お知らせ

Gmail送信者ガイドライン変更に関する対応のお願い

Gmailのメール送信者のガイドラインがGoogle社により発表されました。
ポイントは以下の3点です。

  1. SPF・DKIM・DMARC の認証方式を設定する。
  2. Postmaster Tools を利用し、迷惑メール率を 0.1%未満に維持する。(迷惑メール率が決して0.3%以上にならないようにする)
  3. マーケティング目的のメールにはメール本文に登録解除のリンクを入れる。

1 については設定をしていないと2024年2月以降 Gmail宛にメールが届かなくなる、もしくは迷惑メール扱いになる可能性があります。
2,3 については未設定の場合でもすぐにメールが届かなくなるというわけではありませんが、2,3 に抵触してしまうと、1を守っていてもGmail側で迷惑メールの送信事業者と判断される可能性があります。

そのため各ショップ様にて個別に対応が必要となる場合があります。
送信メールサーバーの切り替えや、DNS設定には時間が必要となります。
余裕を持った準備をお願いいたします。

はじめに (確認事項)

ecforceシステムからのメール送信設定の確認

「設定 > メール/通知 > メールアドレスの設定」で以下の情報を確認します。

  • 基本設定の「システムメール送信元」
  • SMTP設定の「送信サーバー名」

DNS設定依頼先の確認

本対応では NS (DNSサーバー) の設定が必要です。
システムメール送信元のメールアドレスが「 support@example.com 」の場合、example.com を管理している DNSサーバーで設定します。

ご契約ドメインとシステムメール送信元のドメインが異なる場合は、必ず「システムメール送信元」のドメイン側で設定してください。

システムメール送信元のドメインを管理するDNSサーバーによって依頼先が異なります。

  DNS 依頼先 依頼方法
DNS管理をecforceで実施している場合 ns-●.awsdns-●.org.
ns-●.awsdns-●.co.uk.
ns-●.awsdns-●.com.
ns-●.awsdns-●.net.
ecforce お問い合わせフォームより設定値をご依頼ください。
DNS管理がショップ様の場合 上記以外 ショップ様 ショップ様にて設定をお願いします。

ドメインを管理しているDNSサーバーが不明な場合は、DNSレコードの設定依頼についてを参考に、ご確認ください。

DNSが AWS の値の場合のご注意

DNSの値がAWSの場合でも、ショップ様にてDNS管理を実施されている場合もございます。
詳細はショップ様のDNS管理部門にお問い合わせください。
不明な場合はお問い合わせフォームよりお問い合わせいただければ確認いたします。

現在のDKIM・SPF・DMARC 設定状況の確認

DKIMとSPF、DMARCの設定状況(正しく設定されているかも含む)は以下の方法で簡単に確認できます。(Gmailアカウントが必要です)

  1. 管理画面の「顧客管理」にてテスト用の顧客を準備します。メールアドレスは gmail.com のもの、もしくは Google Workspace 利用のドメインのもので、かつご自身でメール確認が可能なアドレスをご準備ください。
  2. 顧客管理で1.で作成したテスト顧客のメールアドレスで検索をします。
  3. 検索結果一覧で 1. で作成したテスト用顧客にチェックを入れ「メール一括通知」をクリックします。テンプレートを選択、もしくは本文を入力して、テスト顧客に対してメールを送信します。
    重要:一括送信時に送信先の顧客IDが1件のみになっているか、本当のお客様に誤送信していないかを十分に確認してください。
  4. メール送信先のGmailへPCのブラウザでアクセスします。3. で送信したテストメールを開き、メール件名の右端の「:」→「メッセージのソースを表示」へ遷移します。
    gmail_1.png
  5. 遷移先の画面で「SPF」「DKIM」の値を確認します。(PASS の場合は既に設定済です)
    gmail_2.png
  6. 遷移先の画面で「DMARC」が表示されているかを確認します。
    DMARCが表示されていない場合は未設定です。

また、DMARC の設定状況は nslookup(dig)テスト【DNSサーバ接続確認】 (外部サイト)で以下の情報で検索することにより確認可能です。

check_dmarc.png
ホスト名(FQDN)には「 _dmarc.メールのドメイン」( ※例:_dmarc.example.com)を入力します。

DMARC が設定済みの場合、以下のような結果が返ってきます。
(未設定の場合は、ANSWER SECTION が含まれません)

