外部連携アカウント

O-PLUXとの連携

管理画面にメニューが表示されていない場合、アプリ管理よりインストールが必要です。

不正注文検知サービス「O-PLUX」と連携することで、連携後からecforceの注文に対して、O-PLUX独自のデータサイエンス技術をもとに不正注文を検知することができます。

Caution!!

O-PLUXとの連携をご利用の際は、ショップ様にて「O-PLUX」のご契約が必要です。
O-PLUXのご契約に関する詳細は、提供元のかっこ株式会社様にお問い合わせください。

O-PLUX連携に必要な設定箇所

O-PLUX連携を開始するためには、ecforce管理画面の以下2箇所で設定を行います。

  • 設定 > 外部連携アカウント管理」の「O-PLUX」画面
  • 「設定 > 支払い方法管理 > 支払い方法管理」画面

上記2画面での設定後からecforceとO-PLUXの連携が可能になり、自動審査が開始されます。

1. 外部連携アカウント管理「O-PLUX」で認証情報の設定を行います。

ecforce管理画面の「設定 > 外部連携アカウント管理」の「O-PLUX」画面で、O-PLUXとの連携情報を登録します。

O-PLUX 認証情報

加盟店ID 連携に使用する加盟店IDを設定します。
接続元ID 連携に使用する接続元IDを設定します。
シークレットキー 連携に使用するシークレットキーを設定します。
審査モデルID 連携に使用する審査モデルIDを設定します。
O-PLUXを使用する O-PLUXのON・OFFを設定します。
既存顧客でもO-PLUX審査を行う 会員登録済の顧客で2回目以降の購入時に O-PLUXによる自動審査を行うかを設定します。
※同一不正会員からの連続注文を審査したい場合はONにしてください。
ON 会員登録済の顧客で2回目以降の購入時にO-PLUXによる自動審査が行われます。
OFF 会員登録済の顧客で2回目以降の購入時にO-PLUXによる自動審査は行われません。
初回注文時のみO-PLUXによる自動審査が行われます。
自動審査結果[HOLD]の時の挙動 注文時に自動審査結果が「HOLD」になった場合の挙動を設定します。
URLへリダイレクトする 受注は作成せず、「HOLDの時のリダイレクトURL」で設定したURLにリダイレクトさせます。
受注を作成する 自動審査結果が「HOLD」の場合でも受注を作成します。
「マーケティング管理 > 広告管理 > 広告 URL 管理 > 該当広告 URL」の「タブ:基本設定」画面で「サンクスオファー」を「有効」に設定している(かつ選択した支払い方法が「サンクスオファー即時決済:無効」である)場合、本項目を「URLへリダイレクトする」に設定してもリダイレクトされず強制的に受注が作成されます。 
HOLDの時のリダイレクトURL 「自動審査結果[HOLD]の時の挙動:URLへリダイレクトする」に設定している場合に表示されます。
自動審査結果が「HOLD」の場合にリダイレクトさせるURLを設定します。
自動審査結果[REVIEW]の時の挙動 注文時に自動審査結果が「REVIEW」になった場合の挙動を設定します。
URLへリダイレクトする 受注は作成せず、「REVIEWの時のリダイレクトURL」で設定したURLにリダイレクトさせます。
受注を作成する 自動審査結果が「REVIEW」の場合でも受注を作成します。
「マーケティング管理 > 広告管理 > 広告 URL 管理 > 該当広告 URL」の「タブ:基本設定」画面で「サンクスオファー」を「有効」に設定している(かつ選択した支払い方法が「サンクスオファー即時決済:無効」である)場合、本項目を「URLへリダイレクトする」に設定してもリダイレクトされず強制的に受注が作成されます。 
REVIEWの時のリダイレクトURL 「自動審査結果[REVIEW]の時の挙動:URLへリダイレクトする」に設定している場合に表示されます。
自動審査結果が「REVIEW」の場合にリダイレクトさせるURLを設定します。
自動審査結果[NG]の時の挙動 注文時に自動審査結果が「NG」になった場合の挙動を設定します。
URLへリダイレクトする 受注は作成せず、「NGの時のリダイレクトURL」で設定したURLにリダイレクトさせます。
受注を作成する 自動審査結果が「NG」の場合でも受注を作成します。
「マーケティング管理 > 広告管理 > 広告 URL 管理 > 該当広告 URL」の「タブ:基本設定」画面で「サンクスオファー」を「有効」に設定している(かつ選択した支払い方法が「サンクスオファー即時決済:無効」である)場合、本項目を「URLへリダイレクトする」に設定してもリダイレクトされず強制的に受注が作成されます。 
NGの時のリダイレクトURL 「自動審査結果[NG]の時の挙動:URLへリダイレクトする」に設定している場合に表示されます。
自動審査結果が「NG」の場合にリダイレクトさせるURLを設定します。

