Q&A

従量課金の対象になる受注を教えてください。

従量課金対象受注の変更のお知らせ

23年7月分(8月ご請求書送付分)より従量課金の対象受注が変更となります。
ecforceでは現在、受注作成CSVインポート機能およびAPIでの受注登録において、
受注日:当月以外の受注を作成できる状態となっておりますが、
該当の受注がecforce従量課金の対象から外れてしまう事象が発生しております。
例)3/1に2/28分の受注を受注CSVインポートにて作成した場合、従量課金の対象外となっております。

上記を修正する対応を、7月分のご請求から実施いたします。

23年7月分より、受注作成CSVインポート または API(Migration) で受注データを登録されているショップ様のみ
検索条件で「受注の作成日:該当月」で検索される受注データを含めて従量課金対象となります。
※ 毎月1日の00:00に受注件数を確定するため、これ以降に削除した受注データは従量課金対象に含まれます。

従量課金の対象受注

従量課金の対象は、受注日 または 受注の作成日 が当月の受注です。
対象の受注は「受注管理 > 受注管理」画面で検索条件を指定いただくことで確認できます。

以下条件2つの合計値が課金対象となります。

受注経路が受注作成CSVインポート ・API(Migration)・移行以外の受注

例えば、23年7月分の従量課金は、以下条件の受注が従量課金対象になります。

    削除:含まない
    受注日:7/1 00:00 ~ 7/31 24:00
 受注経路(以外):受注作成CSVインポート/API(Migration)/移行
               +
 削除:含む
    受注日:7/1 00:00 ~ 7/31 24:00
 削除日:8/1 00:00以降
 受注経路(以外):受注作成CSVインポート/API(Migration)/移行

翌月になった時点でシステムが自動計算しているため、月末の24:00までに削除することで従量課金の対象から外れます。

受注経路が受注作成CSVインポート ・API(Migration)・移行の受注

受注作成CSVインポートをご利用でないショップ様はこちらの対象ではございません。
※ API(Migration) と 移行は移行プランでご契約いただいた一部のショップ様のみで発生します

例えば、23年7月分の従量課金は、以下条件の受注が従量課金対象になります。

 削除:含まない
    受注の作成日:7/1 00:00 ~ 7/31 24:00
 受注経路:受注作成CSVインポート/API(Migration)/移行
               +
 削除:含む
    受注の作成日:7/1 00:00 ~ 7/31 24:00
 削除日:8/1 00:00以降
 受注経路:受注作成CSVインポート/API(Migration)/移行

翌月になった時点でシステムが自動計算しているため、月末の24:00までに削除することで従量課金の対象から外れます。

従量課金の対象外受注

受注を削除した場合は、従量課金の対象外となります。
従量課金の対象外としたい場合、受注管理画面の「決済状況一括変更」で取消処理をした後に必ず受注の削除まで必要となります。
なお、従量課金の対象に再オーソリ処理の回数は影響を与えません。

受注の削除方法

受注管理画面の「決済状況一括変更」で取消処理を実行のうえ、該当受注の「タブ:基本設定」画面で受注を削除します。

Caution!!

  • 受注の削除は一括処理できません。1件ずつ削除ください。
  • 受注の削除は該当受注の決済状況が「取消完了」の場合に実施可能です。

また、「受注管理 > 定期受注管理 > 該当定期受注」の「タブ:基本設定」画面で
「ステータス」を「停止」または「キャンセル」に変更することで、定期2回目以降の自動受注作成を止めることが可能です。
※ 定期受注のステータスが「有効」の場合は、定期受注の配送サイクルに従い、定期2回目以降の受注が自動作成されます。

Caution!!

決済取消処理後に決済状況が「取消完了」にならない受注の場合
決済状況が「売上完了」「与信審査完了」「仮売上完了」ではなかった受注は
決済状況一括変更で強制取消処理を行ってください。
また、対象受注の「タブ:決済履歴」画面で「取引キャンセル失敗」などのエラー理由が表記された際は「決済状況の各ステータス」をご確認ください。

この記事の目次

このセクションの記事

Q&A