;; ANSWER SECTION:
_dmarc.example.com. 3600 IN TXT "v=DMARC1; p=quarantine; rua=mailto:foo-bar@example.jp, mailto:report_dmarc_rua@example.com"

メール送信サーバーのDKIM対応状況の確認

「設定 > メール/通知 > メールアドレスの設定」のSMTP設定の「送信サーバー名」で ecforceからメール送信する際に利用している送信サーバーを確認できます。
DKIMに対応していないメール送信サーバーやプランをお使いの場合は、1月中にDKIMに対応しているメール送信サービスへお切り替えください。

送信サーバー名 DKIM対応 備考
mail●.ec-force.net なし DKIM対応の予定はございません。
smtp.sendgrid.net あり 導入時にDKIM / SPF設定済み です。
その他のサーバー 導入可否(可能な場合の時期)や詳細はご利用のサーバー事業者さまにお問い合わせください。

ご利用のプランによって設定可否や設定値の確認・設定方法が異なる場合があります。詳細は各事業者さまへお問い合わせください。

SPF設定の実施

SPFが未設定の場合、SPF設定は「設定する内容を確認」した後、DNSへ規定のレコードを設置する必要があります。

    確認先
設定する値 送信に利用するメールサーバーに関する値 送信サーバーの事業者さま
設定する場所 DNSサーバー(TXTレコード) DNSサーバー設定依頼先

ecforceで利用している送信サーバーは「設定 > メール/通知 > メールアドレスの設定」のSMTP設定の「送信サーバー名」で確認ができます。
SPF設定する値は、送信に利用しているメールサーバーが複数ある場合は、まとめて記載します。

example.com. IN TXT "v=spf1 +a:111.111.111.111 +a:mail.example.com include:_spf.foobar.com ~all"

具体的な設定値はお使いの送信サーバーごとに異なります。複数のメール配信サービス等をご利用の場合は、それぞれの事業者さまに設定値をお問い合わせください。
また、SPF設定時はDNS参照回数に制限があります(10回以下)。参照回数が既定値以上の場合、正常にSPFが動作しないことがあるため、既定値に収まるよう不要な記述を削除するなどの対応を実施してください。

ecforceでDNS管理を実施している場合、設定値をお伝えいただきましたら現在設定済みのSPFレコードがあれば追加登録を実施しますが、参照回数が10回を超えた場合の不要値の確認・削除指示はショップ様にてご実施いただきます。

参考:SPFチェックツール (外部サービス)
https://www.skysnag.com/ja/spf-checker/
https://dmarcian.com/spf-survey/

DKIM設定の実施

DKIMはお使いの送信メールサーバーの事業者さまに、DNSに設定する値をご確認いただいたうえで、DNSに規定のレコードを追加します。(DNSサーバー設定依頼先

設定例

s1._domainkey.example.com. IN TXT "v=DKIM1; k=rsa; t=y, p=XXXXXXXXXXXX"

設定レコードの内容は必ず送信メールサーバーの事業者様の指定を受けてください。

DMARC設定の実施

SPF・DKIM の設定が完了したら、 現在のDKIM・SPF・DMARC 設定状況の確認に沿って、Gmail でDKIM・SPF の設定状況を確認します。

設定が反映されない場合

DNSの設定情報が反映し、Gmailで設定が確認できるまで時間がかかる場合があります。

nslookup(dig)テスト【DNSサーバ接続確認】(外部サイト)で DKIM, SPF 用に登録したTXTレコードの反映が確認できる場合は、しばらくお待ちください。確認できない場合は以下について確認をしてください。

・DNS設定時に保存ボタンを押しているか
・「システムメール送信元」のドメイン( @ の右側)に対して正しく設定できているか。


すべてSPF・DKIMともに passであることが確認できたら、DMARC の設定をします。

DMARCは「受信メールサーバー側で送信元サーバに関する認証(SPF・DKIM)に失敗したときに、そのメールをどのように取り扱うか」のポリシーを送信元ドメイン側で規定するものです。
DMARCポリシーに従うかどうかは受信側に一任されますが、Gmailは2024年2月より「DMARCポリシーに従い(従来どおり)、かつ送信元にDMARCポリシーを設定することを求める」ようになります。

