決済履歴

[Amazon Pay v1]決済履歴(エラーメッセージ)の対処方法

はじめに

本記事では、Amazon Pay v1を利用した受注が「受注管理 > 受注管理 > 該当受注」の「タブ:決済履歴」画面で、以下エラーメッセージを表示した場合の対処方法についてご説明します。

Caution!!

以下エラーメッセージ「Amazon Pay v1」を利用した場合に発生するメッセージです。
「Amazon Pay v2」の場合はエラーメッセージが異なります。

エラー内容:売上請求またはオーソリ Closeの許可されていない状態のオーソリオブジェクトに対して、売上請求またはオーソリのCloseを試みました。

〈原因〉

与信保持期間を過ぎてAmazon Pay利用の受注の実売上を行うと、売上失敗となり、エラーが表示されます。

〈対処方法〉

Amazon Pay v1の与信保持期間は30日間です。
与信保持期間を過ぎて実売上処理を実行した場合は、売上処理(売上請求)が行えず、エラーが発生します。

与信保持期間が過ぎた場合でも顧客がAmazon Payを解約しない限り、再オーソリ(与信)は行えます。
ecforceの「受注管理 > 受注管理」画面で「決済状況一括変更」のモーダルを表示し「再オーソリ処理」を行います。

ただし、顧客がAmazon Payの購入者用画面にて定期購入契約を解除している場合や、Amazon Payに登録しているクレジットカードに問題が生じている場合などは「再オーソリ処理」を実行しても与信が回復しない場合があります。

与信審査が通らない場合は、ショップより顧客宛てに状況の確認を行ってください。
Amazon Payによる再注文やその他の支払い方法による再請求など、状況に応じてご対応ください。

エラー内容:処理が認められていない状態の Billing Agreement オブジェクトで処理を試みました。

〈原因〉

顧客が自身のAmazon Payアカウントで定期購入契約をキャンセルすることにより、オーソリ処理ができなくなります。

※すでに処理中の支払い手続きは変更できません。売上処理のみ実行する場合は処理が成功しますが、次回受注の決済はエラーとなります。
※Amazon Payv1の仕様上、単品注文の場合も定期購入契約(Billing Agreement)は作られます。
また、オーソリ処理は受注情報の変更でも実行されます(自動的にAmazon Pay側に新しい情報での取引登録が行われます)。

〈対処方法〉

  • 定期2回目の子受注の場合

顧客に対して取引状況の確認依頼を行います。
請求が必要な場合はAmazon Payで再度ご注文いただくか、別の支払い方法で請求対応を実施ください。

クレジットカードに変更する場合

使用したいクレジットカード情報をecforceへ登録する必要があります。

ショップのマイページ(https://ドメイン名/shop/customer)画面の「クレジットカード情報変更」をクリックし、クレジットカードを新規登録します。
※「設定 > メール/通知 > メール/通知の設定(マイページの通知設定)」画面で「クレジットカード登録の通知:有効」に設定した場合、会員がクレジットカード情報を登録した際に、システムメール送信元に設定したメールアドレス宛てに通知を送信します。

クレジットカード登録の通知を受け取り次第「受注管理 > 受注管理 > 該当受注」の「タブ:基本設定」画面で「支払方法」のプルダウンを「クレジットカード(一括/分割/リボ)」に設定し、保存します。
「受注管理 > 受注管理」画面で「決済状況一括変更」のモーダルを表示し「再オーソリ処理」を行います。

後払いに変更する場合

支払い方法を後払いに変更の上、再オーソリ処理を行います。

「受注管理 > 受注管理 > 該当受注」の「タブ:基本設定」画面で「支払方法」のプルダウンを「後払い」に設定し、保存します。
「受注管理 > 受注管理」画面で「決済状況一括変更」のモーダルを表示し「再オーソリ処理」を行います。

Amazon Pay以外の支払い方法で定期購入を継続する場合は「受注管理 > 定期受注管理 > 該当定期受注」の「タブ:基本設定」画面で「支払方法」を任意の支払方法へ変更します。

エラー内容:「Billing Agreementを入力してください」と表示され購入フォームに進めない

〈原因〉

顧客がLPまたはショップページでAmazon Payにログイン後、購入手続きまでに3時間以上経過すると発生するエラーです。
または、Amazon Pay v1に同意するウィジェットにチェックができていない場合に発生します。

〈対処方法〉

Amazon Pay v1に同意するウィジェットにチェックができていない場合はチェックを入力のうえ、再購入してください。

また、購入手続きまでに3時間以上経過すると発生するエラーの場合は、Amazon Payサイトに再ログインを行うことでエラーが改善する場合があります。
以下対処方法は顧客自身で操作いただく必要があります。

