受注作成

受注作成

受注作成でできること

「受注作成」機能の利用により、顧客からの電話注文をecforceの管理画面上で受けられます。
ECサイトとしてご利用中のecforce上で電話注文からの受注処理を行えることは、既存顧客の特定や商品の在庫確認などの業務を円滑に行えるメリットがあります。

受注情報の反映

受注作成画面で登録された情報は、LP・ショップからの注文と同様に受注管理定期受注管理顧客管理などに反映されます。

Caution!!

CSVによる受注取り込みは行えないため、ショップで受注を作成する場合は「受注作成」より手動で作成する必要があります。

受注作成画面

受注作成は「受注管理 > 受注作成」画面で新規の顧客、またはすでに顧客情報のある既存顧客を選択し、注文画面へ遷移の上、商品購入に必要な情報の登録を行います。

受注作成.gif

注文画面

新規の顧客、またはすでに顧客情報のある既存顧客に対して注文を作成できます。

新規の顧客からの注文を作成したい場合は「新規顧客はこちらから」にある「注文画面へ」をクリックします。
既存顧客からの注文を作成したい場合は「既存顧客はこちらから」に表示される該当顧客欄右端の「注文画面へ」をクリックします。
※既存顧客については「顧客ID」「顧客番号」「メールアドレス」などから検索できます。
※本記事では新規顧客の注文作成方法について解説します。

__________2021-07-21_14.17.48.png

受注の作成方法

受注作成の注文画面に商品購入時に必要な情報を入力します。

__________2021-07-21_14.27.09.png

顧客ステータスに関する注意事項

受注作成など商品購入時の顧客ステータスのデフォルト値は「会員」です。

支払方法に関する注意事項

支払い方法設定のステータス(有効・無効)にかかわらず、受注作成では支払い時に顧客自身によるログイン情報の入力が必要な支払い方法(Amazon PayやPaidyなど)は選択できません。

お届け日に関する注意事項

「設定 > 購入/フォーム > 共通フォーム設定(定期商品購入時)」のお届けサイクルの指定(許可する・許可しない)にかかわらず、商品の基本設定の他「日付で指定」「間隔で指定」「曜日で指定」を選択できます (お問い合わせや電話注文などから管理画面上で受注を作成するため)。

配送サイクルの設定

追加した定期商品に設定している配送サイクルの基本設定がデフォルトで表示されます。
定期商品を「複数」追加した場合は、配送サイクルの選択が必要です。
(「同じ配送サイクル」の商品を複数追加する際も同様に配送サイクルの選択が必要です。)
異なる配送サイクルの定期商品を複数追加しての購入した定期受注は、受注の配送サイクルの固定が「有効」です。

備考に関する注意事項

作成した受注に備考を設定できます。
「定期受注情報にも反映する」にチェックを入れて受注を作成すると、定期受注備考受注備考に内容が反映されます。

「このアドレスにメールを送信しない」について

チェックを入れて受注を作成した場合、チェックを入れずに受注を作成した場合のメール送信は、以下のようになります。

  • チェックを入れて受注を作成した場合
    注文確認メールを含めた全てのメールを送りません。
    「この注文の確認メールを送信する」にチェックが入っている場合でもメールは送りません。
  • チェックを入れずに受注を作成した場合
    注文確認メールを含めた全てのメールが送信されます。
    「この注文の確認メールを送信する」にチェックが入っていない場合はメールは送りません。
「この注文の確認メールを送信する」について

チェックを入れて受注を作成した場合、チェックを入れずに受注を作成した場合のメール送信は、以下のようになります。

  • チェックを入れて受注を作成した場合
    注文確認メールが送信されます。
  • チェックを入れずに受注を作成した場合
    この注文に限り注文確認メールは送りません。

