外部連携アカウント

Facebook Conversion API

Facebook Conversion APIを利用することで、対象の広告URLにアクセスしたときに「PageView」、購入を行ったときに「Purchase」のFacebook Conversion APIが送信されます。ご利用の際はFacebookのページをご参照いただき、ecforce の設定を行ってください。

Facebook 参照ページ(Facebook へのログインが必要となります。)

ビジネスヘルプセンター コンバージョンAPIについて
APIの使用

Caution!!

ユーザーがオプトアウト設定をしている場合、データ共有が制限されることで、Facebookにて受け取る情報が少なくなるため、CV数が乖離する可能性があります。詳細はFacebookのページをご参照ください。

Facebook広告レポートとサードパーティレポートツールとの間で見られるコンバージョン数の不一致について
Meta広告マネージャ、広告レポート、イベントマネージャでのイベント数の違い


また、efo側にてサンクスオファー対応シナリオをご利用の場合、コンバージョンAPIの「アクセス(Pageview)」イベントのみ送信され、「購入」イベントは送信されません。

Facebook の設定

Facebook の設定は、Facebookビジネスマネージャを使用します。
ビジネスマネージャアカウント作成はこちらから行ってください。
ビジネスマネージャアカウント作成に関する詳細は「ビジネスヘルプセンター ビジネスマネージャのアカウントを登録する」をご参照ください。

FacebookではPixelの作成とアクセストークンの生成を行います。

Pixelの作成方法
  1. Facebookビジネスマネージャにログインする
  2. サイドバー「その他のツール」から「イベントマネージャ」を選択する
  3. 「データソースをリンク」をクリック後、「ウェブ」を選択し、「リンクする」をクリックする
    faq____________.png
  4. 「Facebookピクセル」を選択し、「リンクする」をクリックする
  5. 「ピクセル名」にピクセルの名前を追加する
アクセストークンの取得方法
  1. Facebookビジネスマネージャにログインする
  2. サイドバー「その他のツール」から「イベントマネージャ」を選択する
  3. 対象のピクセルの「設定」タブを選択する
    faq______.png
  4. 「コンバージョンAPI」項目の「手動で設定」にある「アクセストークンを生成」をクリックする
    faq____________.png

ecforce の設定

ecforceにおいて以下の設定を行います。

管理画面にメニューが表示されていない場合、アプリ管理よりインストールが必要です。

外部連携アカウント管理の設定

外部連携アカウント管理の[FB CV API]タブに設定を行います。
Facebookで作成したピクセルごとに名称を付けることで、複数のピクセルを管理することができます。

※外部連携アカウント管理で表示されていない場合は、アプリ管理よりインストールを行ってください。
外部連携アカウント管理の設定_01.png

外部連携アカウント管理の設定_02.png

Facebook Conversion API 「新規作成」を選択することで新たにFacebook Conversion APIを作成できます。
設定済みのFacebook Conversion API名を選択することで設定内容の確認および編集ができます。
Facebook Conversion API名 Facebook Conversion APIの名称を設定します。
同一の名称は設定できません。
FB API バージョン v10.0 または v11.0を指定できます。
(デフォルト:v11.0)
Pixel ID Facebookビジネスマネージャにて作成したPixel ID(数字15桁)を設定します。
アクセストークン Facebookビジネスマネージャにて生成したアクセストークンを設定します。
広告URLアクセス時の送信パラメータ 広告URLアクセス時にFacebook Conversion APIに送信する内容を記述できます。liquid変数を用いて、ecforceの受注情報から任意の値を送信することも可能です。使用可能な変数については、「使用できる変数一覧」よりご確認ください。
受注確定時の送信パラメータ 受注確定時にFacebook Conversion APIに送信する内容を記述できます。liquid変数を用いて、ecforceの受注情報から任意の値を送信することも可能です。使用可能な変数については、「使用できる変数一覧」よりご確認ください。

広告URL管理の設定

外部連携アカウント管理の[FB CV API]タブで設定したFacebook Conversion API名が表示されます。
広告URLごとに異なるFacebook Conversion APIを選択できます。

広告URL管理の設定.png

 広告URL管理の編集、および新規作成画面にて[Facebook Conversion API] の[Facebook Conversion API名]から任意の設定を選択し、保存します。
保存できた場合は、「Facebook CV API 認証情報を保存しました。」と表示されます。
※[Facebook Conversion API] の[Facebook Conversion API名]はピクセルで作成された数が表示され、選択したものだけ設定されるものではありません。

無効 当該広告URLで「アクセス」または「購入」が行われても、Facebook Conversion APIは送信されません。
※デフォルト設定
設定済みの
Facebook Conversion API名
当該広告URLで「アクセス」または「購入」が行われた際、外部連携アカウント管理の設定にしたがって、Facebook Conversion APIが送信されます。

Facebook での確認方法

[Facebook Conversion API] を設定した広告URLで「アクセス」または「購入」が発生したとき、
Facebookビジネスマネージャにて各イベント(アクセス(PageView)、購入)の確認ができます。
「購入」が発生した場合、送信されたパラメータ(外部連携アカウント管理の[FB CV API]タブにある「受注確定時の送信パラメータ」で設定したcustom_data)の確認ができます。

イベントの確認方法(「購入」の場合)
    1. Facebookビジネスマネージャにログインする
    2. サイドバー「その他のツール」から「イベントマネージャ」を選択する
    3. 対象のピクセルの「概要」タブを選択する
    4. 「購入」イベントを選択し、「詳細を見る」をクリックする
      faq______.png
    5. イベントパラメーターに表示される「○件のパラメーター」にマウスオーバーする
      faq________.png

この記事の目次

このセクションの記事

外部連携アカウント