管理画面関連

[まとめ]バッチ処理について

バッチ処理とは

自動化設定とは異なる定期的に行われる処理を自動で行うecforceのオプション機能です。

再オーソリバッチ機能

再オーソリバッチ機能は、クレジットカード、Amazon Payなどの「仮売上失敗」や後払いの「与信審査エラー」などの受注に対して、再オーソリ処理を自動で行うecforceのオプション機能です。
詳しくはこちらをご確認ください。

定期商品入れ替えバッチ処理

定期商品入れ替えバッチ処理は定期受注商品の初回商品から2回目以降の商品を別SKU、また個数を自動で変更することができる、ecforceのオプション機能です。
詳しくはこちらをご確認ください。

お届け時間変更バッチ処理

お届け時間変更バッチ処理は、配送時間指定のない特定の配送業者の配送のみお届け時間を任意の時間に自動で変更することができる、ecforceのオプション機能です。
詳しくはこちらをご確認ください。

支払い方法変更バッチ処理

支払い方法変更バッチ処理はクレジットカード決済もしくは後払い決済で与信落ちしてしまった決済(子受注)を任意(後払いや代引き)の決済に自動で変更を行うことができる、ecforceのオプション機能です。
詳しくはこちらをご確認ください。

[オプション]外部ツールへのCSV連携バッチ処理

外部ツールへのCSV連携バッチ処理はBI/MAツール(例:b→dash)などの外部ツールを利用する際に必要なCSVによるデータ連携を自動で行うことができる、ecforceのオプション機能です。

通常であれば、外部ツールを利用する際、ecforceの管理画面より該当のCSVでデータを出力し、外部ツールのSFTPサーバにCSVを都度インポートして利用しなければいけませんが、そういった手動運用を自動化することができます。
詳しくはこちらをご確認ください。

[オプション]定期商品をセット商品に変更できるバッチ処理

定期商品をセット商品に変更できるバッチ処理は、お客様がLPで購入された定期商品を定期2回目の商品受け取り前に、マイページより購入者自身でショップ側で指定したセット販売商品に入れ替えることができる、ecforceのオプション機能です。
詳しくはこちらをご確認ください。

 

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

この記事の目次

このセクションの記事

管理画面関連