定期受注管理

【定期受注管理】受注商品管理

受注商品管理でできること

定期受注管理の受注商品管理画面では、次回作成される自動受注の商品情報を確認・編集できます。

Caution!!

「受注商品管理」で変更した商品情報を反映させたい場合は、必ず再計算を行ってください。

受注商品管理画面

受注商品管理画面は「受注管理 > 定期受注管理 > 該当定期受注」の「タブ:受注商品管理」をクリックすると表示されます。

__________2021-07-28_12.46.28.png

受注商品管理画面における各項目

定期受注商品の情報として、以下項目を確認・編集できます。

商品コード

受注商品の商品コードです。
※商品コードを押下すると商品管理の「タブ:基本設定」に遷移します。

商品名

受注商品の商品名です。
※商品名を押下すると商品管理の「タブ:基本設定」に遷移します。

SKUコード

受注商品のSKUコードです。
※SKUコードを押下すると商品管理の「タブ:SKU管理」に遷移します。

同梱物 受注商品の同梱物です。
同梱物商品には「◯」が表示されます。
スキップ 「有効」に設定して更新した場合、次回自動生成される受注に対してのみ、該当商品のスキップが適用されます。
次回のみ 「有効」に設定して更新した場合、次回自動生成される受注に対してのみ、該当商品が適用されます。
単価 受注商品の単価(税抜)です。
個数 受注商品の個数です。
小計 受注の小計金額(税抜)です。
調整金額

次回自動生成される受注に適用する調整金額を設定できます。
金額は「+/-値」を入力できます。
たとえば、次回受注を100円マイナスにしたい場合は「-100」と入力します。

「次回のみ:有効」の場合 次回自動生成される受注に対してのみ調整金額が適用されます。
※次々回以降は適用されません。
「次回のみ:無効」の場合 自動生成される受注に対して調整金額が継続的に適用されます。

商品を追加する

画面右上の「商品を追加する」をクリックして「商品追加」画面を表示します。

__________2021-07-28_12.05.25.png
「商品追加」画面では、追加したい商品は以下条件にて検索することができます。

商品名、商品コード、SKUコードについては、「完全一致」「前方一致」「後方一致」「部分一致」のいずれかにて検索可能です。
検索時間は「完全一致」で検索した場合がもっとも早く、「部分一致」で検索した場合がもっとも遅くなります。

  • 商品名 or 商品コード or SKUコード
    ※商品名、商品コード、SKUコードのいずれの検索も可能です。
  • 商品名
  • 商品コード
  • SKUコード
  • 単品・定期
  • 商品カテゴリー

検索結果は「追加商品(表記:商品コード | 商品名 | SKUコード)」欄にプルダウンで表示されます。
追加したい商品を選択し、個数を入力の上「追加する」をクリックします。

「○回目の定期回数を参照する」(※以下画像では、2回目の定期回数を参照する)にチェックを入れて定期商品を「追加する」場合、追加する定期商品の該当回の定期詳細設定情報が反映されます(※同梱物を含む)。

__________2021-07-28_12.12.10.png

スキップ:有効/無効の設定

追加された商品を「スキップ:有効」に設定して更新すると、次回生成される受注のみ対象商品をスキップします。
※商品を追加した際のデフォルト値は「スキップ:無効」です。
__________2021-07-28_12.14.28.png
※「スキップ:有効」とした場合は「次回のみ:有効」の設定はできません。
※同梱物ではない受注商品が1つしかない場合は「スキップ:有効」には設定できません(たとえば、上図の場合は「スキップ:有効」の設定にすることはできません)。

次回のみ:有効/無効の設定

追加された商品を「次回のみ:有効」に設定して更新すると、次回生成される受注のみ対象商品を追加することができます。
※商品を追加した際のデフォルト値は「次回のみ:無効」です。
__________2021-07-28_12.18.23.png
※「次回のみ:有効」とした場合は「スキップ:有効」の設定はできません。
※追加した商品以外の商品を削除し、同梱物でない受注商品が1つしかない場合は「次回のみ:有効」に設定できません(たとえば、上図の場合は「スキップ:有効」の設定にすることはできません)。

