外部連携アカウント

Re:lation(リレーション)との連携

管理画面にメニューが表示されていない場合、アプリ管理よりインストールが必要です。

Re:lation

メール共有管理ツール「Re:lation(リレーション)」との連携により、ecforeの顧客管理画面で顧客ごとに一覧でメール履歴を確認できます。
※Re:lationで受信したメールをecforceに表示させる、及びecoforce上で配信したメールをRe:lation上に反映させることはできません。

ご利用の際は、別途「Re:lation」のご契約が必要です

「Re:lation」との連携方法

「設定 > 外部連携アカウント管理」の「Re:lation」画面で、Re:lationとの連携情報を登録します。

サブドメイン Re:lation契約時に登録したサブドメインを設定します。
※xxx.relationapp.jp の「xxx」の部分を設定
メッセージボックスID Re:lation契約時に登録したメッセージボックスIDを設定します。
※本項目にはメッセージボックスIDを1つ登録できます。
有効・無効 Re:lationとの連携の有効・無効を設定します。
有効の場合、顧客管理画面でRe:lationのタイムラインのリンクが表示されます(対象顧客のメール履歴を一覧で確認可能です)。
※「Re:lation」ご利用時は「有効」を選択します。

__________2021-08-31_17.17.36.png

顧客の検索

「顧客管理 > 顧客管理」画面で、対象顧客を検索して「操作:編集」をクリックします。

__________2021-08-31_17.23.15.png

顧客管理画面の「タブ:Re:lation」

「タブ:Re:lation」をクリックします。
※「「Re:lation」との連携方法」で 「有効・無効」を「有効」に設定した場合に「タブ:Re:lation」が「顧客管理 > 顧客管理 > 該当顧客」画面のタブに表示されます(下図赤枠部参照)。
__________2021-08-31_17.30.31.png

Re:lationへログイン

顧客管理画面で「タブ:Re:lation」をクリックすると、Re:lationへのログイン画面が表示されます。
メールアドレスとパスワードを入力後の上「ログインする」をクリックします。
※一度ログインすると、以降ログイン画面は表示されない場合があります。

メール確認

該当顧客とのメール履歴を一覧で表示します。

※Re:lation 画面の使い方は、弊社サポート対象外です。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

この記事の目次

このセクションの記事

外部連携アカウント