外部連携アカウント

[オプション]Amazon Pay V1 ※新規利用申込み不可

現在、本機能の新規利用はできません。
現在はAmazon Pay v2をご利用いただいております。

[新規受付停止]Amazon Pay V1

Caution!!

Amazon Payをショップでの決済手段として利用する場合、まずはAmazon Payセラーアカウントを登録し、Amazonでの審査を完了した上で、ecforce上に設定を行う必要があります。

※Amazonの審査は通常審査完了までに1週間程度お時間が掛かります。
※アカウントの登録や審査に関する詳細はAmazonへお問い合わせください。
※Amazon Pay導入にあたり、ショップ独自にテスト環境を用意いただく必要はありません。

設定手順:Amazon Pay

1.ログイン

ショップで登録したセラーアカウントでAmazon Pay(フォーム)にログインします。
Eメールアドレスまたは携帯電番号を入力の上、パスワードを入力し「ログイン」をクリックします。

2.画面遷移

「タブ:インテグレーション」にカーソルを合わせて「インテグレーションセントラル」をクリックします。

「インテグレーション概要」画面内下部の「アプリケーションの管理」から「アプリケーションを確認する」をクリックします。

「クライアントID/Store ID設定の管理」画面を開きます。

画面上の「編集する」をクリックします。

「Amazon PayクライアントID/Store ID設定の編集」画面を開きます。

3.ウェブの設定

「Amazon PayクライアントID/Store ID設定の編集」画面上の「ウェブ設定:許可されたJavaScriptオリジン(任意)」と「ウェブの設定:許可されたリターンURL(任意)」に以下情報を入力し「変更を保存する」をクリックします。

許可されたJavaScriptオリジン(任意) https://ドメイン
許可されたリターンURL(任意) https://ドメイン/amazon_callback
https://ドメイン/ap

Caution!!

上図のとおり、設定項目には「(任意)」と記載されていますが、本項目に入力の誤りや抜け漏れがある場合、Amazon Payは正常に利用できません
本項目はすべての値を正しく、漏れがないように入力ください。
※「ドメイン」部分は、ショップのecforceドメインをご入力ください。

4.MWS Access Keyを確認

ecforceに設定を行う「Amazon Payの認証情報」を確認します。
「タブ:インテグレーション」にカーソルを合わせて「MWS Access Key」をクリックします。

以下5つの情報をecforceへ登録します。

  • 概要:出品者ID
  • MWSアカウント情報:アクセスキーID
  • MWSアカウント情報:シークレットアクセスキー
  • Login with Amazonアカウント情報:クライアントID
  • Login with Amazonアカウント情報:クライアントシークレット

※シークレットアクセスキー及びクライアントシークレットの情報は「シークレットを表示」をクリックして情報を表示します。

設定手順:ecforce

1.外部連携アカウント管理

ecforceへログイン後に「設定 > 外部連携アカウント管理」の 「Amazon Pay(v1)」画面で、Amazon Pay認証情報(出品者 ID・クライアント ID・クライアントシークレット・アクセスキー ID・シークレットアクセスキー)を設定します。

__________2021-08-31_15.03.49.png

「保存」をクリックしたら、ecforce上のAmazon Payの連携設定は完了です。
※Amazon Pay側のStore IDの設定は、反映までに1時間ほどかかる場合があります。

おしらせ

ショップの運用にあわせて「フリガナ入力欄の表示」は設定ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

この記事の目次

このセクションの記事

外部連携アカウント