外部連携アカウント

外部連携アカウント管理

外部連携アカウント管理

外部連携アカウント管理では、ecforce上で利用する上で別途連携を行う必要のあるサービス(システム)のアカウント管理を行えます。
LP、ショップ、受注作成で利用可能な決済方法の設定も外部連携アカウント管理で行えます。

外部連携アカウント管理画面

外部連携アカウント管理画面は「設定 > 外部連携アカウント管理」で表示されます。

__________2021-08-25_14.36.02.png

各アカウントの設定

1.GMO PG

GMO ペイメントゲートウェイ株式会社が提供する「クレジットカード決済」を利用する際に設定します。

GMO PG 認証情報

GMO PG側のの管理画面(サイト管理・ショップ管理)とアカウント情報通知メールを確認の上、以下情報を設定します。
※サイト管理画面とショップ管理画面の違いはGMO PGの「よくあるご質問」にてご確認ください。

ショップ ID ショップIDを設定します。
ショップ管理画面にアクセスするために必要なIDです。
ショップパスワード ショップパスワードを設定します。
ショップ管理画面にアクセスするために必要なパスワードです。
サイト ID サイトIDを設定します。
サイト管理画面にアクセスするために必要なIDです。
サイトパスワード サイトパスワードを設定します。
サイト管理画面にアクセスするために必要なパスワードです。
SFTP 接続先 IP アドレス SFTP 接続先 IP アドレスを設定します。
GMO PGのSFTPサーバと接続するために必要なIP アドレスです。
※SFTP 連携オプションのご契約時に発行される「SFTPサーバ設定のお知らせ」をご参照ください。
SFTP ログインID SFTP ログイン IDを設定します。
GMO PGのSFTPサーバと接続するために必要なログイン IDです。
※SFTP 連携オプションのご契約時に発行される「SFTPサーバ設定のお知らせ」をご参照ください。
SFTP パスワード SFTP パスワードを設定します。
GMO PGのSFTPサーバと接続するために必要なパスワードです。
※SFTP 連携オプションのご契約時に発行される「SFTPサーバ設定のお知らせ」をご参照ください。
セキュリティコードの入力 「有効」に設定している場合は、購入フォームでセキュリティーコードの入力を要求します。
エポス連携 エポスカード即時発行スキームの利用有無を設定します。
エポス連携に関する詳細は「エポスカード即時発行スキーム」をご確認ください。
エポス提携店コード エポス提携店コードを設定します。
エポスカードお申込画面にアクセスするために必要なIDです。
バナーURL エポスバナーを設定します。
「ファイル選択」から、作成したバナーを取り込み設定することができます。
バナーを変更した後、「デフォルトバナーに戻す」にチェックし、保存することで、デフォルトバナーに戻すこともできます。

GMOペイメントゲートウェイ 自動洗替

自動洗替を利用した場合、ecforceに登録されている更新が必要なクレジットカード情報を自動で更新できます。
詳しくは以下をご確認ください。

本機能を利用する場合は「SFTP 連携オプション」を契約いただく必要があります。

エポスカード即時発行スキーム

エポスカード即時発行スキームを利用した場合、顧客は購入フォームで新規クレジットカードを即時発行の上、商品購入が行えます。
また「GMO ペイメントゲートウェイ 自動洗替」機能を「有効」にする必要があります。
詳しくは以下をご確認ください。

本機能を利用する場合はショップにて株式会社エポスカードとのご契約が必要です。
また「SFTP 連携オプション」も契約いただく必要があります。

2.GMO 後払い

GMOペイメントサービス株式会社が提供する「後払い決済」を利用する際に設定します。

GMO 後払い 認証情報

GMO 後払い 管理画面とアカウント情報通知メールを確認の上、以下情報を設定します。

認証 ID / サイト ID 数字10桁のサイトIDを設定します。
加盟店コード abから始まる加盟店コードを設定します。
接続パスワード 自動連携パスワードを設定します。

3.GMO Epsilon

GMOイプシロン株式会社が提供する「クレジットカード決済」を利用する際に設定します。

GMO Epsilon 認証情報

ホスト ホスト名を設定します。
トークン取得 URL トークンを取得するURLを設定します。
契約コード 契約コードを設定します。
セキュリティーコードの入力 「有効」に設定している場合は、購入フォームでセキュリティーコードの入力を要求します。

