トラブルシューティング

[まとめ]サーバーエラーが表示される(404,413,414,500,502エラー)

ecforceをご利用の際に、サーバエラーが発生した場合のよくある原因についてご紹介します。
なお、本記事に掲載されている内容がすべてのエラー原因ではありません。
原因がわからない場合は、カスタマーサポートへお問い合わせください。

エラーメッセージ一覧

エラーメッセージ 考えられる原因

404 not found

URLに誤りがある
ecforce管理画面内の設定によるもの

413 Request Entity Too Large

一度に大量の検索条件を設定して検索を行った

414 Request-URI Too Large

一度に大量の検索条件を設定して検索を行った

500(Internal Server Error)

文字数制限を超えている
使用できない文字が含まれている
Liquidの構文に誤りがある

502 Bad Gateway

アクセスが集中している

404エラー(not found)となる原因

URLに誤りがある

入力されたURLに誤りがある可能性があります。
URLを確認し、正しいURLを入力してアクセスしてください。

商品のステータスが「非表示」になっている

「商品管理 > 商品管理 > 編集(基本設定)」で「ステータス:非表示」となっている状態で商品詳細ページ(https://契約ドメイン/shop/商品コード)にアクセスしている可能性があります。
商品のステータスを「表示」または「非表示(商品詳細ページアクセス可)」変更したうえで再度アクセスしてください。

ドメイントップでエラーになる場合

以下の設定が行われている場合、ドメイントップ(https://契約ドメイン/)にアクセスした際に「404エラー(not found)」になります。

  • 「設定 > 購入/フォーム > 購入の設定」画面で「ルートパスアクセス先の変更:LP」に設定されている
  • 広告URLのデフォルト設定が以下いずれかの場合
    • デフォルトの広告URLが未設定である
    • デフォルトの広告URLが無効になっている

[参考]ドメイントップをブランドサイト(ショップページ)に設定する場合

ドメイントップを任意のLPではなく、ショップページにしたい場合は「設定 > 購入/フォーム > 購入の設定」画面で「ルートパスアクセス先の変更:ショップ」に設定します。

デフォルトの広告URLが未設定の場合

ショップが管理する広告URLのうち、1URLのみデフォルト設定が可能です。
デフォルトの広告URLは「マーケティング管理 > 広告管理 > 広告 URL 管理」画面の検索条件を「デフォルト:ON」にして検索すると表示されます。

__________2021-06-04_13.03.58.png
デフォルトの広告URLが設定されていない場合、検索結果は0件と表示されるため、必要に応じて適切な広告URLをデフォルトに設定ください。

デフォルトの広告URLが無効の場合

デフォルトの広告URLが無効(削除含む)の場合は、アクセス時に「404エラー」が表示されます。
「マーケティング管理 > 広告管理 > 広告 URL 管理」画面の検索条件を以下に設定の上、検索ください。

削除 含む
デフォルト ON

表示された広告URLのステータスや削除有無を確認の上、必要に応じてステータスやデフォルトの広告URLの変更を行います。

無効なLP(削除済み/URL誤り/ステータスが無効な広告URL)にアクセスしている

「設定 > 購入/フォーム > 購入の設定」画面の「無効な LP へのアクセス」の設定が「404 ページを表示する」に設定されている場合は、無効な広告URL(削除含む)にアクセスした場合に「404エラー」が表示されます。

__________2021-06-04_13.26.54.png

関連記事
無効なLPにアクセスした場合の表示先
無効なLPにアクセスした際の遷移先をショップページにする方法

414 Request-URI Too Large、413 Request Entity Too Largeとなる原因

受注番号やメールアドレス、顧客番号など、一度に大量の検索条件を設定して検索を行った場合に「414 Request-URI Too Large」エラーや「413 Request Entity Too Large」エラーが発生し、正常に検索が行えない場合があります。

このエラーは「設定 > 一般設定 > 管理画面の設定」で「検索URLの短縮:有効」に設定することで解消できます。
__________2021-06-24_15.41.56.png

500エラー(Internal Server Error)となる原因

文字数制限を超えている

メールテンプレートやLPテンプレートなどを新規作成・更新する際、以下に該当する場合はサーバーエラー(500エラー)が発生し、保存できません。

  • 本文の記述上限(半角で65,535文字)を超えている
  • 件名の記述上限(半角で65,535文字)を超えている

該当箇所の削除や文字数を減らすなどの対処のうえ、保存してください。

関連記事
メールテンプレート管理
LPテンプレート管理

使用できない文字が利用されている

ecforceではすべての管理画面・機能において、絵文字や特殊な文字コードを設定している場合は、サーバーエラー(500エラー)が発生する場合があります。
該当箇所を削除うえ、保存してください。

関連記事
メールテンプレート管理
LPテンプレート管理
FAQ
利用ガイド
ニュース管理

Liquidの構文に誤りがある

メールテンプレートやLPテンプレートなどを新規作成・更新する際、Liquidを記述しており、その構文に誤りがある状態で保存すると500エラーになります。
構文を修正し、保存してください。
※Liquidの構文の確認などは弊社のサポート対象外です。すべての対応をショップにて実施いただきますので、エンジニア又はコーダーなど知見者による対応を推奨します。

502 エラー(Bad Gateway)となる原因

アクセスが集中している

LPやショップページなどにアクセスが集中している場合に「502エラー」などが発生する場合があります。カスタマーサポートまでお問い合わせください。
なお、広告などの施策により、一時的にLPやショップページへのアクセス増加が予想される場合は、必要に応じて、容量に余裕を持たせるためサーバのスペック増強の対応を行います。
詳しくは「サーバスペックを増強したい」をご確認ください。
※実施日の5営業日前までにお申し込みが必要です。

その他原因が不明な場合

以下リンクより、発生画面やエラーコードを添えてカスタマーサポートへお問い合わせください。

この記事の目次

このセクションの記事

トラブルシューティング