その他

[オプション] カゴ落ちメール機能

カゴ落ちメール機能とは

購入まで至らずに離脱したユーザーに、リマインドメールを自動配信することができる機能です。

本機能はオプション機能となります。 本機能をご利用いただく際は、以下オプション申し込みフォームからお申し込みください。

>> オプション申し込み

顧客ステータス別カゴ落ちタイミング

  LP SHOP
会員 確認画面まで遷移時 カートへ商品追加時
会員以外 確認画面まで遷移時

Caution!!

確認画面スキップが有効の場合でも、決済オーソリに失敗し購入画面にリダイレクトすると、カゴ落ち状態の受注が生成されますので、留意ください。

確認画面離脱設定

カゴ落ちメールの設定は 設定 > カゴ落ちメール >  確認画面離脱設定から行うことができます。

スクリーンショット 2024-03-31 15.37.07.png

確認画面離脱設定における各項目

カゴ落ちメールの設定として、以下項目を設定できます。

カゴ落ちメール自動配信機能 カゴ落ちメール自動配信機能を利用するかを設定できます。
有効 メールが自動送信されます。
無効 メールは自動配信されません。
メールテンプレート 自動配信時に使用するメールテンプレートを設定できます。
※カゴ落ちメールカテゴリのメールテンプレートのみ表示されます。
メール配信対象 カゴ落ちメールを送信する対象者を設定できます。
全てのカゴ落ちユーザー 全てのカゴ落ちユーザーを対象にします。
メールマガジン購読者 「メールマガジン受け取り:受け取る」となっているユーザーを対象にします。
メール配信タイミング カゴ落ちメールを送信するタイミングを1時間〜24時間から1時間間隔で設定できます。

Caution!!

・設定 > 購入/フォーム > 購入の設定 にあるカート有効時間(分)の設定時間はメール配信タイミングより長く設定してください。

カート有効時間(分)が「無制限」の場合、前回のカゴ落ちメール配信から 3 日以上経過後に再度対象のカートに遷移すると再度カゴ落ちメールの配信対象となります。
・機能有効化後、メール配信タイミングを複数回変更すると一部ユーザーにメールが送られない可能性がありますので留意してください。

カゴ落ちメールのテンプレート

機能を有効化すると、設定 > メール設定 > メールテンプレート管理 のカゴ落ちメールのテンプレート(ID: 140001)が追加されます。
また、カテゴリにカゴ落ちメールが追加されます。
カゴ落ちメールのカテゴリを持つメールテンプレートは、顧客管理 > メール一括通知 で選択できるため、手動送信でカゴ落ちメール配信することも可能です。

カゴ落ち状態の検索

カゴ落ち状態の受注を持つ顧客は 顧客管理 で検索することができます。
機能を有効化すると、顧客管理の検索に「カゴ落ち状態」の検索条件が表示されます。
※ 顧客管理の検索条件「顧客ステータス」では、ビジターが初期表示時、選択されていませんので注意してください。

カゴ落ち状態 カゴ落ち状態の受注を持つ顧客を検索できます。
カゴ落ちあり(日付指定なし) カゴ落ち状態の全てのユーザーを検索します。
カゴ落ちあり(日付指定あり) 指定した期間におけるカゴ落ち状態の全てのユーザーを検索します。
※設定 > 購入/フォーム > 購入の設定 にあるカート有効時間(分)が「0」に設定されている時のみ日付指定が可能です。

機能を有効化すると、検索結果一覧に表示する項目にカゴ落ち関連の項目が追加されるので、一覧画面の歯車アイコンより、項目の追加を行うことで表示することができます。

__________2022-09-25_7.23.31.png

カゴ落ち状態 カゴ落ちしている場合は「あり」と表示されます。
カゴ落ちしていない場合は空白です。
カゴ落ち日時 カゴ落ちしている場合は日時がYYYY/MM/DDの形式で表示されます。
カゴ落ちしていない場合は空白です。
カゴ落ち金額 カゴ落ちしている場合はカゴ落ち受注の合計金額が表示されます。
カゴ落ちしていない場合は空白です。

カゴ落ちメール

機能を有効化することで利用可能になるURLを押下すると、カゴ落ちしている商品がカートに入った状態でカート画面に遷移します。
※LPでカゴ落ちした場合、LPの購入フォームに遷移します。
スクリーンショット 2022-09-28 18.47.23.png

