ソケット通信管理

ソケット通信機能

管理画面にメニューが表示されていない場合、アプリ管理よりインストールが必要です。

ソケット通信機能

ユーザが広告をクリックして、広告主のページに遷移する際に、広告を識別する情報をパラメータとして渡し、ユーザが広告主ページの成果地点となるページ(購入完了画面)に辿り着いた時に、該当のパラメータを返却することでコンバージョンとなります。

ソケット通信機能.png

この仕組みはecforce管理画内の以下設定により利用可能となります。

ソケット通信とは

コンバージョン通知(成果通知)方法のひとつです。

広告会社・ASPによっては ITP(Intelligent Tracking Prevention)対応方式などの別の名称で呼称される場合もあります。

従来は「サーバからクライアント(購入者のブラウザ)に渡されたHTML上に出力されたタグ(img・ JavaScript)をブラウザが呼び出すことで通知を実施」していましたが、本機能を用いたCV通知は、購入者のブラウザを介さず、ecforceのサーバより直接広告配信システムに対して成果通知通信を実施します。

ソケット通信方式の成果通知は、従来のCookieに依存する追跡とは異なりITPの影響は受けませんが、利用にあたっては広告配信側・カート(ecforce)側の双方の仕様が合致している必要があります。

従来のタグ方式、ソケット通信方式の違い、ITPなどの詳細は広告配信システム様へお問い合わせください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

この記事の目次

このセクションの記事

ソケット通信管理