スタートガイド

ecforce管理画面の発行に向けた各種対応

ecforceの管理画面発行をするにあたり、ショップでのご対応が必要な事項は以下のとおりです。

  1. ドメインの取得
  2. ecforce契約ドメインでサイト利用している場合
  3. [www.]ありなしドメイン間でのリダイレクト設定について
  4. クレジットカード決済代行会社の選定
  5. 取得したドメインにおけるDNSサーバの指定

ドメインの取得

ecforceのシステム構築するドメイン名を決定し、ドメイン登録事業者(レジストラ)でドメインの取得をいただきます。

ドメインとは、インターネットにおける「住所」を指すIPアドレスを、分かりやすく文字列にしたものです。ドメインはサイトURLの一部に含まれ、サイトがどこにあるかを判別する識別情報として利用されます。
SUPER STUDIOの場合、コーポレートサイトURL「https://super-studio.jp」のうち、「super-studio.jp」がドメインに該当いたします。

ドメインを取得するには?

  1. ドメイン名を決定します。
    一般的にひと目で見て分かりやすい文字列や、企業・商品を連想させるドメイン名などが利用されます。
  2. 希望したドメイン名が取得可能であるかを確認します。
    希望したドメイン名の取得可否は、ドメイン登録事業者(レジストラ)のサイトなどで検索可能です。
    ※希望ドメイン名がすでに利用されている際は、ドメイン名の検討が必要です。
  3. ドメインのお申込み手続きを行います。ドメインのお申込みは、ドメイン登録事業者(レジストラ)で受け付けています。
    なお、ドメイン登録事業者によって、取得費用やサーバの同時契約可否などサービス内容が異なります。そのため、お手続き内容やサービス内容などの詳細は、各ドメイン登録事業者までお問い合わせください。

注意

  • 現在他サイトで使用しているドメインに対し、サブディレクトリでecforceを運用することはできかねます。
    ※ ecforceで使用するドメインのサブディレクトリで他サイトを運用することもできかねます。 
  • ecforce契約ドメインで[www.]での設定を希望される場合、ecforceの仕様では[www.あり]または[www.なし]のどちらかのみでのサーバー設定となります。
    例)[www.なし]で構築を行った場合、ecforceは[www.なし]のドメインのみで反映します
  • 属性型JPドメイン(co.jp/or.jpなど)は、原則1組織1ドメインとなります。ショップ様の既存サイトですでに属性型JPドメイン(co.jp/or.jpなど)を利用してる場合、新たにecforce構築用に取得するドメインは属性型JPドメイン以外のドメインで取得ください。

ecforce契約ドメインでサイト利用している場合

ecforce契約ドメインを他社カートやコーポレートサイト等で利用している場合、当社で管理している[ec-force.net]のサブドメイン(examplecom.ec-force.net)で発行を行い、販売開始までの準備を進行いただきます。
※以降、上記[ec-force.net]のサブドメインを仮ドメインと記載します
切替の準備ができ次第、仮ドメインでの反映から契約ドメイン(example.com)へ切替をおこないます。

●仮ドメイン発行時の販売開始までのecforce管理画面ドメインの流れ●

スクリーンショット 2024-03-28 17.23.20.png

●仮ドメインでecforce管理画面を発行して進行するかの確認項目●

スクリーンショット 2024-03-28 17.24.33.png

[www.]ありなしドメイン間でのリダイレクト設定について

現在の他社カートやサイトで「www.example.com」のように[www.]での設定がある場合、ecforceの仕様では[www.あり]または[www.なし]のどちらかのみでのサーバー設定となります。
[www.]ありなしドメイン間でのリダイレクトをご希望の場合は、リダイレクト設定が必要になります。

