スタートガイド

購入試験

決済情報の設定完了後に、販売ページで正常に購入できることを確認します。

スタンダードプラン、エキスパートプランには以下のプラン内容が含まれております。
・初期設定代行時の購入試験(クレジットカード決済・Amazon Pay・後払い ※ペイディ・atone は対象外)
サポートでの購入試験終了後、ショップ様でも販売ページでの購入確認をお願いしております。

ご利用中の物流システムや物流会社によっては、登録外の支払い方法をもつ受注の処理に失敗することがあります。
事前にご契約の物流システムや物流会社に設定・追加する支払い方法についてご調整ください。

トランザクション費について

トランザクション費への計上は翌月になった時点でシステムが自動計算します。購入試験にて生成した受注は、必ず月内の最終日24:00までに削除してください。

購入試験について

購入試験は決済情報の設定が完了した後に実施します。
参考:購入試験用のテスト環境はありますか?

クレジットカードは実際に利用可能なカード、アカウント登録が必要な支払い方法(PayPal や Amazon Payなど)は実際に利用可能なアカウントのご準備が必要です。 テスト用クレジットカード・アカウントの準備はございません。

試験ページの準備

販売開始前・パスワード保護有効状態の場合

全販売画面での確認が可能です。

  • ショップページの商品購入画面
  • フォーム一体型ランディングページ(LP)
  • 管理画面内の受注作成画面
準備手順
  1. (LPで購入試験する場合)購入試験用広告URLを準備します。
    (ショップ・受注画面で購入試験する場合)販売用商品を登録・準備します。
  2. 【支払い方法設定】支払い方法管理にて試験対象の支払い方法の「購入画面への表示」「受注作成画面への表示」を有効化します。
    ※受注作成画面への表示を有効化できない支払い方法があります(購入画面からのみ決済可能)

販売中の場合

ショップページでの商品購入画面では試験ができないため、新規決済情報の連携・疎通確認は管理画面内の受注作成画面で代用してください。LPでの購入試験は試験専用の広告URLを作成いただくことにより可能です。

準備手順
  1. (LPで購入試験する場合)新規決済の購入試験専用の広告URLを作成します。
  2. 支払い方法管理にて試験対象の支払い方法の「購入画面への表示」を 無効、「受注作成画面への表示」を有効化します。
    ※購入画面への表示を有効化すると、販売中の他の画面へ影響するためご注意ください。
    ※受注作成画面への表示を有効化できない支払い方法があります(購入画面からのみ決済可能)
  3. 作成した試験用広告URLの「支払い方法個別設定」にて、 購入試験を実施する支払い方法を個別に有効化します。

購入試験(テスト購入)手順

1. 商品の試験購入

購入試験用ページで、購入試験を行いたい支払い方法を用いて商品の試験購入を行います。
※お支払い情報画面は、購入試験先のフォームにより表示画面が異なります。
select_payment.png

ショップにて、受注確定時に自動受注メールを送信する設定にしている場合は、購入完了時にメールが送信されます。メール受信が可能なメールアドレスを用いて購入試験を行い、顧客へのメールが正常に送信されることもあわせてご確認ください。

注意事項

購入試験時、決済代行会社が与信情報の確認を行います。
与信は決済代行会社が判断し、システムはその結果を表示しているため、与信審査が通らない理由について ecforceカスタマーサポートにお問い合わせいただいてもお答えすることはできません。

購入試験を行う支払い方法が「後払い」の場合、ダミーの顧客情報では与信が通らない場合があります。 購入試験時は実在の住所・電話番号・氏名にて試験購入を実施してください。

[参考]後払い決済の購入試験(テスト受注)にて与信審査が通らない場合

2. 受注確認

受注管理画面で以下の情報で検索を行い、 購入試験で生成された受注が正常に作成されていることを確認します。

  • 購入完了時表示される番号(受注番号)
  • 購入時に使用したメールアドレス
  • 購入時に使用した氏名  など

購入試験1.gif

該当の受注が表示されたら「決済状況」を確認してください。
※クレジットカード決済の場合は「決済状況:仮売上完了」と表示されます。

支払い方法により、受注生成後に表示される決済状況は異なります。
以下のとおり、決済状況が変更されていることを確認してください。

  • クレジットカードの場合:仮売上完了
  • 後払いの場合:与信審査完了
  • Amazon Payの場合:仮売上完了
  • その他の支払い方法の場合:決済状況の各ステータス をご確認ください。

