顧客/会員

ブラックリスト条件管理

ブラックリスト条件管理でできること

ブラックリスト条件管理では、(定期)受注が「要対応受注」「要対応定期受注」として登録される条件の設定を行えます。
ブラックリスト条件を満たす顧客が商品を購入した場合、該当の(定期)受注は「要対応受注/要対応定期受注」として登録されます。

Caution!!

  • ブラックリスト条件を設定する前に生成された受注・定期受注は、ブラックリスト条件の対象外です。
  • ブラックリスト条件に合致する顧客が商品を購入した場合でも、顧客自体は「ブラックリスト顧客/ブラックリスト類似顧客」として登録されません。
  • 「ブラックリスト類似顧客/ブラックリストIPアドレスから購入した顧客」はブラックリストに登録できません。

ブラックリスト条件管理画面

ブラックリスト条件管理画面は「設定 > 顧客/会員 > ブラックリスト条件管理」で表示されます。

____________.png

ブラックリスト条件管理画面における各項目

ブラックリスト条件管理に関する設定として、以下項目を確認・編集できます。

ブラックリスト条件管理

リダイレクト先URL設定時の挙動例は「リダイレクト先 URL設定時の挙動」をご確認ください。

リダイレクト先 URL

ブラックリスト条件に一致する顧客が商品の購入を試みた際に遷移させるURLを設定します。

リダイレクト後、受注を作成する

「リダイレクト先 URL」で設定したURLへ遷移された顧客の受注を生成するか設定します。

チェックを入力している場合 リダイレクト後に受注を生成します。
生成された受注は「要対応受注/要対応定期受注」になります。
チェックを入力していない場合 リダイレクト後に受注を生成しません(顧客は商品を購入できません)。

__________2021-08-12_10.53.57.png

ブラックリスト条件設定

ブラックリスト条件の設定例は「ブラックリスト条件の設定例」をご確認ください。
各条件は、商品購入時に入力する購入フォームと顧客に登録されている「お届け先住所」が参照されます。

お名前(部分一致) 顧客の氏名でブラックリスト条件を設定します。
対象条件は「部分一致」になり、氏名の一部分を指定して設定可能です。
※姓名を分けて入力した場合も、本条件に一致します。
フリガナ(部分一致) 顧客の氏名(フリガナ)でブラックリスト条件を設定します。
対象条件は「部分一致」になり、(フリガナ)の一部分を指定して設定可能です。
※姓名を分けて入力した場合も、本条件に一致します。
郵便番号(部分一致)

顧客の郵便番号でブラックリスト条件を設定します。
対象条件は「部分一致」になり、郵便番号の一部分を指定して設定可能です。
※「XXX」-「XXXX」と郵便番号を分けて入力した場合も、本条件に一致します。

住所(部分一致) 顧客の住所でブラックリスト条件を設定します。
対象条件は「部分一致」になり、住所の一部分を指定して設定可能です。
※「都道府県」「住所1」「住所2」「住所3」と住所を分けて入力した場合も、本条件に一致します。
電話番号(部分一致) 顧客の電話番号でブラックリスト条件を設定します。
対象条件は「部分一致」になり、電話番号の一部分を指定して設定可能です。
※「XXX」-「XXXX」-「XXXX」と電話番号を分けて入力した場合も、本条件に一致します。
メールアドレス 顧客のメールアドレスでブラックリスト条件を設定します。
対象条件は「完全一致」です。
※ドメイン指定はできません。
IPアドレス 商品購入時にアクセスした顧客のIPアドレスでブラックリスト条件を設定します。
対象条件は「完全一致」です。
ブラックリスト条件に登録するIPアドレスの確認方法は「 IPアドレスの確認方法」をご確認ください。
条件数

本項目にて設定した項目数を満たした場合に、ブラックリスト条件に一致すると判断されます。上記7項目の条件を複数設定していた場合でも、本項目の条件数を満たさない場合は
設定可能な条件は「1〜7項目以上(すべての項目)」です。

(例)上記条件のうち、6項目を設定した上で本項目を「3項目以上」に設定した場合、6項目のうち3項目以上に該当する顧客がブラックリスト条件に一致すると判断されます。

__________2021-08-12_11.37.24.png

各項目の補足事項

リダイレクト先 URL設定時の挙動

ブラックリスト条件に一致する顧客が商品の購入を試みた際の「リダイレクト先 URLの指定」および「リダイレクト後、受注を作成する」の設定による挙動例は以下のとおりです。

「リダイレクト先 URL」に任意のページ(URL)を指定している場合
  • 「リダイレクト後、受注を作成する」にチェックを入力している
    遷移先 購入完了画面に遷移せず「リダイレクト先 URL」に指定したURLへ遷移します。
    受注生成 受注は「要対応受注/要対応定期受注」として生成されます。
  • 「リダイレクト後、受注を作成する」にチェックを入力していない
    遷移先 注文確認画面に遷移せず「リダイレクト先 URL」に指定したURLへ遷移します。
    受注生成 受注は生成されません。
    ※顧客は商品を購入できません。
「リダイレクト先 URL」に任意のページ(URL)を指定していない場合

「リダイレクト後、受注を作成する」のチェック入力有無にかかわらず、顧客は商品を購入することができますが、受注は「要対応受注/要対応定期受注」として生成されます。

ブラックリスト条件の設定例

  登録条件 入力フォーム 該当

お名前(部分一致)

山田太郎 山田 太郎 該当する

フリガナ(部分一致)

ヤマダ タロウ ヤマダタロウ 該当しない

郵便番号(部分一致)

153 1530064 該当する

住所(部分一致)

東京都目黒区 東京都目黒区 2-24 該当する

電話番号(部分一致)

08012341234 08012345678 該当しない

メールアドレス

test@ test@test.jp 該当しない

IPアドレス

11.111.111.111 12.123.123.123 該当しない

※入力フォームではスペースを抜いた状態で登録条件と照らし合わせます。登録条件にスペースが入っている場合はすべて該当しないと判断されます(登録条件にスペースを入れないでください)。

 IPアドレスの確認方法

ブラックリストとして登録したい IPアドレスは、以下画面で確認可能です。

  • 受注管理 > 受注管理 > 該当受注の「タブ:基本設定(流入元情報)」
  • 顧客管理 > 顧客管理 > 該当顧客の「タブ:アクセス履歴

※LPからの購入に限り、IPアドレスが表示されます。

この記事は役に立ちましたか?
1人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

この記事の目次

このセクションの記事

顧客/会員