ソケット通信管理

ソケット通信機能 設定

設定をはじめる前に

パラメータとは

LP(広告URL)・ショップページへ外部(ここではアフィリエイトシステムなど)から渡される値のことをパラメータといいます。
パラメータは「パラメータ名」と「値」の対で構成され、Webサーバへパラメータを送信する際は

  • パラメータの開始は「?」
  • パラメータとパラメータの間の区切り文字は「&」
  • 対になるパラメータ名と値は「=」でつなぎ、パラメータ名が左、値が右

という決まりがあります。

ソケット通信の設定時には「パラメータ」について理解が必要です。

設定前の確認事項

アフィリエイトシステムなどからLPに遷移する際に渡されるパラメータと成果情報の送信について確認します。
たとえば、アフィリエイトシステムの仕様を以下で示されているという場合について説明します。

受取例(LP / ショップページへ渡される情報)

  https://xxxxx.com/xxxx?_xuid=****&siteid=サイトID
  https://xxxxx.com/xxxx : アフィリエイトシステムから遷移するURL (=ecforce 上のURLを指しています)
  _xuid : セッションID siteid: メディアサイトID (任意)

成果通知例

https://adserver.com/ad/p/cv?
_buyer={buyer}&_xuid={xuid}&_price={price}&key={val1}

buyer : 広告主固有ID
xuid : セッションID。アフィリエイトシステムより渡された値
price : 購入金額
key : 成果照合のために利用する値

上記の場合、以下を確認・アフィリエイトシステムと調整のうえ、設定を実施します。

  • アフィリエイトシステムから動的に受け取る値は何か(_xuid
  • アフィリエイトシステムから任意項目(siteid)を受け取るのか
  • buyer の値の指示を受けたか(例:1234)
  • 成果通知する値は何か?  セッションID(_xuid)の他に通知する値はあるか?

ソケット通信の設定

ソケット通信管理画面での設定

LPでの設定か、/shop 配下の設定かにより、設定画面(メニュー)が異なります。

  • LP(広告URL)でのソケット通信設定
    • マーケティング管理 > 広告管理 > ソケット通信管理
  • ショップページ (/shop)でのソケット通信設定
    • ショップ管理 > 各種設定 > ソケット通信管理

ソケット通信設定を新規作成する場合は「新規作成」をクリックします。
登録済みのソケット通信設定を編集する場合は「編集」をクリックします。
※「操作:編集」が表示されていない設定はシステムが利用している設定のため、閲覧・変更できません。

  • 名前 (必須)
    • 任意の名称
  • 通知先URL (必須)
    • アフィリエイトシステムが指定する成果通知先URL
    • 通知ごとに変わる値(変数)は「ソケット通信:資料」ページを参照して記述します
      (アフィリエイトシステムが示す通知先URLをそのまま記述せず、適宜読み替える必要があります)。
      (例)http://adserver.com/ad/p/cv?_buyer=1234&_xuid={_xuid}&key={order_number}
  • 通知方式 (必須)
    • 成果通知する際の方式。GET もしくは POST。アフィリエイトシステムが指定します。
  • 入力パラメータ1
    • アフィリエイトシステムから受け取るパラメータ名。成果通知に必要のないパラメータは設定不要です。
      例:_xuid
       :
  • 入力パラメータ10

通知先URLに利用可能な ecforce のパラメータ一覧

(LP用)広告URL管理での設定

ソケット通信による成果通知をする広告URLに対して、有効にするソケット通信設定は「マーケティング管理 > 広告管理 > 広告 URL 管理 > 該当広告URL」の「タブ:基本設定」画面で行います。

  • セッション期限(日)
    • ソケット通信のセッション保持期限(日)を設定します。
    • 「0」に設定した場合、セッション保持期限は無制限です。
  • ソケット通信
    • ソケット通信管理で登録したソケット通信を設定します。
    • 選択をしていない場合、ソケット通信による成果通知はされません。
  • カスタムURLパラメータ設定
    • 広告URLごとに対象のパラメータ値を変えたい場合に設定を行います。
      (例)広告URLA では 1234 , 広告URLB では 789 を成果通知したい場合は、以下設定のうえ、ソケット通信設定の成果通知URLの変数に {custom} を記述すると、広告URLAの通知では 1234 , 広告URLBの通知では 789 と展開されます。
      • 広告URLA,B のパラメータ名:custom (任意)
      • 広告URLA の値:1234 , 広告URLB の値:789

(ショップページ用)ソケット通信管理での追加設定 

ショップページではセッション期限・利用するソケット通信設定はすべて共通です。
入力ページごとに設定できません。

  • セッション期限(日)
    • ソケット通信のセッション保持期限(日)を設定します。
    • 「0」に設定した場合、セッション保持期限は無制限です。
  • ソケット通信設定のステータス
    • 有効 / 無効
    • 有効化されたソケット通信設定は通知要件に合致した購入があれば、すべてて成果通知の対象です。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

この記事の目次

このセクションの記事

ソケット通信管理