活用のヒント

EFOについて(購入フォームの表示・非表示)

EFO(入力フォーム最適化)は「設定 > 購入/フォーム > LP購入フォーム設定」画面にて設定します。
本記事では、各項目の設定により購入フォームでどのように表示され、顧客にどのような効果をもたらすかについてご紹介します。

※各項目の説明につきましては「LP購入フォーム設定」をご確認ください。

必須項目を含むすべて表示した場合

必須項目を含む全てを表示にした場合とは、以下項目が表示またはONになっている状態です。
ショップが顧客から得られる顧客情報は多い反面、顧客が商品を購入するまでに入力しなくてはいけない項目が多いため、離脱に繋がりやすい傾向があります。

住所1〜3のプレースホルダ住所1〜3のラベル項目は割愛しております(詳細は左記のリンクからご確認ください)。

必須項目を含む最小限で表示した場合

必須項目を含むすべて表示した場合」とは反対に、必須項目を含む最小限の設定で表示した場合です。本設定は、必須項目をメインとした設定方法です。
一見、商品購入へのステップは短く、顧客の入力項目も少ないため、商品の販売に適した購入フォームに見えますが、項目の多くが入力必須項目なため、一項目ごとの入力ハードルが高く、離脱につながりやすい傾向があります。

住所1〜3のプレースホルダ住所1〜3のラベル項目は割愛しております。(詳細は左記のリンクからご確認ください。)

必須項目を含まず最小限で表示した場合

上記の2パターンより簡素化され、必要最低限の項目数を設定したものが以下です。
このように簡素化された購入フォームを設置することで記入しやすい印象を与える事ができ、スムーズに購入ステップを踏むことが可能となります。

住所1〜3のプレースホルダ住所1〜3のラベル項目は割愛しております。(詳細は左記のリンクからご確認ください。)

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

この記事の目次

このセクションの記事

活用のヒント