該当受注の画面右側にある「詳細」をクリックすると購入情報の詳細を確認することができます。
受注管理に関する詳細は受注管理をご確認ください。

3. 売上処理

購入試験で生成した受注に対して売上処理を行い、決済状況が売上完了となることを確認します。

クレジットカードや後払い決済など決済代行会社と連携している支払い方法の場合、注文直後の受注の決済状況は「仮売上」の状態です。(PayPal , LINE Pay , sbps キャリア docomoは即時売上のため、注文直後の決済状況は「売上完了」です) 「仮売上」は、クレジットカードや後払い決済の有効性の確認と与信枠の確保のみが完了している状態で、購入者に対する正式な請求は行われていません。従って、商品の発送後に「売上処理」を実行し、購入者に対する正式な請求を行う必要があります。

手動での売上処理

  1. [後払い決済必須] 該当受注の受注管理画面(基本設定)で受注の発送完了日・配送伝票番号を登録
  2. 受注管理の「受注一覧」画面へ戻り、該当受注にチェックを入れ「決済情報一括変更」より実売上処理を実行
    content_スクリーンショット_2020-10-15_17.33.14.png
    参考:受注情報の一括処理
  3. 決済状況が「売上完了」になることを確認
    購入試験2.gif

決済状況が「売上失敗」になる場合

該当受注の「決済履歴」より理由を確認します。
参考:受注の決済状況が「売上失敗」になっている理由を教えてください。
後払い決済のうち同梱(商品と一緒に後払い会社の請求書を送る形式)の場合は、実売上処理の前に決済代行会社のシステムより「請求書印字データ」をダウンロードする必要があります。後払い同梱の購入試験の場合は、ご契約の物流システムや物流会社と手順の調整を実施してください。

出荷CSVインポートを利用した売上処理

出荷CSVインポート を利用する運用の場合、購入試験の際は、 出荷CSVインポート時に該当の受注の実売上処理を行い、決済状況が売上完了になることを確認します。

購入試験3.gif

4. 受注取消・削除

購入試験終了後は、必ず生成した受注の「取消」及び「削除」を実施してください。
取消・削除を行わない場合は売上として計上されるため、決済代行会社からの請求が発生し、 さらにecforce利用料金の従量課金対象(トランザクション費の対象)となります。

受注取消・削除手順は以下のとおりです。

受注の削除処理の前に、取消処理を実施し、決済代行会社への取引キャンセルを実施する必要があります。

  1. 受注の取消処理を実施
  2. 受注の削除処理を実施

4-1. 受注の取消処理を実施

受注の取消(キャンセル)処理は受注管理決済状況一括変更で実施します。

  1. 受注管理画面で該当の受注にチェックを入れて「決済状況一括変更」をクリック
  2. 「決済処理の選択」から「取消処理」を選択し、「実行する」をクリックします。
    ※仮売上失敗・与信審査エラーなど与信が取れていない決済状況の受注の場合は「強制取消処理(決済サービス未連携)を選択します。
  3. 該当の受注の決済状況が「取消完了」になったことを確認

4-2. 受注の削除処理を実施

取消完了後、該当受注の「編集」画面より左下「削除」をクリックし、受注を削除します。
※削除した受注は復旧できません。該当の受注が購入試験で生成した受注であるかをご確認の上、削除処理を行ってください。

削除が正常に完了した後は「受注管理 > 受注管理」画面にてデフォルトの検索条件(削除:含まない)にて検索を行うと該当の受注は検索結果に表示されません。

以上の一連の手順にて購入試験は完了です。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

この記事の目次

このセクションの記事

スタートガイド