管理画面関連

[オプション]定期2回目にポイントを付与する自動処理バッチ処理

定期2回目にポイントを付与する自動処理バッチ処理とは

受注(定期2回目)の売上完了後に顧客に対して任意のポイントを自動付与することができる自動処理バッチです。
本記事では定期2回目にポイントを付与する例を挙げていますが、ポイントを付与するタイミングの定期回数はショップ様ごとに指定可能です。

期待できる効果

定期2回目受注の売上完了後に顧客に対してポイントが付与されるため、定期2回目での定期解約を抑止しF3転換を促進させます。LTV改善にお役立ていただけます。

ecforceでは商品ごと、定期回数ごとにポイント付与率を変更することが出来ますが、これらは付与率を設定する機能であり、ポイント付与数そのものを設定することが出来ません。
本オプションでは商品ごとにポイント付与数を指定できるため、定期2回目の売上完了時に顧客へ付与したいポイント数をより柔軟に指定することが可能です。

料金

月額:10,000円(税別)

実装までの期間

約15営業日

仕様

処理が実行される時間

土日祝日を含む毎日◯時

対象となる〇〇の検索条件

  • 実売上日:直近7日間
  • 定期回数:◯回目 ※ ご希望の定期回数をご指定いただけます。
  • 決済状況:「売上完了」
  • 対応状況:「発送完了」 ※ 発送完了前にポイントを付与する場合は本要件を削除いただけます。
  • 受注ラベル「定期◯回目ポイント付与済」が付与されていない受注
  • 商品ラベル「_定期◯回目ポイント付与」を含む文字列の商品を持つ受注

処理内容

  • 商品ラベル「_定期◯回目ポイント付与」を含む文字列の頭についている半角数字のポイントを付与
    • 例)商品ラベルが「300_定期2回目ポイント付与」の場合、300ポイントを付与します。
    • ポイント名目: 「特別購入限定ポイント」
    • もしも商品ラベル「_定期2回目ポイント付与」を含む文字列の商品が複数存在している場合は、ポイントの合計を付与します。
  • メールの送信
  • 該当受注に受注ラベル「定期◯回目ポイント付与済」付与

ショップ様にてご用意いただくもの

以下の名称のラベルをあらかじめ作成いただいたうえで、本オプションお申し込み時に弊社へご共有ください。

<受注ラベル>
定期◯回目ポイント付与済

<商品ラベル>
xxx_定期2回目ポイント付与
※xxxには付与するポイント数をご設定ください。
例)
300ポイント付与する場合:「300_定期◯回目ポイント付与」
1000ポイント付与する場合:「1000_定期◯回目ポイント付与」

<メールテンプレート>
ポイント付与完了後に送信するメールテンプレート
メールテンプレートのカテゴリは「受注管理」としてください。

この記事の目次

このセクションの記事

管理画面関連