外部連携アカウント

LINE ID 連携

管理画面にメニューが表示されていない場合、アプリ管理よりインストールが必要です。

LINE ID連携でできること

ecforceでは、LINEアカウントと連携したLINEログイン機能を利用できます。
LINEログイン機能を利用した顧客は、LINEアカウントへの友だち追加やLINE ID(lineid)でのログイン(次回ログイン時)が行えます。

LINEログイン機能の利用方法

LINEログイン機能の利用には「LINE Developersコンソール」とecforce管理画面で設定が必要です。
各設定方法は以下をご確認ください。

Caution!!

本記事内の「LINE Developersコンソールの設定」は参考でのご案内です。
ご案内内容や画面構成などは、予告なしに変更される場合があります。
LINEに関する不明点やご質問は直接LINEへお問い合わせください。

[参考]LINE Developersコンソールの設定方法

本設定にはLINEアカウントが必要です

LINEアカウントをお持ちでない場合はLINEをダウンロードの上、LINEアカウントを作成ください。

1.「LINE Developersコンソール」へログイン

LINE Developersコンソール ログイン画面(外部サイト)」をクリックして「LINE Developersコンソール」へログインします。
※ご利用中のアカウントに基づき、LINEアカウントもしくはビジネスアカウントでログインください。

2.開発者アカウントの作成

「LINE Developersコンソール」に初めてログインする場合は、開発者情報の入力画面で「開発者名」と「メールアドレス」を入力し、LINE Developersコンソールの開発者アカウントを作成します。
※初回ログイン時に開発者アカウントの作成を行います。

line_developers_console_1.png

3.新規プロバイダー作成

Caution!!

既に公式アカウントなどお持ちの方は新しくプロバイダーを作成する必要はございません。
公式アカウントのアカウントでログイン後、「4.チャネル作成」に進んでください。

LINE Developersコンソールで「新規プロバイダー作成」をクリックし、プロバイダーを作成します。
※プロバイダーは、LINEプラットフォームを通じてサービスを提供する個人、企業、またはそのほかの組織を意味する情報です。
※言語の切り替えは画面右下にて実施ください。

line_developers_console_new_provider.png

4.チャネル作成

3.新規プロバイダー作成」で作成したプロバイダーでチャネルを作成します。
※チャネルは、LINEプラットフォームが提供する機能をプロバイダーが開発するサービスで利用するための通信路です。
チャネルの種類は「LINEログイン」を選択し、必要情報を入力します。

line_developers_create_channel_1.png

アプリタイプは「ネイティブアプリ」と「ウェブアプリ」の双方を選択します。

line_developers_create_channel_2.png

おしらせ

チャネルを作成すると、チャネルを区別するための識別子「チャネルID」とチャネルへのアクセスを許可したことを示す秘密鍵の「チャネルシークレット」が発行されます。

5.「メールアドレス取得権限」の申請

4.チャネル作成」で作成したチャネルの「チャネル基本設定」画面で「メールアドレス取得権限」を申請します。

Caution!!

LINE IDを使用し新規会員登録を行う場合に、本申請を行っていない場合はLINEアカウントのメールアドレスを自動的に呼び出せません。

「メールアドレス取得権限」の申請を行う場合は申請条件に同意の上、メールアドレスの取得と利用について顧客(ユーザ)に提示する文面のスクリーンショットをアップロードする必要があります。
未公開のショップについては「設定 > 外部連携アカウント管理」の「LINE ID 」画面で「LINE ID連携を利用する:有効」に設定を一時的に変更し、以下よりスクリーンショットを撮影する画面を表示します。

https://ドメイン/shop/customers/sign_in

スクリーンショットの撮影後には「LINE ID連携を利用する:無効」へ設定を戻してください。

公開済みショップの場合

すでに公開されているショップの場合は、テスト用LPを作成のうえ、個別に「LINE ID連携ボタン」を「有効」に設定し、下図の対象箇所をスクリーンショットしてください。
個別設定は「マーケティング管理 > 広告管理 > 広告 URL 管理 > テスト用LP」の「タブ:LP フォーム個別設定」より行います。

対象スクリーンショット箇所

※申請が受理されると「メールアドレス取得権限:申請済み」と表示されます。

6.「コールバックURL」の設定

4.チャネル作成」で作成したチャネルの「LINEログイン設定」画面で「コールバックURL」を設定します。

コールバックURL

https://ショップドメイン/line/authorize
※「ショップドメイン」にはecforceでご契約中のドメインを入力します。

7.チャネルを公開する

LINEログインを利用するために「非公開」を「公開(Public)」に変更します。

content_スクリーンショット_2021-02-26_16.35.44.png

Caution!!

ecforceとの連携を行う場合は、友だち追加をLINE側で行う必要があります。
LINE ID連携後に友だち追加画面を表示するためには、上記までの設定に加え、LINE Developers側で以下の設定が必要です。
以下の設定の詳細はLINE社にお問い合わせくださいませ。
LINEログインしたときにLINE公式アカウントを友だち追加する(ボットリンク)