4.ヤマト

ヤマトフィナンシャル株式会社が提供する「クレジットカード決済」を利用する際に設定します。

ヤマト 認証情報

加盟店コード 加盟店コードを設定します。
パスワード パスワードを設定します。
アクセスキー アクセスキーを設定します。

5.ヤマト後払い

ヤマトフィナンシャル株式会社が提供する「後払い決済」を利用する際に設定します。

ヤマト後払い 認証情報

加盟店コード 加盟店コードを設定します。
パスワード パスワードを設定します。

6.Paygent

株式会社ペイジェントが提供する「クレジットカード決済」を利用する際に設定します。

Paygent 認証情報

秘密鍵 ファイルを選択し、秘密鍵を設定します。
クライアント証明書 ファイルを選択し、クライアント証明書を設定します。
認証済み CA ファイルを選択し、認証済みCAを設定します。
接続 ID 接続IDを設定します。
接続パスワード 接続パスワードを設定します。
マーチャント ID マーチャントIDを設定します。
トークン生成鍵 トークン生成鍵を設定します。

7.SBPS

ソフトバンク・ペイメント・サービス株式会社が提供する「クレジットカード決済」を利用する際に設定します。

SBPS 認証情報

マーチャントID マーチャントIDを設定します。
サービスID サービスIDを設定します。
Basic認証ID Basic認証IDを設定します。
Basic認証Password Basic認証Passwordを設定します。
ハッシュキー ハッシュキーを設定します。
セキュリティコードの入力 「有効」に設定している場合は、購入フォームでセキュリティーコードの入力を要求します。

8.Zeus

株式会社ゼウスが提供する「クレジットカード決済」を利用する際に設定します。

Zeus 情報

ClientIp ClientIpを設定します。
ClientIpZkey ClientIpZkeyを設定します。
セキュリティコードの入力 「有効」に設定している場合は、購入フォームでセキュリティーコードの入力を要求します。

ZEUS 本人認証サービスを導入する場合の注意点

9.Veritrans(クレジットカード・後払い)

株式会社DGフィナンシャルテクノロジーが提供する「クレジットカード決済」「後払い決済」を利用する際に設定します。

Caution!!

SHOP構築の際、クレジットカード決済をVeritransに選択した場合、トークン生成鍵セキュリティコードの入力項目が表示されます(その他のクレジットカードを選択してる場合は、非表示になります)。
Veritrans後払いの設定も本画面で行います。

Veritrans 認証情報

AC証明書 ファイルを選択し、AC証明書を設定します。
マーチャントCCID MAP(https://pay.veritrans.co.jp/maps/)で取得したマーチャントCCIDを設定します。
マーチャントパスワード MAP(https://pay.veritrans.co.jp/maps/)で取得したマーチャント認証鍵を設定します。
トークン生成鍵 AP(https://pay.veritrans.co.jp/maps/)で取得した「Token Api Key」を入力します。
セキュリティコードの入力 購入フォームにセキュリティコード入力欄の「表示/非表示」を設定します。

10.SBPSキャリア

SBペイメントサービス株式会社が提供する「キャリア決済」を利用する際に設定します。
キャリアごとに支払い方法の「有効/無効」を設定する場合は「設定 > 支払い方法 > 支払い方法法管理」で設定可能です。

SBPS 認証情報

マーチャントID マーチャントIDを設定します。
サービスID サービスIDを設定します。
Basic認証ID Basic認証IDを設定します。
Basic認証Password Basic認証Passwordを設定します。
ハッシュキー ハッシュキーを設定します。

11.スコア後払い(ニッセン後払い)

株式会社SCOREが提供する「後払い決済」を利用する際に設定します。

スコア後払い 認証情報

ホスト collect-operation.nissen.co.jp
ショップID ショップIDを設定します。
ショップパスワード ショップパスワードを設定します。
接続元ID 接続元IDを設定します。

12.NP 後払い

株式会社ネットプロテクションズホールディングスが提供する「後払い決済」を利用する際に設定します。

NP 後払い 認証情報

SP_CODE 株式会社ネットプロテクションズより発番されるSP_CODEを設定します。
※SP_CODEとは「SPコード」です。
端末ID 連携するシステムを特定するための端末IDを設定します。
設定する値は、ecforceカスタマーサポートへお問い合わせください。
環境接続先URL https://www.getsafety-online.com/np_set3/npcb1/services/NPConnectPro?wsdl

