よくある質問

取消(キャンセル)した定期受注を再作成する方法

定期受注X回目で取消処理を行った注文も顧客の要望などを受けて、定期受注を再作成することができます。再作成を行う際は、定期受注の情報を元の定期回数(X回目)に戻す処理が必要になります。

本記事では、以下事例に基づいた操作手順をご紹介します。

<事例>
定期受注4回目の受け取り前に受注をキャンセルしたが、顧客の要望により再度子受注(4回目)を作成する

取消された受注を確認

「受注管理 > 受注管理」画面にて取消処理された定期子受注(4回目)を確認します。
※取消処理後の受注の対応状況は「キャンセル」、決済状況は「取消完了」です。
※取消処理は同画面の「決済状況一括変更」にて実行します。

操作手順

  1. 「受注管理 > 定期受注管理」画面にて該当定期受注の「操作:編集」をクリックします。
  2. 「タブ:受注商品管理」をクリックし、赤枠が「X+1回目」となっていることを確認します。
    ※「X」は定期受注が取消処理された定期回です。本事例では「定期4回目」でキャンセルされているので赤枠内は「5(4+1回目)」と表記されています。
    __________2021-06-03_14.58.23.png
  3. 次回の定期受注を「4」と入力し「再計算する」をクリックします。
    __________2021-06-03_14.57.26.png
  4. 定期受注管理の「タブ:基本設定」にて「次回配送予定日」を変更し、保存します。 
    __________2021-06-03_15.07.08.png
  5. 「タブ:受注一覧・作成」にてX回目(本事例では4回目)の受注が取り消されていることを確認の上「手動作成」をクリックして「受注種別:定期受注(5)」の受注を生成します。
    __________2021-06-03_15.42.54.png
    <注意事項>
    • 受注種別は受注作成回数が表示されます(削除分は含まず)。
      ※本事例で受注は5回作成されているため「定期受注(5)」と表示されますが、内1件はキャンセルのため、定期回は「4回目」になります。
    • キャンセルした受注を削除すると「定期受注(5) → 定期回数(4)」に変更されます。
  6. 定期受注のステータスが「無効」になっている場合は「有効」に変更ください。
    定期受注のステータス変更は定期受注管理の「タブ:基本設定」にて設定可能です。

この記事の目次 2

このセクションの記事

よくある質問