定期2回目以降の受注作成時における注文確認メールの送信

該当受注が定期受注の場合、定期2回目以降の受注作成時における注文確認メールの送信は、以下の設定値に従います。
「設定 > メール/通知 > メール/通知の設定(システム/スタッフによる受注作成時の設定)」の「自動受注作成時のメール送信 / 手動受注作成時のメール送信」

受注作成時の商品

受注作成で作成する受注は、すべて初回注文になります。
単品商品の場合は商品の基本設定、定期商品の場合は商品の定期詳細設定を読み込み、1回目の商品の販売価格が反映されます。

購入可能な商品個数

購入できる商品の個数は商品管理で設定した「注文毎の購入制限数」の上限、下限の範囲内での購入になります。
「注文毎の購入制限数」が設定されていない場合は、下限は1個、上限は10個となります。

媒体情報の入力

「設定 > 受注/定期受注 > 媒体管理」で設定した媒体を選択します。
「受注作成デフォルト:ON」に設定されている媒体が存在する場合、媒体欄にデフォルトと表示されます。
※「受注作成デフォルト」を設定していない場合は下図のとおり「選択してください」と表示されます。

__________2021-07-21_15.48.51.png 

受注ラベルの入力

作成する受注に対して、受注ラベルを任意で設定できます。
受注ラベルは「設定 > ラベル管理 > 受注ラベルの管理」で作成可能です。
__________2021-07-21_15.54.14.png

商品情報の入力

受注作成画面で購入する商品を「商品情報の入力」より選択します。
下図赤枠部の「商品を追加する」をクリックします。

__________2021-07-26_15.11.20.png

下図のとおり「商品追加」モーダルウインドウ(ポップアップ)が表示されたら、購入する商品の検索を行い、購入数を設定後「追加する」をクリックします。

__________2021-07-26_15.14.13.png

商品情報の削除

追加した商品情報を削除する場合は「削除」ボタンを選択することで、削除されます。

__________2021-07-26_15.18.32.png

顧客情報の入力

顧客の情報を入力します。

  1. 「顧客ステータス」では、顧客のステータスを「ビジター」「ゲスト」「仮会員」「会員」の中から設定します。
    ※各ステータスは【顧客管理】基本情報を参照ください。
  2. 「顧客タイプ」では「設定 > 顧客/会員 > 顧客タイプ管理 で設定した顧客タイプ名を選択できます。
    ※受注作成画面にて購入した顧客のタイプは、顧客タイプ管理で「受注作成デフォルト:ON」に設定されている顧客タイプ名がデフォルトで自動表示されます。
  3. 「顧客ラベル」を任意で設定できます。
    ※設定可能なラベルの作成・編集方法はラベル管理を参照ください。

__________2021-07-26_15.29.09.png

クーポンコード(任意)

受注作成画面で購入する商品に対して、クーポンコードを使用できます。
※クーポンコードの作成・編集方法はクーポン管理を参照ください。
※受注作成フォームにおけるクーポンコード項目の表示・非表示は「設定 > 購入/フォーム > 受注作成購入フォーム設定」で設定可能です。

__________2021-07-26_15.36.54.png

確認画面へすすむ

商品購入に必要な各種項目の入力後「確認画面へすすむ」をクリックします。

__________2021-07-26_15.38.36.png

Caution!!

  • 「会員」もしくは「仮会員」ステータスの顧客が使用しているメールアドレスは新規注文時に使用できません(二重登録を防ぐため)。
  • 「ビジター」もしくは「ゲスト」ステータスの顧客が使用しているメールアドレスを使用して新規注文を行った場合、注文時のすべての顧客情報が既存顧客に上書きされます。
    ※既存顧客に上書き後、同メールアドレスでは以後「ビジター」もしくは「ゲスト」ステータスで購入できません。

確認画面

確認画面が表示されます。
注文内容を確認の上、画面下部の「ご注文完了へ」をクリックします。

注文完了画面

注文完了画面が表示されます。
作成された受注は受注管理で確認できます。

__________2021-07-26_15.55.49.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

この記事の目次

このセクションの記事

受注作成