け先住所を変更する場合

Amazon Pay画面にてお届け先住所を変更して「続行」をクリックした場合は、住所変更確認画面が表示されます。
「OK」をクリックすると確認画面に遷移します。
「住所を変更する」を押下するとAmazon Pay画面にリダイレクトされます。

 

ecforce管理画面上の表示

ecforce管理画面では、支払い方法が「Amazon Pay (v2)」と表示されます。
これは従来の「Amazon Pay」(v1 支払い方法ID 14) と区別のために、管理画面内の表記上 「 (v2)」を追加して表示していますが、購入画面等の表示や各種CSVにて出力される情報では一律「Amazon Pay」と表記されます。

「設定 > 支払い方法 > 支払い方法管理」にて支払い方法ID 20の「Amazon Pay (v2)」の編集画面にて、支払い方法名を「Amazon Pay (v2)」で保存ボタンを押下すると、支払い方法名に「(v2)」の文字列が追加されます。

Amazon Pay(v2) の支払い方法を編集する際は、支払い方法名を「Amazon Pay」とした上で保存してください。APv2edit.gif

注意事項

外部連携アカウント管理>Amazon Pay(V2) >Previewでのみ表示>ON
となっている場合、LPにおいて(V1)が表示されます。
Amazon Pay(V2)をご利用の場合はこちらの設定をOFFにしていただく様ご留意ください。

この記事の目次

このセクションの記事

外部連携アカウント