DMARCポリシーは「送信元ドメイン」が規定するものです。
ecforce でDNS管理を実施している場合、ご依頼いただければ設定いたします。
設定内容については必ずショップ様よりご指示ください。(一任されても対応いたしかねます)

DMARCレコード設定例

_dmarc.example.com. IN TXT "v=DMARC1; p=none; rua=mailto:report@example.com"
  • メールドメイン example.com の DMARCレコードは _dmarc.example.com の TXTレコードとして設置します。
  • p=xxx の部分に、SPF/DKIM認証に失敗したときのポリシーを記載します(none: 何もしない / quarantine: 隔離する / reject: 受信拒否する) ※none が従来の DMARCポリシーを設定していないときの動作と同じとなります
  • rua=xxx に集約レポート(受信側が受け取ったメールの認証結果を集計したレポート。通常24時間に1回、受信側がその期間中に受け取ったメールについて集計します)の送信先を設定します。設定は任意ですが、設定する場合は実在するメールアドレスである必要があります。

DMARCレコードの設定が完了したら、 現在のDKIM・SPF・DMARC 設定状況の確認に沿って、Gmail でDKIM・SPF・DMARC の設定状況を確認します。
すべてSPF・DKIM・DMARCともに passであることが確認できたら、一連の設定は終了です。

Postmaster Tools利用について(推奨)

Postmaster Tools(外部サイト)は、指定のドメインから送ったメールがGmailシステムで迷惑メールと判定される割合を確認するツールです。Gmailでは、2024年2月より迷惑メール率を 0.1%未満に維持する(迷惑メール率が決して0.3%以上にならないようにする) ことを求めています。

以下の手順で設定します。

  1. Postmaster Tools よりログインし、システムメール送信元のメールアドレスのドメイン(@ より右の部分)を登録します。
    postmaster_tools_1.png
  2. 所有権の確認画面が出ますので、Postmaseter tools の所有権確認画面で追加を指定された値を、DNSのTXTレコードを登録します。
    postmaster_tools2.png

TXTレコードの登録は、DNSサーバでおこないます。
DNS設定依頼先の確認で確認した依頼先に、レコード設置を依頼してください。

マーケティング目的のメールにはメール本文に登録解除のリンクを入れる

通常の購入完了メールなどは対象外ですが、ステップメールやecforce maなどでのメール送信については本文に登録解除のリンクを挿入することを求められます。

ステップメールの登録解除リンク :  【ステップメール管理】購読解除
ワンクリック登録解除の実装:メールヘッダーに購読解除の記述を行い、マーケティングメールの購読を解除する方法(ワンクリック購読解除)
ecforce ma: メールやLINEのメッセージ内に購読停止のリンクを設置する方法を教えてください。

また、購入完了メールなどの事務連絡メールにマーケティング目的と取られる内容のメッセージを混在させないようにご注意ください。

ecforce へのDNS設定依頼についてのお願い

ecforceではDNS設定はご依頼をいただいてから通常3営業日以内で設置対応しています。
参考:【重要】一部のショップ様で問い合わせメールが届かない件について

ecforce起因のトラブルでない限りは至急・当日中・明日中などといったご依頼は受けかねますので、余裕を持ったスケジュールでご依頼いただきますようお願いいたします。

また、CRMツールやメール送受信システムのマニュアルをサポートにご送付いただき「マニュアルを確認して設定してほしい」というご要望も受けかねます。
設定が必要な値はショップ様にてご確認いただき、ご依頼の際は必ず以下の情報を添えてお問い合わせフォームよりご依頼ください。

レコード名:
レコード種別:
値:

またショップ様にてDNS管理を実施している場合は、ショップ様のDNS管理者さまへ設定をご依頼ください。

参考リンク

DNSレコードの設定依頼について
ドメイン/IPアドレス サーチ 【whois情報検索】(外部サイト)
迷惑メール対策推進協議会(外部サイト / PDF)
無料SPFチェッカー|SPFレコード検索ツール - Skysnag(外部サイト)
SPF Surveyor - dmarcian(外部サイト)
DNS Checker - DNS Check Propagation Tool(外部サイト)

 

この記事の目次

このセクションの記事

お知らせ