トラブルシューティング

商品の複数購入時や手数料・送料などが発生した際に消費税の端数計算で誤差が生じてしまう

ecforceでは消費税の端数計算に関して、商品価格・手数料・送料などをすべてを税抜で登録し、注文確認画面で商品(複数個計)・支払い方法(手数料)・配送業者(送料)・各種割引(クーポン・ポイントなど)などの金額がすべて確定したうえで、課税を行うことを想定しています。

したがって、通常税込みで販売している商品を税抜き価格に割り戻してecforceに登録した場合、複数個の商品が購入された場合や別途手数料、送料などが発生した場合は、最終端数計算の結果に数円の誤差が生じる場合があります。

上記状況は現在の税制上において、ecforceに限らず、日常生活でも起こりうる内容であり、かつ避けがたい状況です。

上記考慮のうえ、ショップでは必要に応じて、カート画面や商品詳細画面、または注意喚起文などで、税抜金額総計により消費税の再計算が行われる旨、および注文内容確認画面で税込金額総計を確認いただく旨の注意喚起を実施することをご検討ください。

関連記事

この記事の目次

このセクションの記事

トラブルシューティング