活用のヒント

サンクスオファー有効時に注文完了メールが即時受信できないことによる顧客の二重注文を回避する方法

注文受付メールの設定

「設定 > メール/通知 > メール/通知の設定(購入時の設定)」画面で「サンクスオファー画面遷移時のメール送信:送信する」に設定し、注文受付メールの送信を許可すると、顧客はオファー商品の購入有無に関わらず、メールを即時受信できます(バッチ処理が行われるまでメールの受信を待つ必要はありません)。
_____Z.png

サンクスオファー有効時の決済非同期処理

サンクスオファー有効時は決済が非同期処理にて行われます。
サンクスオファー有効のLPから生まれる受注は、サンクスオファー有効時間経過後、最初の非同期処理実行時に決済処理が走り、生成されます。

注文完了メールは非同期処理の実行に合わせて送信されるため、注文完了メールは注文後最大10分程度送信されない場合があります。
注文完了メールが届かないことから、正常に注文が完了しなかったと誤った判断の上、顧客が再度商品を購入してしまうケースを懸念される場合があります。

上記のようなケースを発生させないためにも「注文受付メールの設定」のとおり、サンクスオファー有効時は注文完了メールの前に注文受付メールを送信を推奨しています。
※注文受付メールの送信は、サンクスオファー有効時にのみ設定可能です。

「サンクスオファー画面遷移時のメール送信:送信する」に設定した場合、該当受注で顧客に送信されるメールは「注文受付メール」と「注文完了メール」の計2通です。

詳しくは以下をご確認ください。

なお、注文受付メール用のメールテンプレートの作成は以下をご確認ください。

この記事の目次

このセクションの記事

活用のヒント