※「NP後払いサービス」利用時に必要となる指定バナーの設置と規定文言(NP後払い説明文)の表示設定方法については「NP後払いサービス」利用時のバナーの設置をご確認ください。

13.NP 後払いリアルタイム

株式会社ネットプロテクションズホールディングスが提供する「後払い決済」を利用する際に設定します。

NP 後払いリアルタイム 認証情報

SHOP_CODE 連携に使用するSHOP_CODEを設定します。
※SHOP_CODEとは「加盟店コード」です。
加盟店コードは、株式会社ネットプロテクションズより付与されたaktから始まる10桁のコードです。(例:akt0000000)
SP_CODE 株式会社ネットプロテクションズより発番される連携に使用するSP_CODEを設定します。
※SP_CODEとは「SPコード」です。
端末ID 連携するシステムを特定するための端末IDを設定します。
設定する値は、ecforceカスタマーサポートへお問い合わせください。

14.後払い.com

株式会社キャッチボールが提供する「後払い.com」を利用する際に設定します。

後払い.com 認証情報

受付事業者ID 受付事業者IDを設定します。
受付サイトID 受付サイトIDを設定します。
APIユーザーID APIユーザーIDを設定します。

15.アトディーネ

ジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社が提供する「アトディーネ」を利用する際に設定します。

アトディーネ認証情報

加盟店コード 加盟店コードを設定します。
接続先特定ID 接続先特定IDを設定します。
接続パスワード 接続パスワードを設定します。

16.atone

株式会社ネットプロテクションズホールディングスが提供する「atone」を利用する際に設定します。

atone 認証情報

公開鍵 連携に使用する公開鍵を設定します。
秘密鍵 連携に使用する秘密鍵を設定します。
金額更新オプション 課金額を契約時に設定した金額分まで上方更新を可能にする設定です。

17.Paidy

株式会社Paidyが提供する「paidy」を利用する際に設定します。

Paidy 認証情報

パブリックキー 連携に使用するパブリックキーを設定します。
シークレットキー 連携に使用するパスワードを設定します。
ロゴURL Paidyサービス利用時にモーダルで表示されるロゴを指定できます。
指定しない場合は、Paidyのデフォルトのロゴが表示されます。
モーダル表示 Paidyで支払う場合に必要な情報を入力するモーダル表示を設定します。
入力ページ 購入フォームから、確認ページに遷移するときにPaidyのモーダルが表示されます。
確認ページ 確認ページから、購入完了ページに遷移するときにPaidyのモーダルが表示されます。
「確認画面スキップ:有効」に設定している場合、Paidyは広告 URLに表示されません。
「入力ページ」「確認ページ」設定時の各画面遷移については以下をご確認ください。

18.Amazon Pay(v1)

アマゾンジャパン合同会社が提供する「クレジットカード決済」を利用する際に設定します。
Amazon Pay 認証情報

出品者 ID 出品者IDを設定します。
クライアント ID クライアントIDを設定します。
クライアントシークレット クライアントシークレットを設定します。
アクセスキー ID アクセスキーIDを設定します。
シークレットアクセスキー シークレットアクセスキーを設定します。
フリガナ入力欄の表示 フリガナ入力欄の表示・非表示を設定します。
ON Amazon Payによる注文時に、入力必須のフリガナフィールドを表示させます。
OFF Amazon Payによる注文時に、入力必須のフリガナフィールドを表示させません。
Amazonでは「氏名」という1カラムで名前を管理しているため、「フリガナ」情報は保持していません。
ecforceのフリガナフィールドのフィールド数は購入フォーム設定に依存するため「名前(漢字)は1カラム目だけに入る」「フリガナは2カラムに入る」という状態になる場合があります。詳しくは以下をご確認ください。

19.Amazon Pay(v2)

アマゾンジャパン合同会社が提供する「クレジットカード決済」を利用する際に設定します。
認証情報は「Amazonアカウント新規登録・連携」より連携されます。
連携方法は[オプション]Amazon Pay v2をご確認ください。

