外部連携アカウント

at scoreとの連携

不正注文検知クラウドサービス「at score」と連携すると、連携後からecforceで注文する顧客に対して、at score独自の与信エンジンをもとに自動審査を行えます。

Caution!!

ご利用の際は、ショップにて「at score」のご契約が必要です。

at score画面における各項目

ecforce管理画面の「設定 > 外部連携アカウント管理」の「at score」画面で、at scoreとの連携情報を登録します。
※設定後からecforceとat scoreの連携が可能になり、自動審査が開始されます。

at score 認証情報

ストアID 連携に使用するストアIDを設定します。
アカウントID 連携に使用するアカウントIDを設定します。
シークレットキー 連携に使用するシークレットキーを設定します。
at scoreを使用する at scoreのON・OFFを設定します。
自動審査結果[HOLD]の時の挙動 注文時に自動審査結果が「HOLD」になった場合の挙動を設定します。
URLへリダイレクトする 受注は作成せず、「HOLDの時のリダイレクトURL」で設定したURLにリダイレクトさせます。
受注を作成する 自動審査結果が「HOLD」の場合でも受注を作成します。
「マーケティング管理 > 広告管理 > 広告 URL 管理 > 該当広告 URL」の「タブ:基本設定」画面で「サンクスオファー」を「有効」に設定している(かつ選択した支払い方法が「サンクスオファー即時決済:無効」である)場合、本項目を「URLへリダイレクトする」に設定してもリダイレクトされず強制的に受注が作成されます。  
HOLDの時のリダイレクトURL 「自動審査結果[HOLD]の時の挙動:URLへリダイレクトする」に設定している場合に表示されます。
自動審査結果が「HOLD」の場合にリダイレクトさせるURLを設定します。
自動審査結果[NG]の時の挙動 注文時に自動審査結果が「NG」になった場合の挙動を設定します。
URLへリダイレクトする 受注は作成せず、「NGの時のリダイレクトURL」で設定したURLにリダイレクトさせます。
受注を作成する 自動審査結果が「NG」の場合でも受注を作成します。
「マーケティング管理 > 広告管理 > 広告 URL 管理 > 該当広告 URL」の「タブ:基本設定」画面で「サンクスオファー」を「有効」に設定している(かつ選択した支払い方法が「サンクスオファー即時決済:無効」である)場合、本項目を「URLへリダイレクトする」に設定してもリダイレクトされず強制的に受注が作成されます。  
NGの時のリダイレクトURL 「自動審査結果[NG]の時の挙動:URLへリダイレクトする」に設定している場合に表示されます。
自動審査結果が「NG」の場合にリダイレクトさせるURLを設定します。

__________2021-09-01_15.06.25.png

ecforce管理画面で審査結果を確認する方法

  1. 「受注管理 > 受注管理」画面で対象受注を検索し「操作:詳細」をクリックします。
    __________2021-09-01_15.33.20.png

    検索条件:at score 与信結果

    at scoreの与信結果を確認する場合は「検索条件:at score 与信結果」を利用可能です。
    __________2021-09-01_15.35.28.png

  2. 「タブ:基本設定」の「at score 与信結果」で自動審査結果を確認可能です。
    __________2021-09-01_15.31.48.png

at score管理画面で審査結果を確認する方法

  1. at score管理画面の画面左部「検索」から対象受注の「注文ID」を指定して検索します。
    ※「注文ID」はecforce管理画面上の「受注番号」です。
  2. 検索結果一覧の画像赤枠「審査状態」から自動審査結果の確認可能です。

at score連携時の注意事項

  • at scoreの自動審査は、at scoreとの連携後にecforceで注文を受けたすべての顧客に対して行います。
  • 会員登録済みの顧客に対しては、at score連携後の初回注文時(購入フォーム:LPまたはショップ)にのみ自動審査が行われます。
    以下は未審査の顧客の場合でも、審査対象外です。
    • 既存定期受注からの受注作成(自動・手動)
  • at score管理画面で、審査状態が「HOLD」の注文を「OK」もしくは「NG」に変更しても、ecforce上の「at score 与信結果」の値は変更されません。
  • at scoreの仕様上、以下の文字列は受け付けることはできません。
    仮に受注に商品名に以下文字列を含む商品が存在する場合、審査条件を満たしていてもエラーが発生し審査されません。
    • 「<」
    • 「>」
    • 「&」
この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

この記事の目次

このセクションの記事

外部連携アカウント