お知らせ

プログラムによる大量の不正顧客/カード登録への対策

昨今、不正利用者がマイページからクレジットカード登録を大量に行い、クレジットカードの有効性をチェックするといった決済会社に対する攻撃が見受けられます。
ecforceでは対策として以下2点の対応をどちらも対応していただくことお願いしております。

また、クレジットカード番号の規則性を悪用するプログラムによりクレジットカード番号を割り出すクレジットマスターという手口も急増しています。
以下FAQにクレジットマスターについてのご説明と弊社の取り組み、対策を記載しておりますので、必ずご確認いただきますようお願いいたします。
【重要】クレジットカード登録時の仕様変更のお知らせ

セキュリティコードの導入

クレジットカードの不正利用対策には「セキュリティコードの入力」設定が活用できます。
セキュリティコード(一般的にクレジットカード裏面に印字されている3桁の数字)の入力が必須となりますため、不正カード登録を防ぐことが期待できます。

設定方法

管理画面より
設定を変更する > 外部連携アカウント管理 > ご利用のクレカ決済会社】の
セキュリティコードの入力 > クレカ登録画面表示 をON】としてください。

購入画面表示をONにした場合はLP/ショップの購入画面でセキュリティコードが表示されます。

購入画面でのセキュリティコード表示設定に加えて、クレカ登録画面表示をONに設定することで、マイページでの不正顧客登録・カード登録に対する一定の効果がみられます。
本設定の実施をご検討ください。

__________2022-08-04_18.40.37.png

クレカ登録画面表示を「ON」とした場合、マイページ上では以下の項目が追加されます。

__________2022-08-04_18.38.59.png

reCAPTCHAの導入

不正カード登録を行う前に、SHOPページの会員登録画面より大量に顧客登録がおこなわれるケースがあります。
reCAPTCHA では、ロボットやプログラムによる登録の防止効果があり、間接的に不正カード登録を防ぐことが期待できます。

設定方法

適用されるのは以下の画面になります。
・LP/SHOP購入フォーム 支払い方法がクレジットカードに関する支払い方法の場合のみ
・マイページでのクレジットカード登録時、クレジットカード編集時
・SHOPでの会員登録時

なお、大量に不正顧客が登録されてしまった場合は弊社にて削除対応を承っております。
ご利用の際は問い合わせフォームよりご連絡ください。

この記事の目次

このセクションの記事

お知らせ