必要に応じてショップよりご案内ください。

  1. Amazon Payサイトから一度ログアウトの上、再度ログインします。
  2. 再ログイン後、購入手続きを実施ください。
  3. 引き続き購入手続きが行えない場合は、Amazon Payサイトよりログアウトの上、ご利用中のブラウザのキャッシュを削除(キャッシュクリア)します。
    ※ブラウザのキャッシュを削除する方法は、ご利用中のブラウザにより異なります。ご利用中のブラウザのFAQサイトよりご確認ください。
  4. キャッシュ削除後、あらためてAmazon Payサイトへログインし、商品の購入手続きを実施ください。

ブラウザのキャッシュを削除しても改善しない場合

ブラウザの「プライベートブラウズ(シークレットモード)」より、LPまたはショップページにアクセスして再度購入手続きを実施ください。

エラー内容:このリクエストで要求されたBilling Agreement オブジェクトは、指定された期間内で指定された金額を既にオーソリしています。指定された金額以上のオーソリを試みることができません。 

〈原因〉

Amazon Pay v1のBillingAgreementの上限を超えた場合に発生するエラーです。
※1つのBillingAgreementに対して当月の間に100,000円まで取引可能です。

〈対処方法〉

Amazon Pay v1のBillingAgreementの上限は月10万円までです。
本上限枠の10万円は実際に売上請求が成功した合計の金額ではなく、オーソリを試みた金額の合計となります。

たとえば6万円の商品を購入するために一度オーソリを実施したものの取り消しを行い、あらためて同一の商品をオーソリ(再オーソリ)した場合、オーソリを試みた金額の合計は12万円となります。

上記の場合、Amazon Pay v1のBillingAgreementの上限となる10万円を超えてしまうため、該当のエラーが発生します。
上限金額を上げたい場合は、セラーセントラルのサポート問い合わせよりショップにてBillingAgreementの上限変更希望のリクエストを行ってください。

または、翌月にはBillingAgreementの上限金額10万円がリセットされるため、月をまたいで再オーソリ処理をお試しください。

エラー内容:支払い方法に問題があります

〈原因〉

顧客がAmazon Payに登録しているクレジットカード情報に問題が生じている可能性があります。
(例)有効期限切れなど

〈対処方法〉

顧客にてAmazon Payのアカウント上で支払方法を更新いただくか、または別の支払い方法に変更いただく必要があります。

Amazon Payのアカウント上で顧客がクレジットカード情報を変更した場合、ショップでは該当受注の再オーソリ処理を行う必要があります。
ecforceの「受注管理 > 受注管理」画面で「決済状況一括変更」のモーダルを表示し「再オーソリ処理」を行います。

顧客より、Amazon Pay以外の決済方法を希望された場合は、ショップでは該当受注の支払い方法を変更したうえで、再オーソリ処理を行う必要があります。
「受注管理 > 受注管理 > 該当受注」の「タブ:基本設定」画面で「支払方法」を変更します。
支払い方法の変更後「受注管理 > 受注管理」画面で「決済状況一括変更」のモーダルを表示し「再オーソリ処理」を行います。

エラー内容:Amazon Payで決済エラーになりました。カードを変更して再度お試しください。

〈原因〉

顧客がAmazon Payに登録しているクレジットカード情報に問題が生じている可能性があります。
(例)有効期限切れなど

〈対処方法〉

顧客にてAmazon Payのアカウント上で支払方法を更新いただくか、または別の支払い方法に変更いただく必要があります。

Amazon Payのアカウント上で顧客がクレジットカード情報を変更した場合、ショップでは該当受注の再オーソリ処理を行う必要があります。
ecforceの「受注管理 > 受注管理」画面で「決済状況一括変更」のモーダルを表示し「再オーソリ処理」を行います。

顧客より、Amazon Pay以外の決済方法を希望された場合は、ショップでは該当受注の支払い方法を変更したうえで、再オーソリ処理を行う必要があります。
「受注管理 > 受注管理 > 該当受注」の「タブ:基本設定」画面で「支払方法」を変更します。
支払い方法の変更後「受注管理 > 受注管理」画面で「決済状況一括変更」のモーダルを表示し「再オーソリ処理」を行います。

エラー内容:トランザクションが失敗しました。

〈対処方法〉

本エラーはエラーコードにより対処方法が異なるため、エラーが発生した該当の受注コードを弊社カスタマーサポートへお知らせください。

この記事の目次

このセクションの記事

決済履歴