ソケット通信管理

ソケット通信機能 資料

ソケット通信シーケンス図

利用可能パラメータ一覧

ソケット通信管理ではLiquid変数は利用できません

LPテンプレート・メールテンプレート等で利用可能な変数・変数名(Liquid変数)とは異なります。

通知したい値 変数 実際に返される値(例) 備考
入力パラメータ {設定した入力パラメータ名} 広告配信システムから渡された値  
カスタムURLパラメータ {設定したカスタムURLパラメータ名} 広告URL管理で設定した値 LPでの通知のみ利用可能
現在時刻 {now} 2020-08-07 17:28:18 +0900  
受注ID {order_id} 355105 数字のみ
受注番号 {order_number} 22499af545 半角英数字(記号なし 10桁)
決済方法 {payment_name} クレジットカード一括 設定 > 支払い方法 > 支払い方法管理 で設定した名称
顧客ID {customer_id} 86775 数字のみ
顧客番号 {customer_number} cf604fe720 半角英数字(記号なし 10桁)
売上合計(税抜) {subtotal_price} 7960 商品価格の合計(税抜)
売上合計(税、配送料等込み) {total_price} 8756 受注の請求金額
広告URL {lp_url} url *LPでの通知のみ利用可能
購入時の広告URL

受注商品情報の呼び出しについて

  • 1受注には複数の商品が含まれるため、呼び出し方法は以下の記述例を参照ください。
  • 0円商品や同梱物(購入確認画面非表示)も出力対象に含まれます。
  • SKU ID / SKU コード は「商品管理 > 編集 > SKU 管理 」に記載されている値です。(マスターSKUではありません)
通知したい値 変数 実際に返される値 (例)
受注商品ID [product_id] 996
商品名 [product_name] 商品名
SKU ID [variant_id] 1005
SKUコード (*) [sku] SKU-123-345
商品単価 [price] 3980
商品個数 [quantity] 2
商品総額 [subtotal_price] 7960

SKUコード(*)について

ASPのシステムで受付できない文字列を含んだSKUコードを商品に設定している場合は、[sku]の代わりに [variant_id] をご利用ください。 利用可能文字列はASP様にお問いあわせください。

受注商品記述方法

{for:パラメータルール:対象項目名:値:区切り文字}

  • パラメータルール
    • one_value   =「一つのパラメータに複数の値を指定する」例)item_name=商品名A|商品名B
    • multi_value  =「値ごとにパラメータを分ける」例)item_name=商品名A&item_name=商品名B
  • 対象項目名: order_items  =受注商品 ※固定
  • :上記変数  例:[sku]
  • 区切り文字
    • one_value のときは値を区切る文字   例)item_name=商品名A|商品名B  の場合は「|」
    • multi_value のときはパラメータ名   例)例)item_name=商品名A&item_name=商品名B の場合は「item_name」

受注商品情報設定例

期待値 パラメータルール 記述方法
item=商品名A,商品A ID| 商品名B, 商B ID one_value item={for:one_value:order_items:[product_name],[product_id]:|}
item=SKUコードA,商品A 総額&item=SKUコードB&商品B 総額 multi_value {for:multi_value:order_items:[sku],[subtotal_price]:item}
item=商品A ID,単価A,個数A:商品B ID,単価B,個数B one_value item={for:one_value:order_items:[product_id],[price],[quantity]::}
item=商品A ID,単価A,個数A&item=商品B ID,単価B,個数B multi_value {for:multi_value:order_items:[product_id],[price],[quantity]:item}

この記事の目次

このセクションの記事

ソケット通信管理