スタートガイド

開設準備STEP2 販売ページを作成

ecforce では一般的なオンラインショッピングサイトページ(ショップページ)とフォーム一体型ランディングページ(LP)の2とおりの販売ページの作成が可能です。

ショップページの作成

標準提供の テーマテンプレート(ec_force_basic_theme)を利用することにより、コード編集をせずにショップページのロゴや色といった見た目やテキスト、トップページに配置する項目をカスタマイズすることが可能です。

thumb_goodskin.png

開設準備STEP2 販売ページを作成.gif

ショップページは以下の流れで作成します。

  1. (現在のテーマが空の場合)「テーマを追加」よりテーマを追加します。
    ※現在提供中のテーマは無料の「テーマテンプレート(ec_force_basic_theme)」(カスタマイズ対応)のみです。
  2. ショップの機能設定でカート機能を「有効」にする
  3. テーマ管理の「カスタマイズ」よりショップの基本的な見た目や雰囲気を、独自のブランドに合わせてカスタマイズします。
  4. テーマプレビューで確認
  5. 動作確認実施後、問題なければテーマを適用する

SEO対策のため必要に応じてショップ全体のメタタグ設定(ショップの基本設定の「メタ/OGP情報」)とショップのメタタグ設定を実施します。

テーマテンプレート について

  • テーマカスタマイズ機能のみでカスタマイズしたテーマは、ecforce の機能リリースにあわせて自動更新を実施可能です。(ON/OFFの設定可能)
  • テーマカスタマイズ対象画面は、今後拡充予定です。

コード編集について

カスタマイズ機能で提供されていない箇所の表示の変更や、完全オリジナルデザインを実施したい場合は、コードを編集することも可能です。(要コーディング)

 

ショップ独自でのコーディング・一部を変更したテーマにつきましてはサポート対象外となります。編集により機能が正常動作しなくなった場合の修正対応や、新機能の追加に伴う記述の変更はショップにて実施ください。 最新のテーマ仕様は「ecforce テーマガイド」に記載しており、最新のテーマテンプレート(ec_force_basic_theme)は「テーマを追加」よりいつでも追加可能です。

LPの作成

ecforce ではフォーム一体型ランディングページの作成も可能です。
フォーム一体型ランディングページは以下の流れで作成します。

  1. 広告主を登録
  2. 広告URLグループを登録
  3. LPテンプレート(LP・確認ページ・アップセルページ・サンクスページ)を作成
  4. 広告URL(販売用LPのURL)を作成

広告主・広告URLグループ・広告URLを適切に設定することにより、各セグメントで広告分析が容易に行えます。また、広告URLごとに使用するLPテンプレートを変更することができ、広告URLのコピー作成も可能です。従って、アフィリエイターごとに個別の販売URL(広告URL)を発行し、全ての画面で同じデザインを表示させることも実現可能です。

作成手順は LP(広告URL)作成 を参照ください。

パスワード保護機能について

サイト構築中や一時的にサイト公開を中止するときにはパスワード保護機能を利用します。
パスワード保護機能が有効中(メンテナンスモード)は、管理画面以外のショップページ・LPなどにアクセスされた場合、準備中ページへ遷移します。設定済みのパスワードを準備中画面で入力すると、保護されたページへアクセスし、構築中サイトの動作・表示の確認が可能です。
また、パスワード保護機能有効中でも、テーマのプレビュー表示は可能です。

管理画面トップに「トライアル期間中」と表示されている場合、プレビュー確認は可能ですが、パスワード保護機能を無効化することはできません。(無効化するには契約が必要です)

 

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

この記事の目次

このセクションの記事

スタートガイド