単価・個数の更新

商品の単価や個数を変更して情報を更新できます。
※単価は「0円」でも更新可能です。
※登録している商品をすべて削除することはできません(エラーが表示されます)。

__________2021-07-28_12.35.08.png

商品単価は次回定期回の金額が反映されるため、次回以降更新後の金額は引き継がれません。

  次回受注

次々回受注

単価を変更した場合 変更した単価で受注が作成されます。 変更前の単価で受注が作成されます。
個数を変更した場合 変更した個数で受注が作成されます。 変更した個数で受注が作成されます。

[同梱物がある商品を変更した場合(同梱物に○がついている商品)]

  次回受注

次々回受注

単価を変更した場合 変更した単価で受注が作成されます。 変更前の単価で受注が作成されます。
個数を変更した場合 変更した個数で受注が作成されます。 変更前の個数で受注が作成されます。

調整金額

調整金額では、次回生成される受注の金額を調整できます。
下図赤枠部の「更新」をクリックすると、青枠部の金額が「0円」から更新後の金額(下図の場合「7,200円」)が表示されます。
※調整金額は、次回以降も金額が引き継がれます。

__________2021-07-28_12.40.53.png
「次回のみ:有効」に設定の上、更新をクリックした場合は、次回生成される受注にのみ調整金額は反映されます。

また、以下の条件を満たした場合に、次回定期受注作成時の合計金額が変動します。
※合計金額(小計 + 割引 + ラッピング代金 + 送料 + 手数料 + 消費税の合計)

  • 合計金額 - 割引 = 負数 の場合
    「割引が0円」で次回定期受注が作成される
  • 合計金額 - 調整金額 = 負数 の場合
    「調整金額が0円」で次回定期受注が作成される

再計算する

再計算機能では、次回作成される定期受注(子)の商品情報を商品管理の「タブ:定期詳細設定」にて設定している購入回数(定期X回目)の商品情報に変更できます。 

__________2021-07-28_12.49.05.png
「次回の受注を定期X回目として再計算する」を実行すると、設定している定期商品に対して、定期詳細設定X回目として単価・同梱物などを再計算します(上図の場合、定期詳細設定2回目として再計算されます)。

また「定期回数の同期をとる:有効(クリック有)」で再計算を行うと、次回をX回目として定期受注情報の定期回数も更新されます。

[参考]再計算による情報反映例

現在の定期回数が2回目、次回3回目、次々回4回目の受注が生成される定期受注に対する「定期回数の同期」有無の反映例は以下のとおりです。

(例1)「定期回数の同期をとる:有効」かつ「次回の受注を定期X回目として再計算する」のXの値に「5」を入力して再計算を行った場合
  • 次回受注は定期5回目、次々回は定期6(5+1)回目の定期詳細設定の商品情報で受注生成するように設定されます。
  • 定期受注の定期回数も次回5回目、次々回6(5+1)回目になります。
      反映される定期詳細設定の購入回 定期受注の定期回数
    次回受注 5回目 5回目
    回受注 6回目 6回目
(例2)「定期回数の同期をとる:無効(クリック無)」かつ「次回の受注を定期X回目として再計算する」のXの値に「5」を入力して再計算を行った場合
  • 次回受注は定期5回目、次々回は定期4回目の定期詳細設定の商品情報で受注生成するように設定されます。
  • 定期受注の定期回数は再計算による影響を受けません。
      反映される定期詳細設定の購入回 定期受注の定期回数
    次回受注 5回目 3回目
    回受注 4回目 4回目

Caution!!

再計算を行った場合「受注種別」の定期回数は更新されません。
「受注種別」の定期回数を減らして数を合わせたい場合は「受注削除」を行う必要があります。(一度削除した受注は復元できませんので、ご注意ください。)

この記事の目次

このセクションの記事

定期受注管理