__________2022-09-25_7.46.52.png

カゴ落ちリカバリーの検索

カゴ落ちメールのURLから商品を購入すると、カゴ落ちリカバリーの状態となります。
機能を有効化すると、受注管理の検索に「カゴ落ちリカバリー」の検索条件が表示されます。

カゴ落ちリカバリー カゴ落ちメールのURLから商品を購入した受注を検索できます。
あり カゴ落ちリカバリーをした全ての受注を検索します。
なし カゴ落ちリカバリーをした全ての受注を除いた受注を検索します。

機能を有効化すると、検索結果一覧に表示する項目にカゴ落ちリカバリーの項目が追加されるので、一覧画面の歯車アイコンより、項目の追加を行うことで表示することができます。

スクリーンショット 2022-11-08 13.45.50.png

カゴ落ちリカバリー カゴ落ちリカバリーしている場合は「あり」と表示されます。
カゴ落ちリカバリーではない場合は空白です。

確認画面離脱集計

期間を設定することで、集計が表示されます。

スクリーンショット 2024-04-03 23.11.26.png

入力画面離脱設定

購入フォームで離脱したユーザーに対して、メール、またはSMSを送信することができる機能です。

入力画面離脱設定における各項目

入力画面離脱設定として、以下項目を設定できます。

スクリーンショット 2024-03-31 16.06.44.png

入力確認メール自動配信機能 入力確認メール自動配信機能を利用するかを設定できます。
有効 SMS、またはメールが自動送信されます。
無効 SMS、またはメールは自動配信されません。
※ご利用の際は本設定を有効にすることに加えて広告URL管理の「カゴ落ちメール入力画面離脱設定」の設定を「有効」にする必要があります。
メールテンプレート 自動配信時に使用するメールテンプレートを設定できます。
※カゴ落ちリマーケティングメールカテゴリのメールテンプレートのみ表示されます。
メール配信タイミング 入力確認メールを送信するタイミングを1時間〜24時間から1時間間隔で設定できます。

入力確認メールが配信される条件は以下となります。

  • 広告URL管理の「カゴ落ちメール入力画面離脱設定」の設定が「有効」の広告URLにアクセス
  • ecforceにログインしていない
  • 電話番号、およびメールアドレスを入力し、離脱する

Caution!!

入力画面離脱に関してSMSを送信するには、 SMS 会員認証 (オプション)をご利用いただく必要がございます。
SMS送信を行う場合、送信が可能になった状態でご利用ください。
入力画面離脱に関してのメール、SMSの送信はLPフォームでの入力のみが対象となります。

入力確認メールのテンプレート

機能を有効化すると、設定 > メール設定 > メールテンプレート管理 のカゴ落ちメールのテンプレート(ID: 140002)が追加されます。
また、カテゴリにカゴ落ちリマーケティングメールが追加されます。

カゴ落ちリマーケティングメール

送信されたメール、またはSMSの本文内に、機能を有効化することで利用可能になるURLを設置し押下すると、カゴ落ちしている商品がカートに入った状態でカート画面に遷移します。
※LPでカゴ落ちした場合、LPの購入フォームに遷移します。

入力画面離脱集計

期間を設定することで、集計が表示されます。

スクリーンショット 2024-04-10 13.40.44.png

入力画面離脱設定機能 ご利用上の法的な留意事項

入力画面離脱設定機能を使用すると、商品等のご購入を完了していないエンドユーザー(顧客消費者)、確認画面に遷移していないエンドユーザーに対してSMSを送信することができます。

入力画面離脱設定をご利用いただく場合には、以下の点にご留意のうえ、適切に運用いただく必要があります。詳細については、関係法令ならびにガイドライン等をご確認いただき、専門家等にご相談ください。

商品等の購入をフォローするようなSMSを送る場合、電子メール広告を送ることについて事前に同意を取得するなど、以下に記載する法令及びこれに付随する施行規則やガイドライン等に定められた一定の措置を講じる必要があります。

  1. 特定商取引に関する法律(昭和51年法律第57号。以下「特商法」といいます。)
  2. 特定電子メールの送信の適正化等に関する法律(平成14年法律第26号。以下「特定電子メール法」といいます。)

この記事の目次

このセクションの記事

その他