受注/定期受注

受注/定期受注の設定

受注/定期受注の設定でできること

受注/定期受注の設定では、主に定期受注に関するシステム挙動の設定を行えます。

受注/定期受注の設定画面

受注/定期受注の設定画面は「設定 > 受注/定期受注 > 受注/定期受注の設定」で表示されます。

__________2021-08-03_13.27.57.png

受注/定期受注の設定画面における各項目

受注/定期受注に関する設定として、以下項目を確認・編集できます。

受注/定期受注に関する設定

自動受注作成日の起点の指定 定期受注における自動受注作成日の起点を設定します。

配送予定日 起点 自動受注作成日を「配送予定日(お届け予定日)」に起算します。
発送予定日 起点 自動受注作成日を「発送予定日」に起算します。
※自動受注作成日は「自動受注作成日の指定」の設定値に依存します。
自動受注作成日の指定 定期2回目以降の受注を「自動受注作成日の起点の指定」で設定した日付から何日前に生成するか設定します。
※ 定期2回目以降の自動受注作成時間は「午前0時頃(デフォルト設定)」です。自動受注作成日に関する詳細は「各項目の補足事項」をご確認ください。
手動受注作成時の在庫確認 手動受注作成時の商品在庫状況による受注作成可否を設定します。

有効 受注作成時に商品の在庫が切れている(商品在庫0かつ「在庫無制限:無効」 )と受注を作成できません。
無効 受注作成時に商品の在庫が切れていても受注を作成できます。
※本設定は「受注管理 > 受注作成」と「受注管理 > 定期受注管理 > 該当定期受注」の「タブ:受注一覧・作成」画面にて適用されます。
自動受注作成時の在庫確認 自動受注作成時の商品在庫状況による受注作成可否を設定します。

有効 受注作成時に商品の在庫が切れている(商品在庫0かつ「在庫無制限:無効」 )と受注は作成されません。
無効 受注作成時に商品の在庫が切れていても受注は作成されます。
※本設定は「自動受注作成」時にのみ適用されます。
手動受注作成時の販売中確認 受注作成時の商品販売状況による受注作成可否を設定します。

有効 商品が「販売中:いいえ」に設定されている場合、受注を作成できません。
※同梱物は対象外です。
無効 商品が「販売中:いいえ」に設定されている場合でも、受注を作成できます。
※本設定は「受注管理 > 定期受注管理 > 該当定期受注の「タブ:受注一覧・作成」と「受注管理 > 定期受注管理」画面の「一括受注作成」にて適用されます。
自動受注作成時の販売中確認 受注作成時の商品販売状況による受注作成可否を設定します。

有効 商品が「販売中:いいえ」に設定されている場合、受注は作成されません。
※同梱物は対象外です。
無効 商品が「販売中:いいえ」に設定されている場合でも、受注は作成されます。
※本設定は「自動受注作成」時にのみ適用されます。
決済状況一括変更で定期回数「-1」を指定 決済状況一括変更で「取消処理/強制取り消し処理」を選択した場合に表示されるチェックボックス「定期受注の定期回数を「-1」する」のデフォルト値(チェック有無)を設定します。
__________2021-08-03_15.02.33.png
ON チェックされた状態で表示されます。
OFF チェックされていない状態で表示されます。
チェックボックスにチェックが入らない場合、対象定期受注の定期回数は「-1」されますが、受注商品の再計算は行われません。
定期回数の変更により商品価格や同梱品も変更になる場合は、別途次回受注商品の再計算を実施ください。
ブラックリスト化した顧客が持つ定期受注の要対応化 ブラックリスト条件を満たす顧客が商品を購入した際に、該当(定期)受注を「要対応受注/要対応定期受注」として登録するかの有無を設定します。
要対応定期受注の自動受注設定 要対応定期受注から自動での受注作成可否を設定します。
一括取消処理の件数制限 一度に処理できる取消処理、強制取消処理の受注件数を設定します。
処理件数は1件以上にて設定可能です。
デフォルト配送業者固定の自動有効化 マイページ定期詳細画面からのお届け時間の変更により定期受注の「デフォルト配送業者の固定」を自動で有効にするかどうかの設定ができます。
有効 顧客がマイページの定期詳細画面からお届け時間を変更すると、「デフォルト配送業者の固定」を自動で有効にします
無効 顧客がマイページの定期詳細画面からお届け時間を変更しても「デフォルト配送業者の固定」は自動で有効になりません

本設定を無効にする場合

お届け時間が指定された定期受注内で配送業者が切り替わった際、配送業者とお届け時間が不整合な受注が作成されるケースが発生します。

例)

1.顧客がマイページから定期受注のお届け時間を「午前中」に指定する

2.定期受注に商品の追加を行い、受注商品のサイズアップが発生したため配送業者が切り替わる

3.1で顧客が指定したお届け時間「午前中」が次回子受注のお届け時間に設定される

→切り替わり後の配送業者がお届け時間「午前中」を指定できない場合でも、受注のお届け時間には「午前中」がセットされます。

お届け時間の引き継ぎ 初回購入時に設定したお届け時間の定期2回目以降への引き継ぎ有無を設定します。

引き継ぎ 2回目以降の定期受注のお届け時間は、初回購入時に設定したお届け時間の値を引き継ぎます。
指定なし 2回目以降の定期受注のお届け時間を自動で「指定なし」に設定します。
定期2回目以降のクーポン適用除外 クーポンが適用されている定期受注の購入回2回目以降に、クーポン対象商品が設定されていない場合の受注生成可否を設定します。

割引を適用せずに受注を作成する クーポン適用可能な商品が含まれていない場合、クーポン割引を適用せずに購入回2回目以降の受注を作成します。
また、左記設定を行った場合は、サンクスオファーの商品がクーポン適用外でも購入できるようになります。
受注を作成しない クーポン適用可能な商品が含まれていない場合は、購入回2回目以降の受注は作成せず、エラーを発生させます。
最大定期回数の割引適用後の自動クーポン適用除外 定期受注に紐付いているクーポンにおいて、2回目以降の割引の最大定期回数に達している場合、紐付いているクーポンを自動で外すかどうかの設定ができます。

有効 定期回数がクーポンの最大定期回数に達していると、次回子受注生成時に定期受注からクーポンが外れます。
無効 定期回数がクーポンの最大定期回数に達していても、次回子受注生成時に定期受注からクーポンが外れません。
【本設定を「有効」とした際の動作例】
クーポンA:1回目割引設定あり、2回目割引設定なし、3回目割引設定あり、4回目以降の割引設定なし

上記のようなクーポンが定期受注に紐づいている場合、定期3回目の子受注が生成されると同時に定期受注からクーポンが外れます。
※クーポンAに2回目割引設定なしのため、定期2回目の子受注には割引が適用されません。

各項目の補足事項

自動受注作成時間

定期受注の自動受注作成時間の標準は0時開始です。 以下をご確認の上、カスタマーサポートまでご希望の自動受注作成時間をお知らせください。

  • 自動受注作成開始可能時間は「午前07:00 〜 午前00:00」です。その他の時間(午前00:01 〜 06:59)は変更対象外です。
  • 変更作業可能日は平日日中です。変更作業後の自動受注作成開始時間より変更が適用されます。
  • 変更日の指定(例:○月○日の自動受注作成分より、□時に変更したい)がございましたら、あわせておしらせください。
  • ご依頼から変更まで5営業日ほど必要です。

この記事の目次

このセクションの記事

受注/定期受注