購入/フォーム

購入の設定

購入の設定でできること

ショップの販売ページ(LP・ショップページ・受注作成)上での購入に関する動作設定を行えます。

購入の設定画面

購入の設定画面は「設定 > 購入/フォーム > 購入の設定」で表示されます。

__________2021-08-03_18.11.48.png

購入の設定画面における各項目

ショップの購入に関する設定として、以下項目を確認・編集できます。

購入に関する設定

LP購入画面アクセス時の商品情報の初期化 LP購入画面にアクセスした際の商品情報の初期化有無を設定します。

初期化する LP購入画面にアクセスした際に、すでに選択していた商品情報を初期化します。
初期化しない LP購入画面にアクセスした際に、すでに選択していた商品情報を初期化しません。
※「初期化する」に設定した場合、GETリクエストにSKU ID(variant_id)を指定を指定していた場合でも、本機能が優先されて商品情報が初期化されます。
初期化有無による設定の具体例は「LP購入画面アクセス時の商品情報の初期化の具体例」をご確認ください。
無効な LP へのアクセス 無効なLPにアクセスした場合の表示を設定します。
※無効なLPとは、削除を含むecforce上に存在しない広告URL、または「ステータス:無効」な広告URLです。
※デフォルトLPが「ステータス:無効」の場合は本設定を「デフォルト LP を表示する」にした場合でも、下記の通り「404 ページ」が表示されます。

無効なLPへのアクセス デフォルトLPのステータス アクセス時の遷移先
デフォルト LP を表示する 有効 デフォルトLP
デフォルト LP を表示する 無効 404ページ
404 ページを表示する 有効 404ページ
404 ページを表示する 無効 404ページ
カート有効時間(分) カート内に商品内容を保持する有効時間(分)を設定します。
商品をカードに追加した時点からカウントが始まり、設定時間を超過した場合は、カート内の商品をクリアします。
※0に設定した場合、有効時間は無制限になります。
確認ページ有効時間(秒)  確認(アップセル)ページの表示時間(秒)を設定します。
確認(アップセル)ページ表示後、設定時間を超過してからページをリロードした場合、購入ページにリダイレクトします。
※「無制限」に設定した場合は、表示時間に制限はありません。
サンクスオファー有効時間(秒) サンクスオファーページの表示時間(秒)を設定します。
サンクスオファーページが表示された時点からカウントが始まり、設定時間を超過した場合は、購入ページにリダイレクトします。
※受注生成のタイミングはサンクスオファー有効時間に影響を受けます。詳しくは「サンクスオファー有効時間による受注生成タイミング」をご確認ください。
サンクスページ有効時間(秒) サンクスページへのアクセス可能時間を設定します(デフォルト設定:60秒)。
※アクセス可能時間は「1〜31536000(1年)」で設定可能です。
  • 設定時間内に再度サンクスページにアクセスした場合、設置タグは重複発火します。
  • 設定時間経過後はサンクスページにはアクセスできず、購入元のLP画面(トップ)にリダイレクトします(設置タグは重複発火しません)。
購入時のメール送信 サンクスオファー画面遷移時の自動受注受付メールの送信有無を設定します。「リンク:設定する」をクリックすると「設定 > メール/通知 > メール/通知の設定」画面に遷移します。
※本設定は、サンクスオファー有効時のみ考慮されます。
購入後にログイン状態にする LPまたはショップにて商品購入後に、自動で顧客をマイページ(https://ドメイン/shop/customer)にログインさせるか設定します。
※マイページのログイン状態は14日間保持されますが、期間内に顧客がCookieを削除した場合はマイページからログアウトします。

ログイン状態にする LPまたはショップにて商品購入後、顧客はマイページにログインした状態になります。
ログイン状態の場合、以降は同じメールアドレスを利用して商品を購入できます。
ログイン状態にしない LPまたはショップにて商品購入後、顧客はマイページにログインした状態になりません。
未ログイン状態の場合、同じメールアドレスを利用して商品を購入することができません。
以下は本機能対象外です。
  • ecforce管理画面「受注管理 > 受注作成」にて商品購入した場合
  • ショップにて顧客が会員登録を行わずに商品購入した場合
購入不可設定(個別) 「商品管理 > 商品管理 > 該当商品」の基本設定(詳細設定内)画面の「購入不可設定(個別)」を設定します。

同時 購入不可対象に過去分は含まず、商品の同時購入のみを防ぎます。
同時 + 過去分 購入不可対象に過去分を含み、顧客が「生涯購入できない商品(の組み合わせ)」として設定します。
同時 + 過去分(初回受注のみ) 「同時 + 過去分」の購入不可設定を、初回購入の受注にのみ適用し防ぎます。
※「同時 + 過去分」が設定されている場合、すでに互いの商品が購入されていた定期が存在する際は、対象の定期の自動受注作成は行われません。
※「同時 + 過去分(初回受注のみ)」が設定されている場合、すでに互いの商品が購入されていた定期が存在しても、対象の定期の自動受注作成は行われます。
同じ商品を複数購入時の同梱物設定 同梱物設定が行われている商品を複数購入した場合に、購入個数に応じた商品に紐づく同梱物の加算有無を設定します。
※同一の同梱物が紐づけられた異なる商品(SKU)を購入した場合、本設定は考慮されず、それぞれの同梱物が加算されます。

加算しない 同梱物設定が行われている商品を複数購入した場合、購入対象となるのは1商品分の同梱物です。
加算する 同梱物設定が行われている商品を複数購入した場合、購入個数に応じた商品に紐づく同梱物が加算されます。
本設定の具体例は「同じ商品を複数購入時の同梱物設定の具体例」をご確認ください。
ルートパスアクセス先の変更 ルートパスアクセス時の表示先をショップまたはLPより設定します。

各項目の補足事項

LP購入画面アクセス時の商品情報の初期化の具体例

初期化した場合の例

LPフォームの「商品名」プルダウンに商品A・商品B・商品Cの順で商品が表示されています。
顧客がLPフォームで商品Bを選択し、確認画面へ遷移後、再度LPフォームへ戻った場合、商品Aが選択された状態(商品Bは選択が解除された状態)になります。

初期化しない場合の例

LPフォームの「商品名」プルダウンに商品A・商品B・商品Cの順で商品が表示されています。
顧客がLPフォームで商品Bを選択し、確認画面へ遷移後、再度LPフォームへ戻った場合、商品Bが選択された状態になります。

サンクスオファー有効時間による受注生成タイミング

受注生成のタイミングは「サンクスオファー有効時間(秒)」に設定した値に影響を受けます。

サンクスオファー商品 受注生成のタイミング
購入した場合 購入後10分以内
購入しなかった場合 サンクスオファー有効時間(秒)+ 10分以内

商品購入のタイミングや有効時間の設定時間により、受注生成日は商品購入日とずれが生じる可能性があります。

サンクスオファー有効時間を3600秒(1時間)に設定、4月1日 23:30に商品を購入した場合

サンクスオファー商品を購入しなかった場合、通常受注は約1時間遅れで生成されるため、受注作成時間の目安は4月2日 00:40頃になります。
※「設定 > メール/通知 > メール/通知の設定」画面で「受注確定時のメール送信:送信する(推奨)」に設定している場合、該当メールの送信も約1時間遅れになります。

同じ商品を複数購入時の同梱物設定の具体例

(例)同梱物:商品Bが1個紐づけられている商品Aを3個購入した場合

加算しない:商品Aが3個、同梱物:商品Bが1個になります。

加算する:商品Aが3個、同梱物:商品Bが3個になります。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

この記事の目次

このセクションの記事

購入/フォーム