管理画面関連

[オプション]再オーソリバッチ機能

本機能はオプション機能となります。 本機能をご利用いただく際は、弊社カスタマーサポートまでお問い合わせください。

>> オプション申し込み

再オーソリバッチ機能とは

再オーソリバッチ機能は、クレジットカード、Amazon Payなどの「仮売上失敗」や後払いの「与信審査エラー」などの受注に対して、再オーソリ処理を自動で行うecforceのオプション機能です。

再オーソリに成功した場合は与信が通った日付から起算して、受注の「発送予定日」「配送予定日」および、定期受注の「次回配送予定日」「次回発送予定日」「ステータス」を自動で変更するバッチ処理を実行します。

本機能は決済会社によりご利用いただけない場合があります。あらかじめご了承ください。

再オーソリバッチ機能で期待される効果

再オーソリバッチ機能を導入することで下記の効果が期待できます。

  • 与信落ち決済の再オーソリバッチ機能による売上の向上
  • 自動化による工数削減・ミス防止

※通常、手動で再オーソリの与信審査通過後に定期受注の変更処理を行わなければいけませんが、それも自動処理によって処理が自動で行われます。

与信落ち決済の再オーソリバッチ機能による売上の向上につきましては、再オーソリ処理を導入いただいている下記2社の例をご参考までにご確認ください。

ケース① ジャンル:健康食品 / サプリメント
対象期間:21年6月1日〜21年9月30日(4ヶ月)

再与信成功による売上額 50,466,000円
(12,616,500円 / 1ヶ月)

[詳細]
単価 6,000円 x 8,411件
再与信成功率 51.6%

[決済手段別の割合]
クレジットカード決済:49.8%
後払い決済:53.4%
再与信対象
(決済状況:与信審査エラー)
16,081

[決済手段別件数]
クレジットカード決済:5,206件
後払い決済:10,875件
再与信完了
(決済状況:売上完了)
8,411が再与信を完了

[決済手段別件数]
クレジットカード決済:2,596件
後払い決済:5,815件

ケース②  ジャンル:美容商材
対象期間:21年11月〜22年2月(4ヶ月)

再与信成功による売上額 6,498,000
(1,624,500円 / 1ヶ月)

[詳細]
単価 6,000円 x 1,083件
再与信成功率 53.2%

[決済手段別の割合]
クレジットカード決済:54.3%
後払い決済:53%

※このショップはクレカの与信落ちを後払い決済に変更することで与信通過率を上げています。
再与信対象
(決済状況:与信審査エラー)
2,035

[決済手段別件数]
クレジットカード決済:309件
後払い決済:1,726件
再与信完了
(決済状況:売上完了)
1,083が再与信を完了

[決済手段別件数]
クレジットカード決済:168件
後払い決済:915件

上記2社の再与信成功率は平均で52.4%を記録。

約50%の確率で与信落ち決済が復活しております。

料金

月額3万円(税別)
※仕様以外の要件を追加、変更する場合は別途ご相談となります。

実装までの期間

10営業日

デフォルト仕様

  • 再オーソリ処理に成功した受注には「再与信完了」という受注ラベルを付与します。
  • 再オーソリ処理に失敗した受注には「再与信対象」という受注ラベルを付与します。
  • 再オーソリを非同期で処理する決済については、「再与信結果待ち」という受注ラベルを付与します。
  • 与信落ちから与信完了状態になった場合、配送サイクルが「日付、間隔、曜日で指定」の定期受注は与信が通過した日から起算し、ショップの「最短発送日の指定」「最短お届け日の指定」の設定に基づいて「次回配送予定日」「次回発送予定日」が再計算されます。
    またそれに伴い、受注の「発送予定日」「配送予定日」についても再計算されます。
  • 管理画面にて手動で再オーソリ処理(決済状況一括変更)をかけた場合は「与信が通過した場合に変更される項目」の対象になりません。
  • 再オーソリ成功時の処理として、 定期受注が「自動受注作成件数 > 残り0回」(規定の受注数が作成された状態)の場合は、ステータス有効化をスキップします。

以下はお申込み時に別途ご連絡ください

  • 再オーソリの対象期間
  • 再オーソリ処理実行日時
  • 対象とする支払い方法
  • 対象とする受注の決済状況、受注ラベル、商品ラベル、定期受注の定期受注ラベル
  • 再オーソリ処理の成功時と失敗時における対応状況、定期ステータスの変更受注ラベル、定期受注ラベルの上書き、追加、削除、送信するメールテンプレート
  • 再オーソリ処理失敗時に定期ステータスを停止またはキャンセルに変更する場合の定期停止理由もしくは定期キャンセル理由の設定

与信が通過した場合に変更される項目

  • 対象受注の発送予定日、配送予定日
  • 対象受注が紐づく定期受注の次回配送予定日、次回発送予定日

※ それ以外の項目についても、上記の緑枠内に記載のある内容は別途ご相談の上、変更可能です。

対象受注の発送予定日と配送予定日

  • 発送予定日の時間帯は与信完了し、最短発送日と休日設定を加味した日付の0時00分に変更します。
  • 受注の発送予定日は、再オーソリが成功した日を起算として「設定 > 配送/送料 > 配送/送料の設定」画面の「最短発送日」で指定した日数を加算した日を設定します。
    ※発送予定日が「設定 > 一般設定 > 休日設定」画面で「発送しない」に設定している日と重なる場合は、重ならない日まで順延されます。
(例)最短発送日の設定を「+1」に設定のうえ、休日設定で土日祝日は「発送しない」と設定している場合
オーソリ成功日 2020年12月18日(金)
発送予定日 2020年12月21日(月)

休日発送に関する設定の詳細は「休日設定」をご確認ください。

  • 「設定 > 配送/送料 > 配送/送料の設定」画面の「最短お届け日の指定」の設定により、配送予定日が決定します。
    ※最短お届け日の設定に関わらず「発送日起点」として計算されます。
  • 本機能は、休日設定で「休日」と設定している期間、または「発送しない」と設定している土日祝日は実行しません。
(例)12月1日~12月14日までは与信が通らず、12月15日の6:00に与信が通った場合

対象受注が紐づく定期受注の次回(配送・発送)予定日と定期ステータス

  • 「設定 > 配送/送料 > 配送/送料の設定」画面の「最短お届け日の指定」の設定により、次回配送予定日が決定します。
  • 「設定 > 配送/送料 > 配送/送料の設定」画面の「最短発送日」の設定により、次回発送予定日が決定します。
  • 次回発送予定日が休日設定の休日、または「発送しない」に設定している日と重なる場合は前倒しします。
(例)12月1日~12月14日までは与信が通らず、12月15日の6:00に与信が通った場合

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

この記事の目次

このセクションの記事

管理画面関連