外部連携アカウント

atone決済

atone決済は、クレジットカード不要で、翌月にまとめてお支払可能な決済サービスです。
atone決済を利用いただく場合は、顧客が事前にatoneの会員登録を行う必要があります。

  • 会員登録(外部サイト:atone_よくある問い合わせ)

Caution!!

  • atone決済を確認画面スキップ機能と併用する場合、atoneのモーダル表示を「入力ページ」に切り替える必要があります。
    モーダル表示の設定が「確認ページ」の場合、購入フォームのお支払い方法に「atone」が表示されません。
  • atone決済はサンクスオファー機能と併用できません。

モーダル表示の切り替えは「設定 > 外部連携アカウント管理」の 「atone」画面の「モーダル表示」で行います(下図赤枠部)。
Dev環境-ecforce (12).png

atone決済の手順

本手順は、顧客がatone会員であることを前提とします

  1. 購入フォームの「お支払い方法」で「atone」を選択し「申し込み内容を確認する」をクリックします。
  2. ご注文確認画面で「ご注文完了へ」をクリックします。
  3. atone決済のモーダルが下図のように表示されるので「ログインして注文する」をクリックします。
  4. atone決済のログイン画面で「携帯電話番号(atone ID)」「atoneのパスワード」を入力して「ログイン」をクリックします。
  5. NPポイント利用の画面が表示されたら「ポイントを使わない」「ポイントを全て使う」「ポイントを一部使う」のいずれかを選択して「ご注文の確認へ」をクリックします。
    ※NPポイントは「1ポイント = 1円」として利用可能です。
    ※通常200円につき1ポイント貯まります。
    ecforceにNPポイント使用後の合計金額は連携されません。NPポイント使用前の金額で受注生成します。
  6. ご注文の確認が表示されたら、内容に間違いがないか確認の上「ご注文を確定する」をクリックし、注文を完了します。
    ※注文完了時にサンクスページが表示されます。

Webhook について

Webhookとは、ユーザーが自由に定義を行える、HTTPリクエスト形式のコールバックのことです。
Webhookを利用すると、注文完了時に送られるオーソリ完了時に通信障害が生じても、定期的にatoneが保持している受注をチェックしてオーソリ完了時の通知をWebhookを介して受け取れます。
※Webhookを実装しない場合でもatone APIの利用は可能です。Webhookを利用することでイベントの通知を受け取れます。

Webhook の導入

  1. エンドポイントとなるURLを加盟店管理システムで登録します。
WebhookのエンドポイントとなるURL命名規則

ecforceドメイン/payments/atone/webhook

決済が正常完了しない場合の原因と対処方法

すでに注文している商品の支払い期限が切れている場合

支払い期限が切れていても、支払いが完了すると新しい注文でatone決済を利用可能です。

入力した住所に誤りがある場合

入力した住所に基づき、後払いの審査が行れます。
正しい住所が入力されているかご確認ください。

atoneの利用上限金額「50,000円」(1ヶ月間(1日〜月末))を超えている場合

別の支払い方法をご利用ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

この記事の目次

このセクションの記事

外部連携アカウント