Q&A

未成年者の購入制限設定を行った場合、すでに未成年者が購入済みの定期受注の自動受注作成は行われますか?

購入制限の対象外

すでに該当の定期商品を未成年者が購入している場合は、今後も引き続き自動受注作成の対象となります。
※手動受注作成の実施も可能です。

該当商品を新規に購入する場合は、未成年者の購入制限設定により、未成年者が該当商品を購入することはできません。
※「受注管理 > 受注作成」の購入フローの場合は該当商品を購入できないようにするバリデーションが表示されないため、未成年者の購入が可能です。電話注文の場合などは、ショップにてご注意ください。

未成年者の購入制限設定方法

未成年者に商品を購入させないようにするためには、以下4点の設定を行う必要があります。

  1. 「商品管理 > 商品管理 > 該当の商品」の「タブ:基本設定(購入制限)」画面にて「未成年者の購入制限:有効」に設定
    __________2021-06-16_14.24.30.png
  2. 本機能は2022年05月10日以降のリリースより、ショップ様ごとに順次ご利用できるようになります。
    ※具体的なリリース日においてはショップ様により異なります。
    「未成年者の購入制限:有効」に設定したときに表示される「未成年者の設定」を「18」または「20」に設定
    __________2022-04-22_12.36.18.png
  3. 「ショップ管理 > 基本情報設定 > 購入フォーム設定 > LP/ショップ(表示項目)」画面にて「生年月日:表示」
  4. 「ショップ管理 > 基本情報設定 > 購入フォーム設定 > LP/ショップ」画面にて「生年月日の必須:ON」

上記設定により、購入時に入力する「生年月日」が未成年者にあたる場合、バリデーションを表示させて該当の商品を購入できないようにすることが可能です。
(例:LPで生年月日を入力後に未成年と判断された場合は商品の購入確認画面へ遷移できません。)

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

この記事の目次

このセクションの記事

Q&A