税金

税金の設定

税金の設定でできること

税金の設定では、課税に関する設定を行えます。

税金の設定画面

税金の設定画面は「設定 > 税金 > 税金の設定」で表示されます。

__________2021-08-20_16.33.27.png

税金の設定画面における各項目

ショップ全体の税率として、以下項目を確認・編集できます。

消費税の端数計算 消費税の端数計算方法を設定します。
「切り上げ」「四捨五入」「切り捨て」から選択可能です。
ポイント適用箇所 ポイント割引を適用するタイミングを設定します。
課税前 課税前の商品小計より割引します。 商品小計=小計-割引(ポイント以外)
課税後 課税後の商品合計より割引します。 商品合計=小計-割引(ポイント以外)+ラッピング代金+手数料+送料+消費税
割引減算ロジック 商品を複数購入した場合の割引適用先を設定します。
高い税率から減算 購入した商品のうち、税率が高い商品小計から割引します。
低い税率から減算 購入した商品のうち、税率が低い商品小計から割引します。
按分 購入した商品のうち、全税率商品の小計から割引します。
※本設定の変更は受注完了後には適用されません(再計算を行った場合も適用されません)。
詳しくは「割引減算ロジック」をご確認ください。
調整金額の適用箇所 「受注管理 > (定期)受注管理 > 該当(定期)受注」の「タブ:受注商品管理」画面の「調整金額」を適用するタイミングを設定します。
課税前 課税前の商品小計に適用します。
課税後 課税後の商品合計に適用します。

各項目の補足事項

割引減算ロジック

ポイントを除く割引(会員ランク・商品個数割引・クーポン)は課税前に適用されます。
「割引減算ロジック」の設定により、割引が適用された場合の課税金額が変更します。

「高い税率から減算」に設定した場合

商品A:税率8%、2,000円(税抜)
商品B:税率10%、1,000円(税抜)
クーポン:2,000円割引

 

商品A(税率8%、2,000円)-{商品B(税率10%、1,000円)- クーポン(2,000円割引)}= 1,000円(税率8%)
1,000円(税率8%)× 1.08 = 1,080円(合計金額、税込)

「低い税率から減算」に設定した場合

商品A:税率8%、1,000円(税抜)
商品B:税率10%、2,000円(税抜)
クーポン:50%割引

 

{商品A(税率8%、1,000円)+ 商品B(税率10%、2,000円)}× クーポン(50%円割引)= 1,500円(割引額)
商品B -{商品A - 割引額(1,500円割引)}= 1,500円(税率10%)
1,500円(税率10%)× 1.10 = 1,650円(合計金額、税込)

「按分」に設定した場合

商品A:税率8%、2,000円(税抜)
商品B:税率10%、1,000円(税抜)
クーポン:2,000円割引

 

クーポン(2,000円割引)× 商品A(税率8%、2,000円)÷{商品A + 商品B(税率10%、1,000円)}= 1,333円(商品Aに対する割引額)
クーポン - 商品Aに対する割引額(1,333円)= 667円(商品Bに対する割引額)
{商品A - 商品Aに対する割引額(1,333円)}× 1.08 +{商品B - 商品Bに対する割引額(667円)}× 1.10 = 1,086円(合計金額、税込)

 

割引減算ロジックが適用されないケース

クーポンの設定が割引率かつ「対象商品に適用する」の場合、割引減算ロジックにて選択したロジックは適用されません。 

割引率かつ「対象商品に適用する」クーポンを使用し、「割引減算ロジック」が「高い税率から減算」の場合

商品A:税率8%、1,000円(税抜)
商品B:税率10%、2,000円(税抜)
クーポン:50%割引

 

商品A(税率8%、1,000円)× クーポン(50%割引)= 500円(割引額)
商品B(税率10%、2,000円)× クーポン(50%割引)= 1,000円(割引額)
500円(税率8%)× 0.08 = 540円(税込)
1,000円(税率10%)× 1.10 = 1,100円(税込)
540円+1,100円 = 1,640円

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

この記事の目次

このセクションの記事

税金