その他

[オプション]定期商品をセット商品に変更できるバッチ処理

定期商品をセット商品に変更できるバッチ処理とは

定期商品をセット商品に変更できるバッチ処理は、LPで購入された定期商品をセット商品に入れ替えるecforceのオプション機能です。(ショップページから購入された定期商品にも適用可能です。)
この処理を実施することにより、購入者は定期2回目の商品受け取り前に、マイページより次回商品をショップ側で指定したセット販売商品の中から入れ替えることができます。

Caution!!

今回のオプションに関連する「セット販売機能」はオプション機能となります。
本機能をご利用いただく際は、別途「セット販売機能」の契約が併せて必要となりますため、弊社カスタマーサポートまでお問い合わせください。
オプション申し込みはこちら

セット販売機能に関する詳細は下記のFAQページをご確認ください。
[オプション]セット販売管理
[オプション]セット販売管理 設定
[オプション]セット販売管理 購入
[オプション]セット販売管理 購入後の受注

定期商品をセット商品に変更できるバッチ処理で期待できる効果

定期商品をセット商品に変更できるバッチ処理を導入することで下記の効果が期待できます。

CVR向上が見込め、アドコード単位の集計が可能になる

広告URL(決済フォーム一体型)での販売が可能になるため、確認画面スキップやサンクスオファー機能が併用利用可能になり、カゴ落ち防止、CVRや単価向上を見込めます。

販売バリエーションが増える

初回の定期商品だけではなく、他の種類の商品に対しても認知・興味を持ってもらうことができるため、定期継続の施策としても有効です。
また、通常、ショップページでのみでしか利用ができないセット販売機能ですが、定期商品をセット商品に変更できるバッチ処理を導入することで、定期商品のLP購入をきっかけとした他商品を含めたセット販売への訴求ができるため、販売の打ち手が増えます。

主な導入事例

本バッチ処理は下記の2ショップにてご利用いただいております。

  1. 株式会社バルクオム様 MY CHOICE
  2. ゴーフード株式会社様

料金

月額:10,000円(税別)

実装までの期間

15営業日

仕様

処理が実行される時間

土日・祝日を含む、毎日午前6

対象となる定期受注の検索条件

  • 定期の作成日:7日前〜今日
  • 定期回数:1
  • 定期受注ラベル:「初回コード入れ替え済み」と「初回コード入れ替え失敗」のどちらも持たない
  • 商品ラベル:「セット商品へ切り替え」を持つ

処理内容

検索条件に合致した定期受注について、以下のロジックで受注商品(次回)と個数を入れ替える。
商品ラベル「セット商品へ切り替え」を持つ受注商品を対象とし以下の商品・個数変換を行う。

  • セット商品本体のSKUコードに「_set」の文字列を含むことを確認
    • 含まない場合はエラー処理(後述)へ
  • 商品のSKUコードに「_set」の文字列を含む場合、_set より前の文字列を抜き出し、同じSKUコードの商品が存在することを確認
    • foo_bar_set_hoge の場合は foo_bar を探す
    • 存在しない場合はエラー処理(後述)へ
  • セット商品へ切り替え・個数変換を行う
    • 入れ替え後のセット商品本体の商品のSKUコード:元の商品コードから _set* を除いたもの
  • 対象の定期>受注商品管理 に紐づく同梱物をセット内容として入れ替える
    • 同梱物から選べる商品として変更するため個数も同じ数にする。
例)定期詳細設定にて定期2回目の同梱物にセット商品を組み込む

__________2022-08-10_19.03.47.png

Caution!!

注意事項
変更前の商品に設定する同梱物と個数は、切り替え後のセット商品の選択可能商品とセット販売個数内にて設定してください。

■正常系の処理

  • 定期受注に「初回コード入れ替え済み」の定期受注ラベルを追加
  • 定期受注の再計算処理を実施

■エラー処理

  • 定期受注に「初回コード入れ替え失敗」の定期受注ラベルを追加

ショップ様にてご用意いただくもの

以下の名称のラベルをあらかじめ作成いただいたうえで、本オプションお申し込み時に弊社へご共有ください。

<定期受注ラベル>

  • 初回コード入れ替え済み
  • 初回コード入れ替え失敗

<商品ラベル>

  • セット商品へ切り替え

この記事の目次

このセクションの記事

その他