受注/定期受注

停止理由管理

停止理由管理でできること

停止理由管理では、顧客が定期受注を停止する際の停止理由を登録できます。
停止理由を定期受注に紐づけておくことで、解約理由の分析などに活用可能です。

停止理由管理画面

停止理由管理画面は「設定 > 受注/定期受注 > 停止理由管理」で表示されます。

停止理由一覧の確認・編集

登録されている停止理由の一覧を確認・編集できます。

停止理由を新規作成する場合は「新規作成」をクリックします。
登録済みの停止理由を編集する場合は「編集」をクリックします。
停止理由の表示順を変更する場合は「並び順」にてドラッグ&ドロップを行う、もしくは「先頭」「末尾」をクリックします。

並び順について

並び順はマイページ上にのみ反映される仕様です。管理画面内の停止理由は並び順に関わらず、停止理由のID順となります。

__________2021-08-11_10.46.41.png

「定期受注数」は該当の停止理由が、定期受注に紐づいている件数です。
リンクをクリックすると、対象の定期受注一覧を「受注管理 > 定期受注管理」画面にて確認可能です。

注意事項

1.停止理由を新規作成、編集、削除する場合

  • 新規作成する停止理由は、IDが100000からの連番で登録されます。
  • 「ID:1 / マイページからの停止」はシステム側で設定されているため、削除できません。
    ※マイページから定期受注を停止すると、該当受注の停止理由は自動で「マイページからの停止」が紐づきます。
    ※「表記」「理由」の編集は可能です。
  • 削除済みの定期受注に紐づいている停止理由は削除できません。
    該当の停止理由を削除したい場合は、削除済み定期受注の停止理由を異なる停止理由に変更し、紐づきを解除することで該当の停止理由を削除できます。

2.定期受注を再開する場合

  • 定期再開の処理を行うと、該当の定期受注に紐づく停止理由は削除されます。

停止理由管理画面における各項目

停止理由管理に関する設定として、以下項目を確認・編集できます。

表記 管理画面上での表記名を設定します。
理由 停止の詳細な理由を設定します。
親停止理由 親停止理由を設定します。
「マイページからの停止」を設定すると、管理画面内の定期受注管理編集画面から定期ステータスを変更する際、停止理由には表示されなくなります。
削除 停止理由の削除を行います。マイページからの停止に関しては削除できません。

__________2021-08-18_14.17.45.png

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

この記事の目次

このセクションの記事

受注/定期受注