20.LINE Pay

LINE Pay株式会社が提供する「LINE Pay決済」を利用する際に設定します。

LINE Pay 連携情報

チャンネルID チャンネルIDを設定します。
LINE Developersの「TOP > (アカウントマイページ) > Basic settings > Basic information」の「Channel ID」欄が該当します。
チャンネルシークレットキー チャンネルシークレットキーを設定します。
LINE Developersの「TOP > (アカウントマイページ) > Basic settings > Basic information」の「Channel secret」欄が該当します。

21.電算システム

株式会社電算システムが提供する「コンビニ決済」(コンビニ郵貯後払い)を利用する際に設定します。

電算システム  認証情報

固有値7桁(数字) 連携に必要な7桁の数字を設定します。

「固有値 7 桁」は自由に入力できます。

「設定> 支払い方法 > 支払い方法管理」画面で「コンビニ郵貯後払い:有効」の場合に、対象の受注の取引ID に「固有値 7 桁 + 乱数 10 桁」の計 17 桁の取引 ID が自動で生成されます。

22.Re:lation

メール共有管理ツール「Re:lation(リレーション)」の連携利用有無を設定します。

Re:lation 連携情報

サブドメイン 契約時に登録したサブドメインを設定します。
メッセージボックスID 契約時に登録したメッセージボックスIDを設定します。
本項目にはメッセージボックスIDが1つ設定可能です。
有効・無効 Re:lationとの連携の有効・無効を設定します。
有効 Re:lationとの連携は有効です。
顧客管理画面にてRe:lationのタイムラインへのリンクが表示され、対象顧客のメール履歴を一覧で確認できます。
無効 Re:lationとの連携は無効です。

23.MailDealer

メール共有管理ツール「MailDealer(メールディーラー)」の連携利用有無を設定します。

MailDealer 連携情報

サブドメイン 契約時に登録したサブドメインを設定します。
メッセージボックスID 契約時に登録したメッセージボックスIDを設定します。
本項目にはメッセージボックスIDが1つ設定可能です。
有効・無効 MailDealerとの連携の有効・無効を設定します。
有効 MailDealerとの連携は有効です。
顧客管理画面にてMailDealerのタイムラインへのリンクが表示され、対象顧客のメール履歴を一覧で確認できます。
無効 MailDealerとの連携は無効です。

24.LINE ID

LINEアカウントと連携したLINEログイン機能をecforceで使用する際に設定します。
詳細は、LINE ID 連携をご確認ください。

25.PayPal

PayPal株式会社が提供する「クレジットカード決済」を利用する際に設定します。

PayPal 認証情報

Seller Merchant ID Seller Merchant IDを設定します。
PayPalアカウントと連携 Seller Merchant IDを設定した後に選択します。
連携削除 Seller Merchant ID を削除します。

PayPal サンドボックス

Sandbox 環境 PayPalでSandbox 環境を利用するかを設定します。
ON PayPalのSandbox環境を利用します。
デフォルトは「ON」に設定されています。
OFF PayPalのSandbox環境を利用しません。

26.1d color

弊社パーソナライズD2Cシステム「1d color」を連携利用する際に設定します。
※別途1d-colorの契約が必要です。

1d color 認証情報

APIキー 1d colorで発行したAPI認証キーを設定します。

27.商品データフィード

Facebook のカタログ機能との連携に使用する商品データを出力できます。
詳細は、商品データフィードをご確認ください。

商品データフィード

Facebook Facebookのカタログで登録可能なcsvのリンクが表示されます。
データフィード作成 商品データフィード(csv)を即時作成します。

28.ルミーズテンキーパッド

ルミーズ株式会社が提供する「ルミーズテンキーパッド」の利用有無を設定します。
ルミーズテンキーパッド対応の決済サービスは、以下のとおりです。

  • GMO PG
  • ZEUS
  • SBPS
  • Paygent
  • ベリトランス (2022年01月リリース以降で利用可能です。)

ルミーズテンキーパッド 設定情報

有効・無効 ルミーズテンキーパッドの有効・無効を設定します。
ポート番号 接続に必要なポート番号を設定します。
名義人の固定値 名義人の固定値を設定します。
本固定値はルミーズテンキーパッドを通して登録されたクレジットカード情報の名義人の値です。
※ Zeus決済でのみ表示されます。

29.at score

インフォコム株式会社がで提供する不正注文検知サービス「at score」を連携利用する際に設定します。
詳細は、at scoreとの連携をご確認ください。

この記事の目次

このセクションの記事

外部連携アカウント