  • LINEログイン用APIとは別に、友だち追加用に「Messaging API」を作成する
  • そのうえで「LINE Developersコンソール」のチャネル基本設定内、「リンクされたボット」で「basicid」を設定する

ecforceの設定方法

1.外部連携アカウント管理

「設定 > 外部連携サービスアカウント管理」の「LINE ID」画面で以下項目を設定します。 

LINE ID 連携情報

チャンネルID LINE Developersコンソールの「チャネル基本設定」画面に表示される「チャネルID」を入力します。
プロバイダーから、作成したチャンネルを選択すると確認できます。
https://developers.line.biz/console/channel/(任意に振られる番号)
チャンネルシークレットキー LINE Developersコンソールの「チャネル基本設定」画面に表示される「チャネルシークレット」を入力します。
プロバイダーから、作成したチャンネルを選択すると確認できます。
https://developers.line.biz/console/channel/(任意に振られる番号)
メールアドレス取得許可 「取得済」に設定した場合、新規会員登録時にLINEログインを行うとLINEアカウントのメールアドレスを呼び出せます。
※本機能を利用するには、LINE Developersコンソールの「チャネル基本設定」画面の「メールアドレス取得権限」にて権限申請を行い「申請済み」ステータスである必要があります。
※「未取得」に設定した場合でもLINE ID 連携機能は使用可能です。
LINE ID連携を利用する 「LINE ID連携」機能の利用有無を設定します。
有効

「LINE ID連携」の対象画面」に「LINE ID連携」ボタンとポップアップ文章を表示します。

無効 「LINE ID連携」を利用しません。
ポップアップ文章 「LINE ID連携」ボタンの上部に表示される、ポップアップ文章をHTML形式で編集できます。

本項目でLINE Developersコンソールの「メールアドレス取得権限」を申請する場合に提出する「メールアドレスの取得と利用について顧客(ユーザ)に提示する文面」を作成します。

__________2021-08-31_18.38.54.png

「LINE ID連携」の対象画面

  • ショップ > 購入フォーム
  • ショップ > マイページ画面
  • ショップ > カート画面
  • ショップ > ログイン画面
  • ショップ > 注文完了画面
  • ショップ サイドメニュー
  • LP > 購入フォーム
  • LP > サンクス画面(最終)

LINE ID連携によるログイン手順

顧客がLINE IDのログイン機能を利用する場合の手順は以下のとおりです。

1.LINE ID 連携

「LINE ID連携」の対象画面」に表示された「LINEでログイン」をクリックし、LINEアカウントと顧客のアカウント連携を行います。

スクリーンショット 2023-11-05 16.23.17.png

2.LINEログイン

通常顧客が利用しているLINEのアカウント情報(メールアドレス、パスワード)を入力して、ログインを行います。

3.サービス提供許可

初回ログイン時に限り、下図のとおりサービス提供の許可画面が表示されます。
LINEアカウントとecforceアカウントを連携する場合は「許可する」を選択します。

4.友だち追加

サービス提供の許可画面にて「許可する」を選択すると、「LINE Developersコンソール」にて設定したショップのアカウントより「友だち追加」の申請画面が表示されます。

5.LINE ID 連携が完了

LINE ID 連携が完了します。

スクリーンショット 2022-09-06 20.00.22.png

LINE ID 連携時、顧客の情報によって連携の仕方が異なります。

連携した LINE ID に紐つく顧客が
ecforce に存在するか
LINE IDに登録されているメールアドレスが
ecforceに存在するか
LINE ID 連携後
存在する - LINE ID でログインします。
存在しない 存在する ecforce に存在する顧客にLINE ID を紐つけてログインします。
存在しない 存在しない LINE ID による認証が完了します。

購入完了することでLINE ID が紐つく顧客が作成されます。

ショップのログイン画面でLINE ID 連携を行った場合、会員登録画面に遷移します。
会員登録することで、LINE ID が紐つく顧客が作成されます。

LPサンクスページからLINE ID 連携を行う

操作手順

  1. LPサンクスページにて「LINEでログイン」のボタンをクリックします。
  2. 上述「2.LINEログイン」以降の手順を行い、LINE ID 連携を実施します。
    スクリーンショット 2023-11-05 16.25.54.png

リダイレクト先

LPサンクスページで「LINE ID 連携」を行った場合、アカウントの状態によってリダイレクト先が異なります。

ecforceのログイン状態 「購入後ログイン状態」設定 遷移先(連携後のリダイレクト先)
ログイン:未 ログイン状態にする マイページ(/shop/customer)
ログイン:未 ログイン状態にしない 会員登録ぺージ(/shop/customers/sign_up)
ログイン:済 ログイン状態にする マイページ(/shop/customer)
ログイン:済 ログイン状態にしない マイページ(/shop/customer)

ショップサンクスページからLINE ID 連携を行う

操作手順

  1. ショップサンクスページにて「LINE ID 連携」のボタンをクリックします。
  2. 上述「2.LINEログイン」以降の手順を行い、LINE ID 連携を実施します。

リダイレクト先

ショップサンクスページでLINE ID連携した際には、ログイン状態や設定に関わらず、ショップサンクスページに戻ります。

この記事の目次

このセクションの記事

外部連携アカウント