機能活用の例

フリーページ作成方法

フリーページの作成

広告用のランディングページや特別商品の訴求用ページ、またはショップサイトのトップページなどとして活用するべく、広告URL(LP)またはショップページ内にフリーページを作成することができます。

フリーページはショップの運用にあわせて必要に応じて作成ください。

広告URL(LP)として作成

広告URLとしてフリーページを作成する場合は、購入フォーム(__PAYMENT_FORM__)を非表示にしたLPテンプレート(=フリーページ)を作成する必要があります。

「マーケティング管理 > LP管理 > LPテンプレート管理 > 新規登録」画面にて「LPテンプレートタイプ:LP」を選択します。
__________2021-07-01_17.10.19.png

「ボディー編集」に記載されている「__PAYMENT_FORM__」を削除し、保存します。
__________2021-07-01_17.11.00.png

「__PAYMENT_FORM__」を削除し、購入フォームが表示されないLP画面を設定することで、サイトトップページのように設定ページを利用できます。

LPテンプレートはLiquidというテンプレートエンジンを採用しています。
使用できる変数はecforceの各画面によって異なります。以下参照ください。

<注意事項>
「広告 URL 管理」画面で購入フォーム(__PAYMENT_FORM__)を削除したLPテンプレートを広告URLに紐づける場合でも、該当の広告URLに「販売商品」の設定が必須です。
__________2021-07-01_17.16.28.png

ショップページとして作成

ショップページ(https://ドメイン/shop)内にフリーページとして任意のページを作成することが可能です。
ショップページとして作成した場合、作成した(フリー)ページはショップページ配下に作成されるため、ショップページ内共通のヘッダーやフッターなどが表示されます。

「ショップ管理 > ページ管理 > 新規作成」画面より、任意のページを作成できます。

__________2021-07-01_17.20.37.png

必要に応じてファイルアップロードより画像を登録の上、ページ内の本文に設定ください。

※以下、限定商品の訴求ページとして作成したフリーページ例

この記事の目次 2

このセクションの記事

機能活用の例