スクリーンショット 2024-03-28 17.25.53.png
※ショップ様での対応ができない場合は弊社対応となり、別途作業費用が発生いたします。

構築ドメイン 希望反映 対応者 費用発生有無
「www.example.com」 「example.com」から「www.example.com」へ ショップ様
「www.example.com」 「example.com」から「www.example.com」へ 弊社 ◯ ※弊社にてDNSを管理している場合のみ可
「example.com」 「www.example.com」から「example.com」へ ショップ様 ✕ 
「example.com」 「www.example.com」から「example.com」へ 弊社 ◯ ※弊社にてDNSを管理している場合

クレジットカード決済代行会社の選定

ご利用になるクレジットカード決済代行会社を選定いただきます(後払いをご利用になる場合は、後払い決済代行会社もあわせて選定ください)。

ecforceのシステム構築前に、ご利用になるクレジットカード決済代行会社を選定いただく必要があります。ecforceのご契約とあわせて決済代行会社をご選定ください。

_______2211.png

クレジットカード決済代行会社を選定するには?

決済代行会社により、料率や審査期間の目安、お申込みフローなどが異なります。ショップで比較検討されたうえでご選定ください。
また、オフィス形態などにより、利用いただけない決済代行会社があります。決済代行会社の選定にお困りの場合は、弊社営業担当にてご相談を承りますので、お気兼ねなくお問い合わせください。 

取得したドメインにおけるDNSサーバの指定

ショップ様で取得いただいたドメインでecforceへのアクセスを可能とするため、ecforceの構築作業中にドメインやサーバの管理画面で各設定値を指定いただきます。

DNSサーバの指定作業とは?

ドメイン形態により、対応いただく内容が異なります。

DNSをSUPER STUDIOで管理する場合

ecforce契約ドメインをルートドメインとする場合、DNSは必ずSUPER STUDIO管理となります。
ルートドメインとサブドメインの違いについて

  1. [弊社]ecforce管理画面の構築作業を開始します。
  2. [弊社]貴社ドメイン用に4つの異なるネームサーバを割り当てます。
  3. [弊社]貴社ご担当者様へ、4つのネームサーバの値を案内します。
  4. [貴社]ドメイン取得先の管理画面より、ネームサーバの値を既存値から案内する4つの値へご変更ください。
  5. [弊社]上記ご変更内容を確認後、SSL証明書を発行して引き続きecforce管理画面の構築作業を進行します。

DNSをショップで管理する場合

ecforce契約ドメインはサブドメインに限ります。
ルートドメインとサブドメインの違いについて

  1. [弊社]ecforce管理画面の構築作業を開始します。
  2. [弊社]貴社ご担当者様へ、CNAMEレコードの値を案内します。
  3. [貴社]DNSサーバの管理画面より、弊社より案内したCNAMEレコードをご登録ください。
  4. [弊社]上記ご登録内容を確認後、SSL証明書を発行します。
  5. [弊社]貴社ご担当者様へ、はじめに弊社より案内した値とは異なるCNAMEレコードの値を案内します。
  6. [貴社]DNSサーバの管理画面より、CNAMEレコードをご設定ください。
  7. [弊社]上記ご変更内容を確認後、引き続きecforce管理画面の構築作業を進行します。

注意事項

ルートドメインをご利用になる場合、かならずDNSはSUPER STUDIO管理となります。

DNSサーバの設定などに関する詳細は、ご利用になるドメイン登録事業者やサーバ事業者までお問い合わせください。

ルートドメインとサブドメインの違い

ルートドメインとは、ドメイン取得した文字列のことを指します。

(例)super-studio.jp
(例)ec-force.com

サブドメインとは、ルートドメインを複数分割するために、任意で設定されたドメインを指します。
サブドメインは、ルートドメイン文字列の直前に、ドット(.)区切りで文字列が挿入されていることが特徴です。

(例)support.ec-force.com
(例)theme.ec-force.com

ひとつのドメインを複数のサブドメインで区切ることにより、異なる用途やサービスごとのサイトをそれぞれ構築することが可能です。

(例)ec-force.com → ecforceのブランドサイト

(例)support.ec-force.com → ecforceのFAQサイト

この記事の目次

このセクションの記事

スタートガイド