トラブルシューティング

出力したCSVファイルをエクセルで開いたときに値が変わってしまう

Excelの自動変換機能

通常、CSVファイルはExcelと関連づけられているため、CSVファイルをダブルクリックすると自動的にExcelが起動してCSVファイルの中身を確認できます。

しかし、CSVファイルをExcelで開いたときに、以下のようなExcelの自動変換機能により、元のデータと値が変わってしまうことがあります。

<データが変わってしまう例>
  • 最初の0が消えてしまう(「0001」→「1」)
  • 括弧付き( )の数がマイナス表示になってしまう(「(1)」→「-1」)
  • 住所の丁目・番・号が日付に書き換えられてしまう(「1-2-3」→「2001/2/3」) など

CSVをExcelで開く際にExcelの自動変換を防ぐ方法は以下のとおりです。

ecforceでの対処方法

ecforceでは、ご利用環境に応じた文字コードを選択してCSVを出力できます。
※本対処方法は、ecforceからダウンロードするCSVファイルが「Shift-JIS」であることを前提とします。

CSVを出力する場合の文字コード選択方法については以下をご確認ください。

Excelでの対処方法

CSVファイルをダブルクリックで開いた際に、そのファイルが文字化けを起こしていた場合は、一度ファイルを閉じて再度別の方法で開き直す必要があります。

以下画像による説明は、ExcelのバージョンによってUIが異なる場合があります。ご了承ください。
※画面は Office 365です。他のバージョンでは[データの取得]を選ぶ場合もあります。

データの取り出しを行う

Excelのデータタブの「テキストファイル(テキストからデータを取得)」をクリックします。

開きたいCSVファイルを選択し、「データの取り出し」をクリックします。

カンマ区切りデータとして取り込む

「区切り記号付き(コンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ)」を選択し、「次へ」をクリックします。
※元ファイルは「Japanese(Windows, DOS)」を選択してください。

区切り文字として「カンマ」を選択し、「次へ」をクリックします。
※「タブ」はチェック入力したままでも通常問題ありません。

列のデータ形式に「文字列」を指定

変換されたくない列の表示形式に「文字列」を指定し「完了」を押します。

データを取り込む「セル」を選択

データを取り込みたいセルを選択し「OK」をクリックします。

CSVデータをそのままの内容で取り込めます。

CSVの出力項目に関する詳細は「CSV管理」を参照ください。

この記事の目次

このセクションの記事

トラブルシューティング