外部連携アカウント

[オプション]エポスカード即時発行スキーム

エポスカード即時発行スキーム

エポスカード即時発行スキームを利用すると、購入フォームから新規クレジットカードの即時発行の上、エポスカードにて購入を行えます。

Caution!!

エポスカード即時発行スキームの設定画面

エポスカード即時発行スキームの設定では「設定 > 外部連携アカウント管理」の「GMO PG」で、SFTPサーバとエポスカードとの連携情報の登録がそれぞれ必要です。

__________2021-08-27_10.24.43.png

GMO PGの設定画面における各項目

GMO PG 認証情報

エポスカード即時発行スキームをご利用の場合は、SFTPサーバとエポスカードの連携情報(以下赤字部)を設定します。

ショップ ID ショップIDを設定します。
ショップ管理画面にアクセスするために必要なIDです。
ショップパスワード ショップパスワードを設定します。
ショップ管理画面にアクセスするために必要なパスワードです。
サイト ID サイトIDを設定します。
サイト管理画面にアクセスするために必要なIDです。
サイトパスワード サイトパスワードを設定します。
サイト管理画面にアクセスするために必要なパスワードです。
SFTP 接続先 IP アドレス SFTP 接続先 IP アドレスを設定します。
GMO PGのSFTPサーバと接続するために必要なIP アドレスです。
※SFTP 連携オプションのご契約時に発行される「SFTPサーバ設定のお知らせ」をご参照ください。
SFTP ログインID SFTP ログイン IDを設定します。
GMO PGのSFTPサーバと接続するために必要なログイン IDです。
※SFTP 連携オプションのご契約時に発行される「SFTPサーバ設定のお知らせ」をご参照ください。
SFTP パスワード SFTP パスワードを設定します。
GMO PGのSFTPサーバと接続するために必要なパスワードです。
※SFTP 連携オプションのご契約時に発行される「SFTPサーバ設定のお知らせ」をご参照ください。
セキュリティコードの入力 「有効」に設定している場合は、購入フォームでセキュリティーコードの入力を要求します。
エポス連携 エポスカード即時発行スキームの利用有無を設定します。
有効 購入フォームで「お支払い方法:クレジットカード一括」を選択した場合に「エポスカードお申込みバナー(エポスバナー)」が表示されます。
無効 購入フォームで「お支払い方法:クレジットカード一括」を選択してもエポスバナーは表示されません。
※エポスカード連携はショップにて株式会社エポスカードとのご契約後にご利用可能です。
エポス提携店コード エポス提携店コードを設定します。
エポスカードお申込画面にアクセスするために必要なIDです。
バナーURL エポスバナーを設定します。
「ファイル選択」から、作成したバナーを取り込み設定することができます。
バナーを変更した後、「デフォルトバナーに戻す」にチェックし、保存することで、デフォルトバナーに戻すこともできます。

エポスカード発行手順

購入フォームからエポスカードのお申込み手続きを行った場合、エポスカード(仮)は即時発行され、エポスカードのお申込み手続きを行った購入で即時利用できます。

  1. 購入フォームで「お支払い方法:クレジットカード一括」を選択すると、直下にエポスバナーが表示されます。
  2. 表示されたエポスバナーをクリックすると、エポスカードのお申込フォームに遷移します。
  3. エポスカードをお申込後にページ下部に表示される「ご利用のサイトへすすむ」をクリックすると、購入フォームへ戻ります。
  4. 購入フォーム上で再度「お支払い方法:クレジットカード一括」を選択すると、今回の支払いに利用可能な仮カードの情報が表示されます。

仮カード情報の自動更新

洗替結果は原則毎月27日0時に返却されます。
エポスカードのカード審査を通過していた場合、ecforceの顧客情報(クレジットカード情報)を自動更新します。
洗替結果は、ecforce管理画面の「ジョブ管理」または「定期受注管理」から確認可能です。

Caution!!

顧客のカード審査が通過しなかった場合、該当の仮カードで生成された定期受注は、支払い方法の変更、またはクレジットカード情報の変更を行う必要があります。

エポスカード即時発行スキームご利用時の注意事項

  • エポスカード即時発行スキームをご利用になるショップでは、クレジットカード分割払い/リボ払いは利用いただけません。
  • 発行された仮カードは一回目の決済のみ利用可能です。
    ※洗替で正規カードになると継続課金が可能になります。
  • 自動洗替は毎月1度のみ実施されるため、カード更新前に2回目の受注が作成される場合、売上が失敗する場合がございます。

エポスカード即時発行スキームの利用条件

以下条件を満たす場合、エポスカード即時発行スキームの利用が可能です。

  • クレジットカードの決済会社としてGMOペイメントゲートウェイ株式会社(以下、GMO-PG)を利用している
  • 定期商品を販売している
    ※都度販売の商品(通常商品のみ)では、エポスカード即時発行スキームは利用できません。
  • 定期商品の購入サイクルが概ね30日以上ある
    ※エポスカードの洗替結果は原則毎月27日に処理されるため、顧客が継続してエポスカードを利用する場合は、毎月27日の自動洗替処理で正規カードへ切り替わる必要があります。配送サイクルが短い場合、正規カードへ切り替わる前に次回の定期回を迎えてしまい、決済に失敗する可能性があります。
  • GMO-PG社を弊社経由でご利用の場合(店子契約)は、洗替で発生する手数料は無料です。
    GMO-PG社と直接契約の場合は、自動洗替機能のご利用時に別途諸費用が発生する場合があります。ご契約の形態については、事前にecforceカスタマーサポートまでお問い合わせください。
  • エポスカード即時発行スキームを利用いただく場合、GMO-PG社と株式会社エポスカードとの三社契約が必要です。導入にあたり、施策のご調整や各種設定が必要です。
    お申し込み手続きを行う前には、ecforceカスタマーサポートまでお問い合わせください。
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

この記事の目次

このセクションの記事

外部連携アカウント