2. 支払い方法管理でO-PLUXの自動審査を利用する支払い方法を設定します。

ecforce管理画面の「設定 > 支払い方法 > 支払い方法管理」で、O-PLUXの自動審査を利用する支払い方法を設定します。

支払い方法管理

O-PLUXの利用 支払い方法毎にO-PLUXの有効・無効を指定します。
LP、ショップ購入時にO-PLUXの与信審査を行うか選択できます。

__________2021-12-06_11.08.50.png

ecforce管理画面で審査結果を確認する方法

「受注管理 > 受注管理」画面で対象受注を検索し「操作:詳細」をクリックします。
スクリーンショット 2021-12-17 14.26.31.png

検索条件:O-PLUX 与信結果

O-PLUXの与信結果を確認する場合は「検索条件:O-PLUX 与信結果」を利用可能です。
※「O-PLUX 判定理由」は検索条件として表示されません。

スクリーンショット 2021-12-17 14.19.09.png

  1. 「タブ:基本設定」の「O-PLUX 与信結果」と「O-PLUX 判定理由」で自動審査結果を確認可能です。
    受注管理O-PLUX_REVIEW(判定理由あり).png

O-PLUX管理画面で審査結果を確認する方法

  1. O-PLUX管理画面の「イベント一覧」から、対象受注の「加盟店管理ID」を指定して検索します。
    ※「加盟店管理ID」はecforce管理画面上の「受注番号」です。
    O-PLUX管理画面キャプチャ (1).png
  2. 検索結果一覧の画像赤枠「自動審査結果」から自動審査結果の確認が可能です。
    スクリーンショット 2022-08-23 15.44.44.png

Caution!!

ecforceの受注には審査結果が表示されているが、該当の受注番号に合致する審査結果がO-PLUX管理画面にない場合

サンクスオファーが有効かつサンクスオファー商品の購入を試みた場合、最初の決済時(通常オファー)にO-PLUX審査を行うので、サンクスオファーの決済時には再審査は行わない仕様です。
ecforceの仕様上、決済を行う度に受注番号が発番されるので、結果的にecforce上に作成された受注番号を指定してO-PLUXで検索しても、ヒットしないことがあります。

この場合は、「受注管理 詳細 決済履歴」で受注番号が2つ以上記載されていないかをご確認いただき、異なる受注番号を指定してO-PLUXで検索を実施ください。

O-PLUX連携時の注意事項

  • O-PLUXの自動審査は、O-PLUXとの連携後にecforceで注文を受けたすべての顧客に対して行います。
  • 会員登録済みの顧客に対しては、O-PLUX連携後「既存顧客でもO-PLUX審査を行う」の設定に応じて、LPまたはショップでの購入時に自動審査が行われます。
    ただし、以下は「既存顧客でもO-PLUX審査を行う:ON」の場合でも審査対象外です。
    • 既存定期受注からの受注作成(自動・手動)
    • 「受注管理 > 受注作成」やCSV登録による受注作成
  • O-PLUX管理画面で、審査状態が「HOLD」や「REVIEW」の注文を「OK」もしくは「NG」に変更しても、ecforce上の「O-PLUX 与信結果」の値は変更されません。
  • O-PLUXの簡易版のツールとして「不正利用チェッカー」も連携可能です。
    詳しくはこちらをご確認ください。

この記事の目次

このセクションの記事

外部連携アカウント